ブログ

乳酸ピーリングで目指す美白肌【医師監修】

  • /

乳酸ピーリングとはケミカルピーリングに使用される薬剤の中のひとつです。グリコール酸ピーリングよりも分子が大きいため、皮膚深くまで浸透しないことから刺激の少ないケミカルピーリング施術をおこなうことができるとされています。

乳酸ピーリングは低刺激ピーリング

乳酸とは動植物の組織に多く存在します。またヨーグルトなど乳の発酵物に含まれており、食品以外では化粧品や、医療医薬品の安定・溶解補助などの医薬品添加剤としても使用されています。ケミカルピーリングや化粧品において乳酸はα-ヒドロキシ酸(AHA)に分類されます。つまりフルーツ酸の一種であるといえるでしょう。

乳酸ピーリンググリコール酸ピーリングの薬剤と比べ、分子が大きいため皮膚表面にある角質層までの作用となります。加齢や環境ダメージなどによりターンオーバーが乱れ、正常に排出されない角質を穏やかに剥がし、ターンオーバーを整えることで肌質を改善する効果があります。

乳酸ピーリングの薬剤は皮膚深くまで浸透しないため、施術中の刺激感が少ないケミカルピーリングです。また、美容クリニックによってはラクトピーリングと呼ばれることも。いずれも同じ成分の薬剤を使用したケミカルピーリングとなります。

乳酸ピーリングの効果とは

毛穴詰まりやニキビ・ニキビ跡、くすみなどの肌トラブルは、ターンオーバーの乱れがおもな原因とされています。健康的な皮膚細胞は約28日間で生まれ変わりますが、加齢や環境ダメージなどにより皮膚細胞の代謝サイクルが正常に機能しないことで、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

乳酸ピーリングは他のケミカルピーリングと同様に、正常に排出されず肌に溜まってしまった不要な角質を人工的に剥がすことを目的とします。ターンオーバーを整えることで、毛穴詰まりや肌のザラつき、シミ・ニキビ跡を改善する、美白効果に特化したケミカルピーリング施術とされています。

また昨今では乳酸により皮膚の保湿機能が上昇し、角質層の水分量が向上するといった研究結果が示唆されるなど、乳酸のもつパワーは未だすべてが解明されていません。

乳酸ピーリングとサリチル酸ピーリングの違い

乳酸ピーリングは皮膚表面の角質層に作用するケミカルピーリングです。肌の奥へ浸透しないケミカルピーリングは他に、サリチル酸ピーリングが挙げられます。

サリチル酸には強力な角質軟化の効果がありますが、ピーリング薬剤として使用すると、痛み(刺激感)や炎症といった副作用が多くみられました。これらのことから、サリチル酸をマクロゴールという基材に溶かすことによって、サリチル酸の浸透を防ぎ刺激を抑える、サリチル酸マクロゴールピーリングが開発されました。現在、サリチル酸ピーリングと呼ばれているケミカルピーリング施術はほぼ、マクロゴールが使用されています。サリチル酸の角質軟化作用はそのままに、皮膚への刺激感が少ないケミカルピーリングです。

市販の乳酸ピーリング化粧品の効果

乳酸ピーリングは市販の化粧品としても多く販売されています。収れん作用や、穏やかなピーリング作用により、なめらかな肌へ導くことが目的とされていますが、薬機法上、乳酸の濃度は低く、市販の乳酸ピーリングによるセルフケアでは、難治性ニキビやシミの改善は難しいといえるでしょう。

SNSなどインターネットでは”効果があったセルフ乳酸ピーリング”などの口コミも少なくありませんが、ニキビやシミといった症状や、それに対しての効果は個人差があります。誤ったセルフケアで症状を悪化させないためにも、乳酸ピーリングをおこなう際は医師の診察が大切です。

薬剤にまよったら乳酸ピーリングは美白、ニキビ改善はグリコール酸ピーリング

ケミカルピーリングはさまざまな種類の薬剤があります。いずれも「不要な角質を薬剤で人工的に剥がす」ことに変わりはありません。しかし、薬剤にはそれぞれ特長があるので医師の診察の上、症状や肌悩みに最適なケミカルピーリングをおこないましょう。

