高濃度ビタミンC点滴に期待できる効果とは【医師監修】

  • /
高濃度ビタミンC点滴

美容や健康への効果が注目を集めている高濃度ビタミンC点滴。経口摂取よりも高濃度で体にビタミンCを入れることで美白やにきび改善などさまざまな効果が期待できるものです。具体的にどういった効果が期待できるのか、どのようなお悩みをおもちの方に向いているのかを解説します。

高濃度ビタミンC点滴に期待できる効果

ビタミンCは美白化粧品にもよく使われていることから、美容によい成分であることはよく知られています。しかし、高濃度ビタミンC点滴の効果はこれだけではありません。美容や健康を意識する方にとって、とても嬉しい効果が多くあります。

メラニン生成の抑制

シミやにきび跡などの原因となるメラニン色素は、チロシンにチロシナーゼという酵素が働くことでできるものです。ビタミンCには、このチロシナーゼの働きを阻害する効果があります。そのため、シミやニキビ跡の改善、予防が可能です。

にきびの改善、毛穴の引き締め

ビタミンCには、過剰な皮脂分泌を抑える働きがあります。にきびは毛穴に詰まった皮脂をエサにアクネ菌が繁殖することでできるものです。ビタミンCにより皮脂分泌を落ち着かせることで、ニキビを改善します。また、皮脂腺の働きを抑えることから毛穴を引き締めることも可能です。

抗酸化作用によってお肌を若々しく保つ

ビタミンCは、抗酸化作用があるビタミンとして知られています。活性酸素は、お肌を老化させたり心血管疾患や生活習慣病などを発症させたりする原因です。抗酸化作用により活性酸素を除去することで、体のダメージを軽減します。

コラーゲンの生成を促進

コラーゲンの生成にはビタミンCが欠かせません。コラーゲンを構成しているアミノ酸を作るために、原料としてビタミンCが必要なのです。ビタミンCが不足するとコラーゲンの生成ができなくなります。コラーゲンは皮ふの弾力を保つだけでなく、血管や腱、軟骨などの構成に必要な成分です。

免疫機能の向上

ビタミンCには、白血球の機能を高める働きがあります。白血球は、細菌やウイルスなどから体を守る働きがある物質です。いくつか種類がある白血球のなかでも、とくにリンパ球を活性化させることで免疫機能を高めます。またビタミンCは、ウイルスの増殖を抑える働きがあるインターフェロンを作り出すのにも必要な成分です。

ストレスの軽減

ストレスを感じると、私たちの体からはアドレナリンというホルモンが分泌されます。アドレナリンは、血圧や血糖値を上げることで体をストレスから守ろうとするホルモンです。このアドレナリンの合成にビタミンCが必要になります。

動脈硬化の予防

動脈硬化とは、血管の弾力性が失われることで詰まりやすくなっている状態です。ビタミンCには、血管が詰まりやすくなる原因の一つであるコレステロールを胆汁酸へ変えて排出する効果があります。また血管の弾力性を保ったり、抗酸化作用によって過酸化脂質の生成を抑えたりすることも特徴です。

高濃度ビタミンC点滴の副作用

高濃度ビタミンC点滴療法を行うにあたり、重大な副作用が起こる可能性はほとんどありません。よく見られる副作用としては次のものがあります。

口の渇き

高濃度ビタミンC点滴には利尿作用があります。お手洗いが近くなるため、口の渇きを感じることがあるでしょう。点滴中は自由に水分補給をしていただいて構いません。

血管の痛み

人によっては血管に痛みを感じることがあります。点滴の速度を調整することで痛みを防げますので、痛みが心配な方、点滴中に痛みが出てしまった方はお気軽にお申し付けください。

低血糖

ビタミンCの化学構造がブドウ糖とよく似ているため、ブドウ糖が体に入ってきたと勘違いし血糖値を下げようとインスリンが分泌されてしまうことがあります。低血糖は、体が誤ってインスリンを分泌することで血糖値が下がり起こるものです。ごくまれにしか起こらない副作用ですが、念のため高濃度ビタミンC点滴療法を行う前に食事をお済ませください。

