ブログ

肝斑にお悩みの方へ。レーザー治療とホームケア♪

  • /

こんにちは! 美容のスタッフです。( ^∀^)今日はシミ、肝斑、そばかすに効果的なレーザートーニングを紹介させていただきいと思います。♪( ´θ`)

まずレーザートーニングは色素沈着、シミ、くすみ・色むら、肌のキメ改善・ハリをだすなど効果も期待できますよ^ – ^。 照射のやり方としては、最初にテスト照射を行い、痛みの確認をします。パワー調整等相談できますので、ご安心ください。パチパチという音と輪ゴムで軽く弾かれたような痛みを感じます。軽い静電気みたいな感覚に近いです。 最初は驚くかもしれませんがすぐに慣れますよ。╰(*´︶`*)╯♡ メラニンの多い部分は痛みや熱さを感じやすいですが、回数を重ね、メラニンが減少すると痛みも軽減されます。

シミ、肝斑、そばかす中でもっとも治療手強いのは肝斑ですね😱。『シミを取りたい』と来院された方の中に両頬とも左右対象にしみが出ているケースがあります、もやっとした境界がはっきりしないような茶色の色素斑、それらが典型的な肝斑といわれます。

シミだけ、そばかすだけの症状の方は非常に少なくて、どちらがというと、そばかすやシミ、肝斑などの色々なシミのタイプが混在している方が多い印象があります。肝斑にはシミ取りレーザーのような強い出力は当てられません。肝斑専用のレーザーの治療が必要です。

さらにレーザー以外に「内服薬」や「外用薬」と併用すると、治療効果が高まりますよ!

①摩擦の刺激を少なくすること(優しいスキンケア)②トラネキサム酸の薬の内服③ハイドロキノン(美白剤)の外用薬。④日焼け止めの徹底。この辺を日頃のケアとしておすすめしております(^^)/

肝斑が顔の擦り過ぎによるとバリア機能破壊が起こり、紫外線の影響を受けやすくなります、摩擦の刺激をいかに少なくするか肝斑の治療で一番重要です。

一般的に人の肌というのは加齢や紫外線によって色素が作られています、トラネキサム酸を内服することで徐々に色素を抑制できます。少なくとも3ヶ月から半年の服用で効果が出てきます。ハイドロキノンはメラニンが生成されるのを抑制する効果があります。長期的に塗っていくとシミや肝斑はどんどん薄くなります。シミや肝斑悩んでいるの方はぜひぜひ相談しに来てください。お待ちしております(@^^)/~~~

今回の施術レーザートーニングの詳細については↓↓↓こちらからどうぞ

レーザートーニング

お問い合わせ・ご予約は ↓↓↓ こちらからどうぞ!

お問い合わせ・ご予約

ヒロクリニックとお友だちになって

今すぐお得な情報をGET!↓↓↓

ヒロクリニック Instagram!フォロー&いいね!嬉しいです♪↓↓↓

ヒロクリニック Instagram

関連記事

ACCESS

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-11-27 Hiro Build 3F

JR川口駅 東口より徒歩3分

国際興行バス「川口駅東口」にてご降車下さい。

PAGE TOP