ピアスについて

耳たぶ、軟骨、ボディなどのピアッシングを行っています

自分であけたり、街のピアス屋さんで開ける方もいますが、中には不潔な操作で化膿してしまい、せっかく痛い思いをしたのに傷だけが残ってしまい治療に来られるケースや、 自分でピアスの穴を開けたがうまくいかず、方向が違ってしまったなどの開けなおしのご相談で来られるケースもあります。

当院では、清潔な穴あけを行っております。また、金属アレルギーの方にもお使いいただける医療用のファーストピアスを用いて行なっています。また、後の処置についてのご指導を行い、外用薬もお持ち帰りいただいています。 後からお肌のトラブルが起きた場合も、アフターケアを行なっておりますので、 お気軽にご相談ください。

ボディピアスの場合は局所麻酔をします。はじめチクっと痛みますが、すぐに麻酔が効き、処置の痛みは感じなくなります。

     

専門の医師の施術

穴あけは専門の医師が専門の医療器具を使って万全に行います。清潔操作で雑菌が入り込んで化膿するのを防ぎます。また痛みが心配な方には各種部分麻酔もご用意しておりますのでご相談ください。

充実のアフターケアで万全対応

万が一、穴あけ後にトラブルが起きても、当院ではほとんどの場合であいた穴をふさがずに治療できます。炎症を起こしたホールを放置すると、金属アレルギーや感染症にかかる恐れが生じます。

ピアスの料金について

※自由診療、保険適用外。

施術名料金(税抜)
ピアス 耳1箇所 5,000円(ピアス・化膿止めの薬込み)
ピアス 軟骨1箇所 7,800円(ピアス・化膿止めの薬込み)
ボディピアス1箇所 10,000円(ピアス・化膿止めの薬・麻酔込み)

よくある質問(美容診療について)

自分の好きなピアスで開けてもらうことはできますか?
ファーストピアスには、お肌のトラブルを最小限に防ぎながらピアスホールをしっかりつくるという目的があり、通常のピアスよりも太く、長く、キャッチも丈夫に作られています。 ファーストピアスの種類もいろいろなタイプをご用意していますので、おしゃれにつけていただけると思います。 ご自身でお持ちいただいたピアスが、材質や形状に問題がなければ、お使いして開けることも可能ですが、はじめの2週間~1ヶ月位は、ファーストピアスのご使用をお勧めします。
金属アレルギーがあるのですが、だいじょうぶでしょうか?
軟骨部分に穴を開けてもらうことはできますか?
軟骨とトラガスにピアスを開けるとき、ニードルで開けてもらえますか?
5年前に空けたピアス穴がたびたび炎症を起こし、しこりができてしまいました。だんだん大きくなり、片方は全く問題ないので、できればしこりを取り除き、再度ピアス穴を作りたいのですが、貴院で施術は可能でしょうか?
軟骨ピアスを開けたいのですが、軟骨ピアスでも麻酔はするのですか? できれば麻酔希望なのですが。 あと、なにで開けるのですか??
ボディーピアスをお願いしたいのですが、マディソン(鎖骨)は開けていただけるでしょうか。
2年前にヘソピアスを塞いでいます。また開けたいのですが出来ますか?
腰ピアスを希望です。腰の中央ではなく、少し横にずれたところにバナナバーベルでお願いしたいのですが可能でしょうか?受診前にピアスを買っていくのは分かるのですが14Gで長さがあるものがあった方がいいということでしょうか。それと消毒は特に必要ないようですが、希望すれば処方していただけるのでしょうか?あと腰ピアスで気をつけることはありますか?