切らない目の下のクマ取り・目の下のたるみ取り

「いつまでも若々しくありたい」という方に向けて目の下のクマ、たるみ、しわ取りの治療を行っています。 皮膚に切開を加えない、身体に負担の少ない施術を当院では行っております。

目の下のふくらみ・クマ・たるみとは?

目の下のふくらみ・クマ・たるみとは、主に加齢により筋肉が衰え、眼球の重みを眼窩脂肪が支えきれず、目の下の皮膚がふくらむ症状のことです。 眼球を支える靭帯が老化現象などによって緩んだ場合と眼窩脂肪が多い場合がその主な原因となります。 目の下にふくらみ・たるみができることで、影が発生し(クマ)目元が暗くみえてしまいます。 クマができると疲れてみえたり、老けてみえたり、暗い印象を与えてしまいがちです。目の下の脂肪取りを行うことで、目の下のふくらみ・クマ・たるみを解消することができます。

イラスト:通常の目元

通常の目元

    
イラスト:ふくらみのある目元

目の下にふくらみのある目元

 

こんな方におすすめ

  • 疲れて見えがちな方
  • 寝不足と見えてしまう方
  • メイクではクマが隠せない方
  • 最近老けて見えてしまうという方

あなたのクマはどのタイプでしょう?

【クマの種類】

  • 赤クマ:血行不良により眼窩脂肪が突出し赤みが生じる事が原因、皮膚を引っ張ると赤みが増すのは赤クマ
  • 茶クマ:日焼けや摩擦などによるくすみや色素沈着などが原因、肌を動かしても色が変わらないのは茶クマ
  • 青クマ:ストレスや眼精疲労などによる血行不良が原因、目の下を引っ張っても色が変化しなければ青クマ
  • 黒クマ:眼窩脂肪、老化などによるたるみなどの影が原因、上を向いたときに影が薄くなったら黒クマ

※切らずに行う目の下のクマ、たるみとりは赤クマ・青クマに効果のある施術となります。

セルフケアで頑張る人がいますが、化粧品などは表面には効果がでるが老化などでたるんでしまった脂肪を元の位置に戻すということは不可能です。 そしてこすり過ぎてしまうと色素沈着などのリスクになります。

目の下の脂肪取り(経結膜脱脂法)

眼窩脂肪を下まぶたの裏から取り除き、目の下のたるみ・ふくらみ・クマを改善する施術となっております。

価格(税込)300,000円
モニター価格(税込)198,000円

〈症例モデル募集〉

モニターご希望の方は、お電話にてご予約をお願いいたします。

〈目の下のクマとり、たるみ取りのポイント〉

  • point1

    目の下の細胞はいくつかに分かれており、どこの脂肪をどの程度取るかによって仕上がりが変わってくるので需要な判断となります。取り過ぎてもへこんでしまうので注意です!

  • point2

    下まぶたの内側から数ミリの穴をあけ脂肪を取り出しますが簡単に行える手術でダウンタイムも少なく通院の必要もありません。

  • point3

    極細針を使用し内出血や痛みをほとんど感じることなく手術できます。

  • point4

    若々しい目元になれます!

  • point5

    傷跡はまぶたの裏ですのでお顔に傷が残りません。

  • point6

    目の下の脂肪を取ることで涙袋がはっきり見えます!

【施術方法】

イラスト:ふくらみのある目元

①施術前

イラスト:下まぶたをめくる

②下まぶたをめくる

イラスト:下まぶたの内側を切開

③下まぶたの内側を切開

イラスト:下まぶたの脂肪を除去

④下まぶたの脂肪を除去

イラスト:術後の目元

⑤終了

〈術後の経過やダウンタイムについて〉

  • ● 術後2~3日をピークに1週間程度むくみの様な腫れがあります。
  • ● 目のゴロゴロ感が数日続きます。
  • ● 当日からメイクや洗顔が可能です。
    (アイメイクは翌日からになります。)
  • ● 傷跡は下まぶたの裏なので顔に傷は残りません。
  • ●内出血が強く出た場合は消えるまでに2週間程度かかることがあります。

料金表

施術名価格
(税込)
モニター価格
(税込)
目の下の脂肪取り
(経結膜脱脂法)
300,000円198,000円

よくある質問

目の下のふくらみが大きい方、目の下の脂肪が原因でクマやたるみができている方に効果的となっております。

腫れや内出血が生じることがあります。
1〜2週間程度で症状は落ち着いてきます。

目の下の脂肪を取り除く事により、目の下のふくらみやクマを解消することができスッキリとした目元になります。
しかし、脂肪を取りすぎてしまうとくぼみやたるみの原因となりますので診察し、適量の脂肪を取り除いていきます。

脂肪細胞自体を取り除きますので、再度脂肪が増えて目の下がふくらむということはほとんどありません。

施術は目を閉じた状態で目の下を引っ張り、下まぶたの裏側から行います。

下まぶたの裏側を切開しますので表面に傷が残ることはほぼありません。

スマホの長時間使用が増えているため、20代、30代で目の疲れによりクマの相談を受けに来る方が増えています。
お気軽にご相談ください。

ACCESS

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-11-27 Hiro Build 3F

walk JR川口駅 東口より徒歩3分

bus 国際興行バス「川口駅東口」にてご降車下さい。

PAGE TOP