遺伝子検査┃ジェーンチェッカー(gene-checker)【循環器遺伝子検査】突然死の家族歴がある方におすすめ

Gene-Checker
循環器遺伝子検査でわかること

Gene-checkerでは心臓の突然死に関与する遺伝子を調べることができます。

調べることができる疾患

循環器遺伝子検査

ぽっくり病

ぽっくり病の
原因と考えられる遺伝子

add

Gene-Checkerとは

自宅でできる遺伝子検査キットです。
ご自身で口腔上皮細胞を採取することで遺伝子の病気を調べることができます。

心臓の突然死に関与する遺伝子を調べるために用いられます。遺伝子検査を行うことで対策をすることができ、予防ができます。

遺伝子検査キット

Gene-Checkerをおすすめする
3つのポイント

検査は自宅で完結!


病院で何時間も並ばなくても自宅で簡単に検査することができます。ヒロネットショップまたはAmazonから購入ができます。結果もメールから確認ができます。

結果について遺伝子カウンセリングが受けられる


「購入者限定」で専門医師の診察ができます。医師より検査結果について遺伝子カウンセリングを受けることができます。 陰性の方でも相談が可能です。

返送料が無料


返送に必要なものはすべて検査キットの同梱物に含まれています。検査キットをご購入ですべて完結!

検査項目

循環器遺伝子検査

こんなひとにおすすめ

  • 健康診断でブルガダ型の心電図異常が認められた方
  • 突然死した近親者がいる方
循環器遺伝子検査

120,000円

(税込132,000円)

放っておくとコワイ
ぽっくり病の症状

発作以外の症状はなく、日常的には特に問題ない生活を営むことができます。しかし、発作が起きた場合は失神するだけでなく、命を失うこともあります。

特に注意を要するのは40~60歳くらいと報告されています。ぽっくり病は、正式名称をブルガダ症候群といい、成人期に発症することが多く、突然死の平均年齢は40歳といわれています。

ぽっくり病は
遺伝子検査をするべき?

ぽっくり病においては、一部の患者でSCN5A遺伝子が見つかり、最近の研究から予後との関係も明らかとなってきました。しかしながら半数以上の例では明らかな遺伝子異常は検出されず、家族性もはっきりしない例も多くあります。

またSCN5A遺伝子の異常を有していても、必ずしもブルガダ型心電図や不整脈などを発症しない例も認められています。ぽっくり病は単一の遺伝子異常だけでは説明が困難な、複数の遺伝子多型の関与や、性別や年齢などの遺伝子背景以外の要因が強く発症に関係しています。

遺伝子検査を推奨する方

  • 1.突然死やぽっくり病の家族歴がある
  • 2.心電図になんらかの心臓伝導障害がある
  • 3.失神発作やVF既往などの有症状の方
  • 4.遺伝子検査を強く希望される方

予防はできる?

ぽっくり病の発症リスクが高い人には植込み型除細動器を入れることがおすすめです。心室細動が発生した際に、自動的に心臓に電気を流すことによって、突然死を防ぐことが可能になります。

ご利用の流れ

STEP

01

購入

Amazonまたはヒロネットショップからご購入が可能です。

STEP

02

キットを発送

キット到着までお待ちください。到着後、同梱物が揃っているかご確認ください。

STEP

03

検体採取

頬粘膜から採取してください。採取方法はマニュアルをご覧ください。

STEP

04

検体を発送

同封しているレターパックにて検体を発送してください。

STEP

05

結果を受け取る

メールにて結果をお知らせします。

STEP

06

担当医に連絡

希望があれば担当医と相談ができます。

よくある質問

Q 検査はどのようにして行うのでしょうか?

add

Q 結果はどのくらいで返ってくるのでしょうか?

add

Q 検査結果が陽性の場合にはどうしたらいいでしょうか?

add

販売会社について

お客様に最適な検査を提供するために、ヒロクリニックと株式会社HUMEDITは一体となって 事業に取り組んでいます。

お問い合わせ

Gene-Checker(ジーン・チェッカー)に関するお問い合わせはお電話またはメールにてお気軽にご連絡ください。

0120-915-967

受付時間:9:00-21:00

CONTACT

お問い合わせメールフォームはこちら