ブログ

マッサージピールとは【医師監修】

  • /
マッサージピールの画像

マッサージピールは、これまでのケミカルピーリングとは異なる作用で肌質改善へと導く美容医療施術となります。シミやくすみだけでなく、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンといった肌弾力物質の産生を促すことで若々しい肌を目指すとされています。

マッサージピールとは

マッサージピール(PRX-T33)とはイタリアWiQo med社により開発された新しいピーリング剤です。これまでのピーリングは、不要な角質を薬剤や美容機器により人工的に剥がし、ターンオーバーの乱れを整えることを目的としていました。ピーリングは角質層を薬剤により強制的に剥離するため、肌質やピーリング剤の種類によっては赤みやヒリつきなどの刺激を感じることも少なくありません。また、施術後に強い皮剥けや瘡蓋(かさぶた)が生じるなど、数日のダウンタイムが必要な施術もあります。

しかしマッサージピールはこれまでのピーリングと大きく異なり、角質の剥離をおこなわず、かつ真皮層に直接深く作用することで線維芽細胞の活性化を促すピーリング薬剤です。線維芽細胞とは、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の産生をおこなう細胞であり、これらの物質の増減少がハリやシワなど、肌の若々しさを左右するといえるでしょう。このように、マッサージピールはコラーゲンを増やす作用があるため、コラーゲンピーリングとも呼ばれる肌質改善施術です。

深く浸透するのに肌への刺激が少ないマッサージピール

マッサージピールは角質層の奥、真皮層まで作用することが可能なピーリング剤です。その秘密はTCAといわれるトリクロロ酢酸にあります。

ピーリング剤の中でもTCAは、肌の深部である真皮層にまで作用するとされ、毛穴やクレーター状となった深刻なニキビ痕の改善に使用されてきました。しかし、TCAによるピーリング施術は痛みや炎症反応が強く、約3〜10日は瘡蓋(かさぶた)になるなど、ダウンタイムを必要とします。

マッサージピール(PRX-T33)は強いピーリング作用をもつTCAが33%配合されています。しかし独自配合された過酸化水素により、TCAのもつ強い浸透力はそのままに肌への炎症反応を最小限に抑え、真皮層組織の再構築を目指すピーリング剤です。また美白成分といわれるコウジ酸も5%配合されているので、マッサージピール施術を重ねるごとに透明感のある肌へ導くといわれています。

こんな肌のお悩みにマッサージピール

マッサージピールで期待できる効果は、肌のザラつき(コメド改善)・ニキビ・シワ・シミなどが挙げられます。その効果は肌の表面だけでなく、深部の真皮層にある線維芽細胞を活性化し、肌コラーゲンやエラスチンの産生を促します。これらのことから、マッサージピールは妊娠線や肉割れといった肌悩みにも適用が可能です。

またマッサージピールは、治療が困難とされる肝斑の改善にも多くおこなわれる施術です。

肝斑とは、おもに目尻の下や頬骨のあたりに左右対称に生じるシミのことです。ホルモンバランスが原因とされ、紫外線によってより濃くなってしまいます。肝斑は一般的なシミ(老人性色素斑)と異なり、レーザーの種類によっては悪化する可能性があるため、治療の際はそれがシミであるのか肝斑であるのかを詳しく診察する必要があります。

なお、肝斑は一般的なシミと混在して発症することも多く、非常に厄介な肌トラブルといえるでしょう。しかしマッサージピールであれば一般的なシミも、肝斑も同時にアプローチできることから、とても効率のよい施術法とされています。

マッサージピールはダウンタイムがなく、施術後にすぐメイクができるためエステ感覚でおこなえる気軽な施術、とうたうクリニックも少なくありません。しかしマッサージピールは真皮層へ作用する医療行為であるため、施術は慎重におこなう必要があるといえるでしょう。マッサージピール施術を検討する際は、医師による診察が丁寧におこなわれる医療機関(美容クリニック)であるかを確認してください。

個人輸入でのセルフマッサージピールの危険性

昨今インターネットを通じて、さまざまな化粧品や医薬品を海外から手軽に購入することが可能になりました。マッサージピール製剤(PRX-T33)も例外ではなく、多くの個人輸入サイトなどで販売されているのを目にします。しかし、これらが正規品か偽物かを一般の方が見分けることは難しいでしょう。