ヒロクリニック美容皮膚科では、肌のくすみやシミ・ニキビ跡など美白に関するお悩みには乳酸ピーリングをご提案しております。

乳酸ピーリングは皮膚の浅い部位の角質層に作用します。この角質層を人工的に剥がすことで、毛穴に詰まった古い角質を穏やかに除去し、乳酸ピーリングのもつ美白作用がシミやくすみ、ニキビ跡の目立たない、なめらかな肌へと導きます。

一方、グリコール酸が得意とするのはニキビ治療です。肌悩みがニキビであれば、まずグリコール酸ピーリングでニキビ治療をしっかりおこなうと良いでしょう。ニキビの凹凸が改善した後に、乳酸ピーリングで色素沈着をともなうニキビ跡を改善し、美しく健康的な美白肌を目指すことも可能です。

乳酸ピーリングは美白、グリコール酸ピーリングはニキビ改善。まよった時はヒロクリニック美容皮膚科にご相談くださいね。

ヒロクリニック美容皮膚科の乳酸ピーリングとイオン導入でさらなる美白肌へ

ヒロクリニック美容皮膚科で使用する乳酸ピーリングは、あえて自家調剤をおこないません。良質な乳酸ピーリング薬剤にて、安定した濃度でより安全性の高い施術をおこないます。これまでのケミカルピーリングで強い痛みを経験してしまった方や、膿をともなうニキビでお悩みの方は、医師にご相談ください。

乳酸ピーリングは薬剤そのものに美白作用があるとされています。肌のザラつきや、角栓の詰まりなどを改善するとともに、くすみやシミ・ニキビ跡を少しずつ薄くする効果がある、効率の良いケミカルピーリングです。

ヒロクリニック美容皮膚科では乳酸ピーリングの効果をさらに上げ、肌質改善を促すイオン導入をご用意しております。イオン導入とは、肌に微弱な電流を流すことでビタミンなどの有効成分を肌の奥、真皮層まで痛みなく届ける施術です。通常の化粧品でおこなうスキンケアでは、有効成分が届くのは角質層までとなるため、より早い肌質改善へと導くことができるといえます。

ヒロクリニック美容皮膚科のイオン導入はビタミンCとトラネキサム酸の2種類をご用意しております。ビタミンCは収れん作用や、皮脂バランスを整えるためニキビ改善を促す効果があるとされ、トラネキサム酸は肝斑治療、そして炎症を抑える効果があります。

乳酸ピーリングケミカルピーリングの中でも、皮膚刺激の少ない施術となります。しかし、肌の状態などにより施術直後に赤みがあらわれるケースも少なくありません。乳酸ピーリングで古い角質を剥がした直後に、肌状態にあった薬剤をイオン導入で真皮層に届けることで、施術後の赤みを抑える効果もあるとされています。より効率の良い乳酸ピーリングをおこないたい方は、診察時にご相談ください。

乳酸ピーリングの施術間隔と施術頻度

乳酸ピーリングは他のケミカルピーリング同様、古い角質を薬剤で剥がし、乱れたターンオーバーを整える施術です。肌には約28日間と細胞の生まれ変わりサイクルがあるため、症状によっては5回ほどの施術が必要とされています。

他のケミカルピーリングの施術間隔は約3週間とされています。乳酸ピーリングは肌への作用が比較的に穏やかであることから、ニキビ跡治療を目的とする施術であれば約2週間おきの施術をおこなうことができます。

いずれも肌の状態を医師が診察をした上で、事前に乳酸ピーリングの施術間隔と施術頻度(回数)をお伝えいたします。ヒロクリニック美容皮膚科では、痛みとダウンタイムの少ない美容医療施術のご提案を心がけております。ご不安なこと、他の施術との組み合わせなど、なんでもご相談くださいね。


【参考文献】
・日本皮膚科学会 – ケミカルピーリング
・PR TIMES – 日本香化粧品学会発表記事

この記事を監修したドクター

岡 浩子/美容皮膚科医

丁寧なカウンセリングで、ひとりひとり患者様に合った美容法をご提案いたします。

関連記事

  1. マッサージピールの画像
  2. エイジングケアにもおすすめピーリング
  3. マッサージピールの画像

ACCESS

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-11-27 Hiro Build 3F

JR川口駅 東口より徒歩3分

国際興行バス「川口駅東口」にてご降車下さい。

PAGE TOP