ブログ

高濃度ビタミンC点滴+プラセンタ注射に期待できる効果とは【医師監修】

  • /
高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴プラセンタ注射は、ともに美容・健康に効果のある施術です。この記事では、主な効果について解説します。

高濃度ビタミンC点滴に期待できる効果

ビタミンCは美白化粧品にもよく使われていることから、美容によい成分であることはよく知られています。しかし、高濃度ビタミンC点滴の効果はこれだけではありません。美容や健康を意識する方にとって、とても嬉しい効果が多くあります。

メラニン生成の抑制

シミやにきび跡などの原因となるメラニン色素は、チロシンにチロシナーゼという酵素が働くことでできるものです。ビタミンCには、このチロシナーゼの働きを阻害する効果があります。そのため、シミやニキビ跡の改善、予防が可能です。

にきびの改善、毛穴の引き締め

ビタミンCには、過剰な皮脂分泌を抑える働きがあります。にきびは毛穴に詰まった皮脂をエサにアクネ菌が繁殖することでできるものです。ビタミンCにより皮脂分泌を落ち着かせることで、ニキビを改善します。また、皮脂腺の働きを抑えることから毛穴を引き締めることも可能です。

抗酸化作用によってお肌を若々しく保つ

ビタミンCは、抗酸化作用があるビタミンとして知られています。活性酸素は、お肌を老化させたり心血管疾患や生活習慣病などを発症させたりする原因です。抗酸化作用により活性酸素を除去することで、体のダメージを軽減します。

コラーゲンの生成を促進

コラーゲンの生成にはビタミンCが欠かせません。コラーゲンを構成しているアミノ酸を作るために、原料としてビタミンCが必要なのです。ビタミンCが不足するとコラーゲンの生成ができなくなります。コラーゲンは皮ふの弾力を保つだけでなく、血管や腱、軟骨などの構成に必要な成分です。

免疫機能の向上

ビタミンCには、白血球の機能を高める働きがあります。白血球は、細菌やウイルスなどから体を守る働きがある物質です。いくつか種類がある白血球のなかでも、とくにリンパ球を活性化させることで免疫機能を高めます。またビタミンCは、ウイルスの増殖を抑える働きがあるインターフェロンを作り出すのにも必要な成分です。

ストレスの軽減

ストレスを感じると、私たちの体からはアドレナリンというホルモンが分泌されます。アドレナリンは、血圧や血糖値を上げることで体をストレスから守ろうとするホルモンです。このアドレナリンの合成にビタミンCが必要になります。

動脈硬化の予防

動脈硬化とは、血管の弾力性が失われることで詰まりやすくなっている状態です。ビタミンCには、血管が詰まりやすくなる原因の一つであるコレステロールを胆汁酸へ変えて排出する効果があります。また血管の弾力性を保ったり、抗酸化作用によって過酸化脂質の生成を抑えたりすることも特徴です。

がんの抑制

また、点滴のように高濃度にならないと生じない効果として、がん細胞を破壊する作用があると言われています。アメリカを中心に研究が進み、体に害のないがんの治療としても注目され、日本でも徐々に認知されつつあります。

ビタミンC点滴と経口摂取の違い

ビタミンCといえば、わざわざ点滴を受けなくてもサプリやビタミン剤などを使って摂取することもできます。なぜ点滴療法を行うかというと、点滴のほうが経口摂取よりも多くのビタミンCを体に届けることができるからです。

経口摂取と比べて点滴では、血液中のビタミンC濃度が20~40倍ほどにまで増えます。経口摂取よりも高い血中濃度に到達するため、体のすみずみまでビタミンCがいきわたり効果を発揮しやすくなります。

プラセンタ注射に期待できる効果

プラセンタ注射は、プラセンタを注射し、身体を細胞から活性化する治療です。全身の機能回復・ホルモンバランスの正常化・疲労回復など、さまざまな健康・美容効果が期待できます。健康や美容を気遣う方であれば、高濃度ビタミンC点滴療法や高濃度ビタミンC注射とともに、ぜひ受けたい治療のひとつです。

プラセンタ注射に使用する薬剤は、日本人お母さんとお腹の赤ちゃんをつなぐ胎盤からアミノ酸や各種成長因子・生理活性物質などを抽出したもので、厚生労働省の認可を受けた安全性の高いものです。

免疫の調整

免疫とは、身体に侵入してきた細菌やウイルスといった病原体などの有害なものを撃退する機能です。肝臓は有害物質の毒素を排出する働きがあり、免疫機能と深い関係があります。プラセンタに含まれているアミノ酸などの栄養を補給することで、肝臓の機能が活性化し、免疫力アップが期待できます。また、抗酸化作用により、活性酸素による免疫力低下を防げるのも大きなメリットです。

自律神経の調整

自律神経とは、内臓の動きや代謝、体温維持などさまざまな機能をコントロールする神経です。本人の意思とは関係なく24時間働いています。プラセンタを投与すると細胞組織が活性化し、ホルモンバランスが整います。その結果、自律神経のバランスが正常化し、心身の症状の改善が期待できるでしょう。

