切迫早産を起こす原因! 切迫早産と診断された時の注意点と 治療方法【医師監修】

切迫早産を起こす原因

お母さんのお腹に新しい命が宿っても全てが出産に至らない事があります。 その代表的な症状に流産と早産があり、その一歩手前には切迫流産と切迫早産があります。 ここでは切迫早産の原因、そして切迫早産と診断された時の注意点と治療方法などをまとめました。

妊娠したけど・・・不安
NIPTを検討してみては?

妊娠したけど・・・不安
NIPTを検討してみては?

流産と早産の違い

お母さんが妊娠をした時に、妊娠37週0日から41週6日の間に出産する事を正期産と言います。

国によって定義が違う場合がありますが、日本では妊娠22週0日から36週6日の間の出産を早産と言い、妊娠21週6日(赤ちゃんがお母さんのお腹の外で生きていけない週数)までの出産を流産と言い、このように流産と早産は区別されています。

37週未満に生まれた赤ちゃんの事を早産児と呼び、出産時の赤ちゃんの体重を基準とした分類では2500g未満を低出生体重児、1500g未満を極低出生体重児、1000g未満を超低出生体重児と分類されています。

切迫流産とは?他の流産との違いや原因・兆候と予防法【医師監修】
切迫流産とは?他の流産との違いや原因・兆候と予防法【医師監修】
切迫流産は、流産になりかけている状態であり、進行してしまうと流産になってしまいます。切迫流産になる原因は、様々なものがありますがストレスと過...

早産と切迫早産

妊娠22週で生まれた赤ちゃんの体重は平均500g前後で、この場合NICU(新生児集中治療室)で長期間の治療が必要となります。

また、早い週数で生まれた赤ちゃんほど後に重篤な障がいが出現する可能性が高くなります。

だからこそ、赤ちゃんが早産で生まれない為には妊娠をしたら定期的な健康診断を受けて早期診断と予防をする事がとても重要です。

もし切迫早産と主治医に告げられた時は主治医の指示に従い、通院治療になるか入院治療が必要かをよく相談をして決めてください。

症状が軽く通院治療をする事に決まった時は家での過ごし方がとても大切になります。

主治医の説明をよく聞いて無理な運動や家事は出来るだけ避けて、安静にする事がとても大切です。 

切迫早産の症状

切迫早産の症状は、子宮収縮(お腹の張りや痛み)が規則的かつ頻回に起こります。

子宮口が開いて赤ちゃんが出てきそうな状態になります。

先に破水が起きる事もあり、または破水と子宮収縮が同時に起きる事もあります。

破水とは子宮内では赤ちゃんは羊水の中に居ますが、その羊水を包む膜が破れて羊水が流れ出る状態の事です。

破水が続くと細菌感染の危険もあり、陣痛が始まることもあります。

そして子宮内の羊水の量が減ると赤ちゃんが圧迫される原因となります。

早産や切迫早産が起きる原因

妊娠の約5%に早産が発生するとされています。

早産や切迫早産になってしまう原因には赤ちゃんとお母さんの両方にあり、それらが相互に関係しています。

過去に早産の経験があるお母さんはその後の妊娠でも早産になりやすいようです。

お母さんか胎児、もしくはその両方の状態が悪化した場合は人工的に早産をさせる場合があります。

原因としては妊娠高血圧症候群、前置胎盤、常位胎盤早期剥離などの理由で赤ちゃんがお母さんのお腹の中で生きていけない状態になった時に人工的に早産をさせる時があります。

子宮内感染

子宮内感染は、膣から子宮に細菌が入って起こります。

細菌に感染する事で子宮内に炎症を起こすと、絨毛膜羊膜炎になります。

その場合、破水や子宮の収縮(陣痛)を誘発する危険性が高まります。

また、性感染症も切迫早産の原因の一つです。

多胎妊娠

双子や三つ子などを妊娠した場合、子宮がより大きくなり早産に繋がる可能性が高いです。

多胎妊娠の分娩は赤ちゃんの障がいや生命の危険の確率が少し高くなると言われ、一部の施設では帝王切開による出産を行うところもあります。

高齢出産(35歳以上の出産)

近ごろ女性の社会進出が増えてきた事で晩婚化が進み、高齢出産の機会が増えています。

高齢女性の妊娠では卵子の老化により受精卵の染色体異常による赤ちゃんのダウン症の発生確率が高くなります。

もし赤ちゃんに染色体異常があった場合、流産・早産・死産などの可能性も高くなります。

その為にNIPT(新型出生前診断)を行い、母体の血液を採取してお腹の赤ちゃんの遺伝子を検査することを検討しても良いでしょう。

高齢出産のリスクとは ?【医師監修】
高齢出産のリスクとは ?【医師監修】
女性の社会進出に伴い、高齢妊娠と高齢出産はさほど珍しいことではなくなりました。しかし、どんなに医療が発展しても人体を形成する細胞の老化は防ぐ...

