グローバルNIPT検査市場

グローバルNIPT検査市場

グローバルNIPT検査の市場にとって重要な成長要因の 1 つとして言えることは、侵襲的な処置よりも非侵襲的な処置を好む傾向が高まっていることです。

米国では830人に1人が、ヨーロッパでは920人に1人がダウン症を発症しています。そのため、NIPT検査の潜在的なユーザーベースが多数存在します。 絨毛膜採取(chorionic villus sampling)/CVS)や羊腸穿刺(amniocentesis) は流産のリスクをもたらす可能性があるため、NIPT検査を好む人が増えています。 NIPT検査法の使用においては、流産のリスクはありません。
母体血清中の無細胞循環DNAを利用した非侵襲的出生前検査を選択する医師が増えています。

北米は、米国における主要企業の存在と NIPT検査 に対する高い認識レベルにより、グローバル NIPT をリードしています。ヨーロッパはリードの点で第2位に浮上すると予想されています。

また、アジア太平洋地域は、中国、オーストラリア、インド、日本等が最も成長の早い地域となることが期待されています。 アジア太平洋のNIPT市場の成長の原動力となるのは、この地域で妊娠後期を好む女性の増加です。 BGI Diagnostics と Berry Genomics は、中国の NIPT 市場で活動する主要企業の 2 つです。これが、国の成長を後押ししています。 さらに、CFDAによるBambniTestの承認は、この地域の市場の成長に拍車をかけています。
*CFDA = 中国の食品医薬品局

関連記事

  1. フランスの妊娠事情後編NIPT

    フランスの出産事情(後編)~2021年の…

    2021.04.07

    • 妊婦健康診査

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 出生前診断

  2. フランスの妊娠事情前編出生前診断

    フランスの出産事情(前編)~妊婦検診と出…

    2021.03.31

    • 妊婦健康診査

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 出生前診断

    • 妊婦健診

    • 羊水検査

    • 超音波マーカー検査

  3. 母と子

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP