消化器内科

火曜日のみ

消化器内科

消化器内科

ヒロクリニックの消化器内科

消化器のイラスト

消化器内科では消化・吸収に携る領域である消化管の診断・治療を診療の中心として行っております。

消化管は大きく食道や胃、十二指腸などの「上部消化管」と、小腸や大腸などの「下部消化管」「肝臓」「膵臓」「胆嚢」などに分けられます。

消化管の病気は、特に進行が早く、診断から治療にはスピードが求められます。
どんなに小さな異常でも感じましたら、まずは当院までご相談ください。早期発見、早期治療に努めてまいります。

消化器の疾患

消化器の疾患は以下のものが挙げられます。

【 食道・胃の病気 】

逆流性食道炎、食道静脈瘤、食道がん、胃ポリープ、胃がん、 胃・十二指腸潰瘍など


【 腸の病気 】

急性腸炎、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、大腸がん、クローン病、憩室出血など


【 胆嚢の疾患 】

胆石・総胆管結石、胆嚢ポリープ、急性胆嚢炎、胆嚢がん、胆管がんなど


【 肝臓の疾患 】

急性肝炎、肝硬変慢性肝炎、肝硬変、、肝膿瘍、肝臓がんなど


【 膵臓の疾患 】

自己免疫性膵炎、膵嚢胞、急性膵炎、慢性膵炎、膵臓がんなど


腹部エコー検査

腹部エコー検査をしている医者と患者

腹部臓器の状態を調べるための検査です。
高い周波数の超音波を腹部にあて、肝臓、胆嚢、すい臓、腎臓、脾臓、大血管を観察します。

エコー検査はX線やCTのように被爆をせず、短時間で多くの情報をリアルタイムに得ることができる安全で有効的な検査といえます。

腹部エコー検査でわかる病気

  • 胃・腸管から肝臓、腎臓、膵臓、胆嚢、脾臓など各臓器の腫瘍性の病気
  • 脂肪肝
  • 胆嚢ポリープ
  • 胆石
  • 腎のう胞
  • 腎結石
  • 尿管・膀胱結石
  • 前立腺肥大
  • 子宮筋腫
  • 卵巣のう腫

大きさ・形・血流についても情報が得られます。

腹部エコー検査の方法

腹部全体に検査用のゼリーを塗り、プローブ(探触子)を当てて観察します。
「大きく息を吸って、止めて、」と声がかったら、できるだけ指示通りに呼吸をします。
※身体に痛みがあったり、体調不良などで検査に不安がある方は、遠慮なく申し出てください。

048-240-6604
contact_btn.png

本日は休診日です。

お問い合わせフォーム
電話でお問い合わせ