子宮頸管無力症

子宮頸管が開くのは一般的に陣痛の後ですが、陣痛が起こらずに子宮口が開く症状の事を子宮頸管無力症と言います。

こうなると陣痛より前に赤ちゃんが出てきてしまいます。

子宮の病気や異常

例えば、子宮頸がんや子宮筋腫などにより子宮の形に異常があると早産の原因になります。

また、円錐切除術という手術を受けたお母さんも早産になりやすい傾向があります。

ライフスタイルの乱れ

無理なダイエットによる痩せすぎや、妊娠中の喫煙などは赤ちゃんに十分な栄養が行かず胎児発育不全になる可能性があります。

そうなると羊水過多になりやすく陣痛より先に破水を起こす危険性があります。

過度なダイエットや喫煙は、妊娠中の赤ちゃんにとって大きなデメリットです。

これらの原因はお母さんが自覚する事で回避出来る事なので、後々後悔しないためにもこのような行為は妊娠前や妊娠中は避ける必要があります。

妊娠高血圧症候群

妊娠時に高血圧症を発症する事を妊娠高血圧症候群と言います。

また、妊娠前からの高血圧や、妊娠20週目までに発症した高血圧は高血圧合併妊娠と言います。

さらに、高血圧症を妊娠20週以降に発症すると妊娠高血圧症と言います。

この病気は妊娠している方の約1/20の割合で発症します。

妊娠34週未満での発症を早期型と言い重症化しやすいため注意する必要があります。

重症化するとお母さんはけいれん発作、脳出血、障害の危険性があり、最悪の場合は死に至る危険性があります。

妊娠高血圧症候群はお母さんと赤ちゃんの両方が大変危険な状態になる可能性があるので、特に注意が必要です。

妊娠高血圧症候群とは? 注意したいポイントをご説明します【医師監修】
妊娠高血圧症候群とは? 注意したいポイントをご説明します【医師監修】
妊娠高血圧症候群について、どのようなものであり具体的な症状は何なのか。また、予防するための効果的な手法などについて詳しくご説明したいと思いま...

切迫早産の注意点

赤ちゃんが出産予定より早く生まれてしまうと大変なリスクが伴います。

赤ちゃんが出産予定より早く生まれてしまうと臓器がまだ成熟していない為、頭蓋内出血や未熟児網膜症を起こす危険性があります。

成熟していない肺や腸への負担も大きくなってしまい、出産後に退院しても酸素が必要なケースや、脳性麻痺を起こす危険性もあります。

妊娠30週未満で生まれた時には特に注意が必要です。

また、早く生まれた赤ちゃんは体重もまだ軽く抵抗力も弱いので感染症を起こしやすくなります。

妊娠の早い段階で子宮収縮が頻回に発生し、それを放っておくと早く赤ちゃんが生まれる兆候に繋がります。

もし子宮収縮感の症状がある時は注意してください。

正常な妊娠の経過中にはほとんど出血する事はありません。

不正性器出血が有った時は子宮口が開きはじめている可能性があるので注意が必要となります。

出血により子宮内に血腫が出来ると感染症を起こす危険性が高まります。

また、膣内の細菌バランスが崩れるとおりものが多くなる事があります。

その場合には治療が必要となる場合があるので、かかりつけの産婦人科医師にご相談をしてください。

切迫早産の治療法

切迫早産の治療方法は、子宮口が開く事を抑える為に主に経口薬か点滴薬で子宮収縮制御剤を使用します。

細菌による膣内感染が原因の場合には抗生剤を使用する事もあります。

それほど子宮口が開いていない状態では外来通院での治療で良いのですが、子宮収縮が強く、子宮口の開大が進んでいる状態では安静が必要となり、入院して子宮収縮抑制剤の点滴治療を行います。 

早産で生まれた赤ちゃんの生存率

27週6日より前に生まれた赤ちゃんは、生きていく為に必要な器官がまだ完全に出来上がっていない為、NICU(新生児集中治療室)に入る必要があります。

28週0日から33週6日までに生まれた赤ちゃんも、出生直後はNICU(新生児集中治療室)での管理が必要となる場合が多く発生します。

赤ちゃんの生存率は在胎週数が大きく影響します。

在胎週数22週-23週では生存率66.1%、24週-25週では86.5%、26週-27週では94.0%、28週-29週では96.7%、30週-31週では97.5%と、在胎週数が長くなるほど赤ちゃんの生存率は上がります。