点滴と経口摂取の違い

ビタミンCといえば、わざわざ点滴を受けなくてもサプリやビタミン剤などを使って摂取することもできます。なぜ点滴療法を行うかというと、点滴のほうが経口摂取よりも多くのビタミンCを体に届けることができるからです。

経口摂取と比べて点滴では、血液中のビタミンC濃度が20~40倍ほどにまで増えます。経口摂取よりも高い血中濃度に到達するため、体のすみずみまでビタミンCがいきわたり効果を発揮しやすくなります。

高濃度ビタミンC点滴が向いている方

高濃度ビタミンC点滴療法が向いているのは、次のようなお悩みがある方です。

  • 美白や美肌を手に入れたい方
  • 老化を防いで若々しく元気でいたい方
  • 疲れやだるさが取れにくい方
  • 免疫力を高めて病気を予防したい方
  • アレルギー症状にお悩みの方
  • 有効な治療方法がなくお悩みの方
  • ウイルス感染症の治療を行いたい方
  • 重度の皮膚疾患がある方

高濃度ビタミンC点滴が向かない方

高濃度ビタミンC点滴は、以下の方には向いていません。

  • 腎臓や心臓の機能が低い方
  • 栄養状態が悪い方
  • 透析を行っている方
  • qG6PD欠損症の方

腎臓や心臓の機能が弱っている方が高濃度ビタミンC点滴を受けると、体内に水分が多くたまることで病状が悪化する可能性があります。また、qG6PD欠損症の方は溶血の危険性があるため受けられません。

高濃度ビタミンC点滴は保険適用外

高濃度ビタミンC点滴療法は、保険の適用外です。そのため健康保険を使って支払料金の負担を減らすことはできません。費用は全額自費となります。

高濃度ビタミンC点滴の料金

施術名トライアル価格
高濃度ビタミンC点滴 <VC25g>11,000円
施術名1回11回
高濃度ビタミンC点滴 <VC25g>13,200円132,000円

※25g追加ごと +6,600円
※価格はすべて税込です。

症状や目的に合わせて医師が適切な点滴量や点滴頻度を判断します。持病がある方でお手元に検査データや内服薬が記されているお薬手帳などがありましたらご持参ください。

まとめ

高濃度ビタミンC点滴には、シミやにきび跡の治療、毛穴の引き締め、免疫機能の向上などさまざまな効果が期待できます。経口で摂取するよりも血中濃度を高く維持できるため、ビタミンCが体のすみずみまで行き渡ることが特徴です。

ヒロクリニック美容皮膚科・美容外科ではプライバシーが守られた個室で、リラックスした状態で点滴を受けることが可能です。マッサージチェアも用意していますので、疲れを取りながら点滴の時間を過ごせます。バリアフリーですので、お体が不自由な方も安心してご利用くださいませ。

また、症状や目的に合わせてプラセンタなども同時に点滴できます。「ほかの点滴も同時に受けたい」などご希望がある方はお気軽にご相談ください。


【参考文献】

記事の監修者

岡 浩子先生

岡 浩子先生

経歴

平成9年: 東邦大学医学部卒業
平成9年: 慶応大学医学部内科学教室入局。 大学病院、総合病院で研鑽をつんだのち、美容皮膚科を習得。
平成20年7月: 開院

所属学会

日本内科学会会員
日本リウマチ内科学会会員
抗加齢美容医療学会会員
点滴療法研究会マスターズ会員

資格

サーマクール認定医
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医

関連記事

  1. レーザートーニング
  2. マッサージピールの画像

ACCESS

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-11-27 Hiro Build 3F

walk JR川口駅 東口より徒歩3分

bus 国際興行バス「川口駅東口」にてご降車下さい。

PAGE TOP