フォトRFでシミそばかす改善をしながら若々しいハリ肌へ【医師監修】

  • /

フォトRFとはシミやそばかす、くすみを改善しながら若々しいハリ感のある肌を目指す美容医療施術です。ダウンタイムは非常に少なく、加齢によるたるみや小ジワなど、メラニン色素以外の肌悩みにも適応するため、効率の良い美肌治療といえるでしょう。

フォトRFとは

フォトRFとは、光治療:IPL(Intense Pulsed Light)といわれる一度の照射で複数の肌悩みに対応するエネルギーをさらに進化させたAPL(Advanced Pulsed Light) とRF(高周波)を組み合わせた照射施術のことです。APLとRFを組み合わせることで、肌の表面にダメージを与えることなく、肌の奥深く(真皮層)まで熱エネルギーを効率よく届けることが可能とされています。

進化した光エネルギーAPLでシミ・そばかす改善

シミ・そばかす・赤ら顔に効果があるAPL

従来の光治療(IPL)が進化したフォトRFのAPLの光エネルギー。その照射によってシミ・そばかすの原因であるメラニンや、赤ら顔の原因である毛細血管のヘモグロビンに反応して、症状改善へと導きます。

RF(高周波)の熱エネルギーで加齢たるみ改善

フォトRFの加齢による肌のたるみ改善作用はRF(高周波)の熱エネルギーによるものです。RF(高周波)とはRadio Frequencyの略であり、電磁波の意味となります。医療機関によってはラジオ波と表記することもありますが、高周波とラジオ波は同じものです。

RF(高周波)を肌に照射すると、熱エネルギーが真皮層へ届き、たんぱく質の変性によって、たるんだ肌を引き締めます。同時に熱エネルギーの刺激によって、線維芽細胞が活性化しコラーゲンやエラスチンといった肌弾力物質が産生されることから、ハリ感のある若々しい肌へと導く照射施術といえるでしょう。

APL(光エネルギー)+RF( 高周波エネルギー)=フォトRF

上記のことからフォトRFは光エネルギーによって、シミ・そばかす・赤ら顔の改善と、高周波エネルギーによって、たるみ(たるみ毛穴)・ハリ・小ジワ・ニキビ・ニキビ跡の改善を同時におこなうことが可能な照射施術となります。

フォトRFは照射時の熱エネルギーによる火傷を防ぐための温度調節機能と冷却システム搭載の医療用照射機器です。2002年には日本の厚生労働省にあたる米国FDA( 食品医薬品管理局)により承認され、安全性の高い照射施術をおこなうことができます。

なお、患者さまからフォトRFとフォトフェイシャルとの違いを多くご質問いたただきますが、フォトフェイシャルとは光エネルギーによる照射機器であり、日本ルミナス社の商標です。フォトRFはシネロン・キャンデラ社の照射機器となり、開発企業が異なります。

RFが同時に出ることでのメリット

  • 光エネルギーとRF(高周波)が助け合い、周囲を傷めることなく、シミなどのターゲットに熱エネルギーを集中させる。そのため痛みが少ない。
  • RF(高周波)の効果により肌や毛穴の引き締め感がアップする。シミやそばかすが薄くなるだけでなく、ハリ感の改善も同時におこない、若々しい肌へと導く。

フォトRFは肝斑には不向きな照射施術

肝斑とはおもに頬骨のあたりに左右対称に生じる、薄茶色のボヤッと境界が曖昧なシミのことです。肝斑の原因はホルモンバランスによるものとされ、また紫外線や強い刺激により悪化するともいわれています。

肝斑の治療にはフォトRFを強く照射することは不向きとされています。肝斑のみの場合はレーザートーニングによる治療が適しています。

しかし、肝斑の上に紫外線のシミが重なっている方もとても多く、このような複合的なお悩みをいかにリスクなく、治療できるかは医師の経験が問われるといえるでしょう。ヒロクリニック美容皮膚科・美容外科では、照射パワーの細かい調節はもちろん、フォトRFのみでなく、肝斑の基礎治療である内服薬や外用薬、ピーリング、レーザートーニングなどにより症状に合わせたオーダーメイド治療をおこなっております。

施術順序や照射パワーなど、患者さまそれぞれの症状や肌質に合わせることで、総合的で効率のよい美肌改善へと導きます。

フォトRFによる脱毛とその効果

フォトRFによる脱毛効果は、一般的な脱毛に使用されるショット式レーザーのような強い脱毛効果はありません。しかし、フォトRFを繰り返すことで光と熱エネルギーにより減毛することは可能とされています。またフォトRFは照射時の痛みが少なく、産毛や色素の薄い毛にも反応することから肌の弱い方や、顔脱毛に適した照射施術です。

フォトRFの経過と肌の状態

フォトRFは他のレーザー施術より痛みとダウンタイムの少ない照射施術です。フォトRFの照射時の痛みは、肌の上で輪ゴムで軽く弾いた程度といわれています。

フォトRFの照射後はテーピング等の必要はありません。すぐにメイクも可能ですが、照射直後の肌は紫外線に敏感になっているため、日焼け止めをご使用ください。

フォトRFの経過で照射後すぐにシミやそばかすが、黒褐色の煤(すす)のように浮いてくる現象が生じます。これはマイクロクラストと呼ばれるもので、皮膚の中のシミやそばかすがフォトRFの光エネルギーに反応し、強制的に体外へ排出されることで起こります。数日から1週間ほどで自然と剥がれ落ちるため、摩擦などの刺激を与えないようにしましょう。