赤ちゃんが早産で生まれた場合『32週の壁』という言葉があります。

32週とは妊娠9ヶ月(32週~35週)の時期にあたり、この言葉の意味は早産で生まれた赤ちゃんは正期産で生まれた赤ちゃんの成長に追い付く期間の差の事です。

1歳の段階で追い付けるのは32週未満の場合21%、32週から37週未満の場合69%となるので同じ早産でも32週が一つのポイントとなります。

ヒロクリニックNIPTで分かる切迫早産リスク

切迫早産とは早産が差し迫ったことをいいます。下腹部の異常な張り感と腹痛や出血、場合によっては子宮口が開きかけて破水してしまうことも少なくありません。破水により羊水が減ることで、赤ちゃんが母体で圧迫されてしまうなど、非常に危険な状態といえるでしょう。

そして、切迫早産は適切な治療により子宮が安定し早産に至らない状態と、早産を避けられない状態に分けられます。

なんらかの原因により切迫早産が起こり、妊娠37週未満で出産を迎えた赤ちゃんを「早産児」と言います。本来であれば、まだお母さんのお腹の中で発育を続けるはずだった赤ちゃんは身体の機能が未熟な状態となります。

切迫早産や早産の原因はおもに、お母さんの年齢が非常に若い(若年妊娠)もしくは35歳以上の高齢妊娠といった母体の年齢と健康状態、胎盤の大きさや位置異常などが挙げられます。また、母体の問題だけでなく、赤ちゃんの先天性感染症や染色体異常症があるとされています。

ヒロクリニックNIPTはお母さんの血液を採取するだけで、赤ちゃんの染色体異常、つまり切迫早産のリスクを早期発見することができるNIPT(新型出生前診断)を行っております。

NIPT(出生前診断)とは
NIPT(出生前診断)とは
新型出生前診断(NIPT)とは、「お母さんから採血した血液から胎児の、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、1...

NIPT(新型出生前診断)とは

NIPT(新型出生前診断)とは、これまで行われてきた羊水検査や絨毛検査による出生前診断と比べ、お母さんと赤ちゃんにとって非常にリスクの少ない検査法といえるでしょう。

羊水検査や絨毛検査は、お母さんのお腹から注射針を挿入(絨毛検査は経腹法または経膣法)することで、羊水や絨毛組織にある赤ちゃんの染色体を採取していました。そのため腹膜炎や感染症、そして流産を引き起こすリスクがあるとされています。

一方、NIPT(新型出生前診断)は、お母さんの腕から採血を行うのみの検査法であることから、母体はもちろん、赤ちゃんへの影響ほほとんどないとされています。とてもシンプルな検査法ですが、NIPT(新型出生前診断)による検査精度は21トリソミー(ダウン症候群)に関しては感度96.5%、特異度99.99%となり、赤ちゃんの染色体異常症を高精度に検出すると言えるでしょう。

妊婦健診では染色体による切迫早産リスクは分からない

妊婦健診は正しい妊娠周期や、お母さんの健康と赤ちゃんの発育状態を調べる大切な検査です。赤ちゃんの心拍数や身体の向き(逆子など)、それぞれの妊娠週数に合わせた検査を行います。

妊婦健診には画像により、お腹の中の赤ちゃんの状態を確認できるエコー検査(超音波検査)も行われます。日本は世界で最も妊婦へのエコー検査を行う国と言われてますが、切迫早産の原因ともされる染色体異常症、または内臓機能などの異常は画像だけでは分かりません。これらのことから、赤ちゃんには妊婦健診によるエコー検査だけでは、見つけることの難しい先天的な疾患も多くあるといえるでしょう。

ヒロクリニックNIPTでは、これまで全国にある医院で多くのNIPT(新型出生前診断)を行ってきました。妊婦健診によるエコー検査では調べることのできない、赤ちゃんの染色体異常症や先天的疾患をしっかり調べることで、お母さんとそのご家族の知る権利に寄り添います。

NIPT(新型出生前診断)のメリット

NIPT(新型出生前診断)は、採血で行われるシンプルな検査であることのみがメリットではありません。赤ちゃんの染色体異常によって引き起こるリスクには、切迫早産や早産、そして切迫流産や流産などが挙げられます。また無事に出産を迎えても、先天性心疾患によって長期の治療必要とするケースも少なくないでしょう。

健やかな妊娠期間と出産を迎えるためにも、あらかじめ赤ちゃんのもつ染色体とそのリスクを知ることが大切です。ヒロクリニックNIPTで行うNIPT(新型出生前診断)は膨大なデータをもとにした様々なプランをご用意いたしました。

ヒロクリニックNIPTオリジナルのNIPT(新型出生前診断)プランは、常染色体1番から22番の中から知りたい染色体異常症をひとつ選ぶシンプルな検査も行っております。たとえば、21番目の染色体を選ぶことで、ダウン症候群のみを調べることが可能です。