基礎代謝向上

基礎代謝とは、生命維持に最低限必要なエネルギーを指します。基礎代謝が向上すると、消費カロリーが増え、ダイエット効果が期待できます。

プラセンタには、ビタミン・ミネラル・酵素といった代謝に関係する成分が豊富に含まれています。また、DNAやRNAを含む核酸も含まれています。核酸は、遺伝子の修復や新陳代謝の調整などの作用があり、細胞の生まれ変わりに欠かせません。これらの成分の働きにより、新陳代謝が活発化し、基礎代謝が向上します。

抗炎症・抗アレルギー

プラセンタには、炎症を鎮める抗炎症作用や抗アレルギー作用があります。

プラセンタは免疫システムを調整したり機能を回復し、アレルギー反応を抑制します。抗アレルギー薬や鼻炎薬で眠気がひどくなってしまい使用しづらい方や、根本的な体質改善を望まれている方にもお勧めの治療法です。

疲労回復

人間の身体には、生まれつき自然治癒能力が備わっています。自然治癒能力とは、疲労・軽いケガ・病気などが生じても、時間の経過とともに自然に回復する能力を指します。プラセンタに含まれる栄養や成長因子の持つ細胞活性化作用によって、自然治癒力が高まり、疲労回復が期待できます。

美肌

プラセンタに含まれる成長因子には、肌の細胞を活性化させ、肌にハリや弾力を与えるエラスチンやコラーゲンを増やす働きがあります。

その他、成長因子とアミノ酸による肌の保湿効果、メラニン色素の生成を妨げることによる美白注射としての効果、抗炎症作用や細胞を修復する働きによるニキビ・肌荒れの改善、抗酸化作用によるくすみの改善など、さまざまな美白効果が期待できます。

高濃度ビタミンC点滴とプラセンタ注射の併用でエイジングケア

高濃度ビタミンC点滴療法プラセンタ注射には、シミやしわなど年齢を重ねることによる悩みを解消する効果があります。併用することで、より大きな変化を期待できます。

高濃度ビタミンC点滴プラセンタ注射を併用した場合、主に下記のような効果があります。

  • メラニンの生成を抑制することでシミを予防・改善する
  • 抗酸化作用によりくすみを改善し若々しい肌を維持する
  • コラーゲン生成を促進することで肌にハリ・弾力を与える
  • 基礎代謝の向上によるダイエット効果

年齢に応じたお手入れの一環として、高濃度ビタミンC点滴療法プラセンタ注射を併用する患者さんも多くいらっしゃいます。

ヒロクリニック美容外科・美容皮膚科での施術

初回は医師の診察・カウンセリングをお受けいただき、お悩みやご希望によりメニューや施術頻度を相談・決定します。

2回目以降継続治療の場合は、来院前にご連絡をいただければスムースに準備ができ、お待たせする時間を減らせます。

高濃度ビタミンC点滴プラセンタ注射は、美容など病気治療以外の目的で施術する場合、保険適用にはなりません。診察・カウンセリング時に、費用について詳しくご案内いたします。

まとめ

高濃度ビタミンC点滴は、美白成分にも使われているビタミンCを点滴することで、シミの改善などの美肌効果や免疫機能の向上などが期待できる施術です。

プラセンタ注射は、胎盤から抽出したプラセンタを注射する施術です。プラセンタには、アミノ酸などの栄養素や成長因子が含まれています。プラセンタには細胞を活性化する作用があり、免疫の調整・基礎代謝向上・疲労回復・美肌などさまざまな効果があります。

高濃度ビタミンC点滴プラセンタ注射はどちらも年齢による変化に効果的なため、エイジングケアとして併用する人も多い施術です。

一人ひとりの状態や悩みに応じて、適したプランを提案しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

●高濃度ビタミンC点滴のおもな副作用とリスク

  • 糖尿病の方が点滴後に簡易自己血糖測定器で測定すると、見かけ上の高血糖となる
  • G6PD欠損症の方が施術を受けると、溶血が起きる可能性がある
  • 腎不全・心不全・腹水・浮腫のある方は、水分の過剰貯留により病状が悪化するリスクがある
  • 点滴中にのどの渇きを感じる場合がある(自由に水分補給できる)
  • 血管の痛みを感じる場合がある(投与速度の調整により防げる)

●プラセンタ注射のおもな副作用とリスク

  • 注射した箇所の軽い痛みや腫れ(通常短時間で回復)
  • 注射した箇所に赤みが出る
  • 過敏症(発疹・発熱・肌をかきたくなる不快感など)
  • 注射部位のしこり感
  • 献血が制限される(当院では日本製の厚生労働省の許認可を得たプラセンタ製剤を使用しています。もともと感染症を持たない女性の胎盤を原料としている上、ウイルスや細菌の活動を抑える目的で加熱処理も加えられているため、今まで大きな副作用の報告はありません。ただし、注射を始めたら献血を控えるようにとの通達が厚労省からなされています。)

【参考文献】

記事の監修者

岡 浩子先生

岡 浩子先生

経歴

平成9年: 東邦大学医学部卒業
平成9年: 慶応大学医学部内科学教室入局。 大学病院、総合病院で研鑽をつんだのち、美容皮膚科を習得。
平成20年7月: 開院

所属学会

日本内科学会会員
日本リウマチ内科学会会員
抗加齢美容医療学会会員
点滴療法研究会マスターズ会員

資格

サーマクール認定医
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医

関連記事

  1. ヒアルロン酸注射
PAGE TOP