フォトRFは繰り返しの施術が大切

フォトRFはシミやそばかすの排出を促し、エラスチンやコラーゲン産生へアプローチする照射施術であり、繰り返しの施術により美肌を目指す美容医療施術とされます。そのため、フォトRFは3〜4週に一度の間隔で、6〜8回程度の照射施術が推奨されています。

インターネットなどの口コミで「フォトRF効果ない」「フォトRFやりすぎ」といった発信も多く見かけますが、「フォトRF効果ない」は、1度の照射しかおこなっていないケースも多く、一方「フォトRFやりすぎ」は事前に医師からの説明がなく、フォトRF施術後に繰り返しの施術が必要であることを知り、驚かれた方による発信ではないでしょうか。

いずれも継続的な通院をせずに一度の照射しかおこなわなかったため、効果が十分に実感できなかったケースや、それぞれのクリニックで治療方針が異なるため、照射の強さが弱くショット数も少なかった可能性があります。

ヒロクリニック美容皮膚科・美容外科では、トライアル施術より通常と同じショット数で十分な照射をおこなっております。そのためフォトRFの治療効果やお肌への反応をしっかりご確認することができます。

フォトRFによるおもな効果

  • シミ
  • そばかす
  • くすみ
  • 赤ら顔
  • たるみ
  • 小ジワ
  • ニキビ
  • ニキビ跡
  • 顔の産毛
  • 毛穴の開き

ヒロクリニック美容皮膚科・美容外科によるフォトRF

フォトRFはメラニンを原因とする症状から、加齢によるたるみまでを一度で治療することができる照射施術です。安全性も高く、非常に効率の良い照射施術とされますが、繰り返しの施術を必要とします。

肝斑への照射は肝斑悪化を招く危険性があるため注意が必要です。また、肝斑はシミやそばかすと混在することも多い症状のため、丁寧な診察を必要とします。

ヒロクリニック美容皮膚科・美容外科ではフォトRFをおこなう前に、患者さまの肌悩みが適応するのかをしっかり診察をおこないます。その症状がシミやそばかすではなく、肝斑であった場合は、肝斑に適応する他の施術をご提案いたしますので、ご安心ください。

ヒロクリニック美容皮膚科・美容外科でのフォトRFの流れ

ヒロクリニック美容皮膚科・美容外科には無資格のカウンセラーによるカウンセリングはおこなっておりません。医師がしっかり診察をしたうえで、シミなどと肝斑の違いをしっかり見極め、安全性の高い施術をおこなっております。

Step1医師による丁寧な診察・カウンセリング

お悩みの肌症状がフォトRFに適応するかの診察をおこないます。

Step2:フォトRF専用のジェルを塗布

冷たいジェルが熱から肌を守り痛みを軽減します。

Step3肌の状態や症状に合わせたフォトRFの照射パワーの設定

患者さまの肌の状態や症状に合わせ、医師がフォトRFの照射パワーの設定をおこないます。

Step4フォトRF照射

お肌に隙間なく、約200ショット以上を照射します。途中、熱感や痛みが強い場合は我慢せずにお申し出ください。フォトRFの照射パワーを調節いたします。

Step5ジェルの拭き取り・クーリング・スキンアップ

照射後はジェルを拭き取り、クーリングをおこないます。肌の状態を確認し、ヒロクリニック美容皮膚科・美容外科オリジナルのドクターズコスメ「ジェネリオ」で肌を整えます。施術後はすぐにメイクが可能ですが、UV クリームなどで紫外線をしっかり防いでください。

ヒロクリニック美容皮膚科・美容外科で肌悩みの総合改善を

ヒロクリニック美容皮膚科・美容外科・美容外科ではシミ・そばかす・ニキビ・たるみなど、あらゆる肌悩みの改善を目指しています。症状によっては施術を組み合わせることで、効率よく美肌へ改善することが可能です。またシミやニキビは皮膚疾患のため、化粧品での改善は難しく、自己判断によるスキンケアによって悪化してしまうことも少なくありません。ぜひ一度、ヒロクリニック美容皮膚科にあなたの肌のお悩みをお聞かせください。

フォトRFの禁忌事項

  • 妊娠中または授乳中の方は医師にご相談ください
  • 光線過敏症または光感受性を高める薬をご使用の方
  • 重度の日焼けや未治療の皮膚疾患等の部位への照射

フォトRFの副作用や合併症

  • 熱感による肌のほてりや赤み
  • 火傷
  • 水ぶくれ
  • 色素沈着/色素脱失

記事の監修者

岡 浩子先生

岡 浩子先生

経歴

平成9年: 東邦大学医学部卒業
平成9年: 慶応大学医学部内科学教室入局。 大学病院、総合病院で研鑽をつんだのち、美容皮膚科を習得。
平成20年7月: 開院

所属学会

日本内科学会会員
日本リウマチ内科学会会員
抗加齢美容医療学会会員
点滴療法研究会マスターズ会員

資格

サーマクール認定医
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医

関連記事

  1. プラセンタ注射の画像

ACCESS

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-11-27 Hiro Build 3F

walk JR川口駅 東口より徒歩3分

bus 国際興行バス「川口駅東口」にてご降車下さい。

PAGE TOP