現在、多くの偽マッサージピール製剤が出回っています。しかし、この偽マッサージピール製剤をセルフケアで使用した結果、重篤な肌トラブルが生じたとしても、すべて自己責任となってしまいます。たとえ正規品だとしても、マッサージピール製剤の運搬は要冷蔵とされ、とてもデリケートな成分なのです。個人輸入時のどこかで一時的に常温となってしまい、成分変化があったとしても購入者は気づくことはありません。

またマッサージピール製剤を個人輸入して、それを他人への施術に使用することは薬機法違反となります。安易な個人輸入や肌への使用は、くれぐれもご注意ください。

ヒロクリニックマッサージピール施術の流れ

まず正確な肌状態を把握するため医師が診察をおこないます。アレルギーの有無や体調などを診察後、現在お悩みの肌トラブルにマッサージピールが適用可能であれば、施術同意書にサインをいただき、すぐに施術となります。

施術ルームへ移動し必要であればガウンに着替え、施術台に横たわります。マッサージピールは看護師によりおこなわれます。マッサージピール製剤を施術部位に塗布、クルクルとマッサージをしながら薬剤を広げ、肌の奥へと浸透させます。施術中、軽微な火照りやヒリつきなどの刺激を感じることがありますが、痛みが苦手な方でも心配のない程度です。万一、我慢できないような痛みや刺激を感じた際は、すぐに看護師へ伝えましょう。

これを数回繰り返し、水を含ませたスポンジでマッサージピール製剤をしっかり拭き取ります。肌に赤みやヒリつきといった異常がないかを確認した後クーリング(冷却)をおこない、仕上げにWiQo保湿ナリシングクリームを塗布して施術は終了です。WiQo保湿ナリシングクリームは、WiQo med社がマッサージピール施術後のスキンケアのために開発した、安全性の高いドクターズコスメとされています。

マッサージピールは顔以外も首やデコルテ、背中など全身への施術が可能とされています。また、顔とくらべ身体へのマッサージピール施術は、赤みやヒリつきが起こりにくいといわれています。ザラつきの目立つ二の腕や、ニキビのできやすい背中や胸元などへマッサージピール施術をおこなうことで、なめらかなで健康的な肌を目指すことができるでしょう。とくに年齢のあらわれやすい手の甲へのマッサージピール施術は、乾燥ジワを改善し若々しく、ふっくらした手肌へと導きます。

マッサージピール施術後に注意すること

マッサージピールはダウンタイムがほとんどない美容医療施術です。マッサージピールの施術直後にメイクをすることも可能とされていますが、肌はデリケートな状態となっています。UVクリームでしっかり紫外線を防ぎ、強く擦るなどの刺激を与えないことが大切です。また、マッサージピール施術当日の過度な飲酒や、激しい運動などにより、肌に生じた赤みが長引くこともあるため、ご注意ください。

ターンオーバーが促されるため、マッサージピール施術をおこなった数日後に皮剥けが起こることがあります。多くの場合、鼻周りなどにうっすらとかさつきが生じる程度ですが、たとえ気になったとしても無理に皮を剥がさず、皮剥けが治まるまで肌に刺激を与えないようにしましょう。万が一、症状が強かったり皮剥けが長引く際は、ヒロクリニック美容皮膚科へご相談ください。

マッサージピールによる副作用とリスク

・直後の赤みやヒリつき ・乾燥  ・皮剥け ・膨疹など

マッサージピールにはコウジ酸が配合されているため、アレルギー等の方は診察の際に必ず医師に申し出てください

まとめ

「不必要な美容医療はおこなわない」をモットーに掲げるヒロクリニック美容皮膚科マッサージピールはもちろん他の施術もすべて、医師の診察と看護師の丁寧な施術によっておこなわれます。また、マッサージピールはダウンタイムもほとんどなく、レーザー施術の痛みが苦手な方や、美容医療初心者向けの施術とされています。肌のくすみ、ニキビや小じわなど複合的な肌悩みがある方は、ヒロクリニック美容皮膚科マッサージピールを検討してはいかがでしょうか。

この記事を監修したドクター

岡 浩子/美容皮膚科医

丁寧なカウンセリングで、ひとりひとり患者様に合った美容法をご提案いたします。

関連記事

  1. グリコール酸ピーリングとは
  2. エイジングケアにもおすすめピーリング

ACCESS

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-11-27 Hiro Build 3F

JR川口駅 東口より徒歩3分

国際興行バス「川口駅東口」にてご降車下さい。

PAGE TOP