もちろん、1番から22番すべての染色体異常症を調べたうえ、1・2・3・4・5・7・8・10・15・18・20・21番染色体全領域部分欠失の特定も行い、またそれ以外の領域および重複などを報告するフルセットプランもご用意があります。これは、10,000人以上のNIPT(新型出生前診断)を行ってきたヒロクリニックNIPTだからこそできる検査といえるでしょう。

NIPT(新型出生前診断)の検査時期

これまでの出生前診断である羊水検査は、羊水量が少ない妊娠早期には行うことができませんでした。そのため羊水検査は妊娠15〜16週以降とされています。一方、NIPT(新型出生前診断)は、妊娠10週0日から検査を行うことができます。

切迫早産のリスクは妊娠22週からとされていることから、早い時期に赤ちゃんの染色体を調べることで、多くのリスクを前もって知ることができると言えるでしょう。

NIPT(新型出生前診断)は何歳でも検査可能

ヒロクリニックNIPTによるNIPT(新型出生前診断)は、お母さんの年齢を問いません。一般的に「NIPT(新型出生前診断)高齢の妊婦さんが受ける検査」と誤認識されることが多々あります。しかし赤ちゃんの染色体異常症は、若齢の母体であってもリスクゼロとは言えないでしょう。健やかな妊娠期間と安全性の高い出産を迎えるためにも、年齢を問わずNIPT(新型出生前診断)を検討してはいかがでしょうか。

NIPT(新型出生前診断)に年齢制限はなく、妊娠10週0日以降であればどなたでも検査は可能です。しかしNIPT(新型出生前診断)の結果が万が一、陽性の場合に確定的診断である羊水検査を受ける予定があれば、妊娠14週までにNIPT(新型出生前診断)を行うと良いでしょう。

NIPT(新型出生前診断)で陽性といわれたら

NIPT(新型出生前診断)は非確定的検査となります。染色体異常症が確実にあるかどうかを調べるのではなく、陽性と陰性の確率を見る検査と言えるでしょう。これらのことから、ヒロクリニックNIPTによるNIPT(新型出生前診断)で万が一、陽性となった場合は染色体異常症を確実に判断するするために確定的検査である、羊水検査を行います。また、羊水検査には流産リスクがあるとされますが、その確率は「羊水検査0.3%」「絨毛検査1%」です。

羊水検査とは【医師監修】
羊水検査とは【医師監修】
NIPTは、遺伝子の量から染色体の数や全染色体領域部分欠失疾患をみる検査ですが、羊水検査は染色体そのものを羊水からみる検査です。...

ヒロクリニックNITPの互助会制度で羊水検査をフォロー

ヒロクリニックNIPTで行ったNIPT(新型出生前診断)により、もしも赤ちゃんの染色体異常症が見つかった場合、お母さんは心の負担だけでなく羊水検査費用も重くのしかかります。羊水検査は保険適用外のため、その費用は約10〜20万円とされ、非常に高額な検査と言えるでしょう。

ヒロクリニックNIPTでは、お母さんの負担を少しでも軽減することができればと互助会制度を設けております。ヒロクリニックNIPTの互助会費は3000円(非課税)となり、最大20万円(税込)の羊水検査費用を補助をいたします。NIPT(新型出生前診断)や羊水検査、そして互助会についてはヒロクリニックNIPTのスタッフまで、何でもご相談ください。

まとめ 

赤ちゃんの染色体異常症により切迫早産、そして早産を引き起こすリスクが高まるとされています。また赤ちゃんがお腹の中にいた期間が短い、出生体重が少ないことにより、心臓・中枢神経系・眼・消化管・肺・代謝障害や感染性合併症など、様々な合併症の確率が上昇すると言えるでしょう。

もちろん、これらの合併症は治療や赤ちゃんの発育とともに消失するケースもあります。一方、長期の入院が必要となったり何らかの器官機能障害が残ってしまうことも少なくありません。

ヒロクリニックNIPTでは産婦人科専門医の医学的見地と、膨大なデータにより構築された独自のNIPT(新型出生前診断)を行っております。大切な赤ちゃんの染色体を知り、健やかな出産の日を迎えるために、お母さんとご家族が今できることを一緒に考えていきましょう。

出産前にダウン症・性別を診断

【参考文献】

お母さんのお腹に新しい命が宿っても全てが出産に至らない事があります。 その代表的な症状に流産と早産があり、その一歩手前には切迫流産と切迫早産があります。 ここでは切迫早産の原因、そして切迫早産と診断された時の注意点と治療方法などをまとめました。

NIPTについて詳しく見る

NIPTについて詳しく見る

記事の監修者

川野 俊昭先生

川野 俊昭先生

ヒロクリニック博多駅前院 院長
日本産科婦人科学会専門医

産婦人科医として25年以上、主に九州で妊婦さんや出産に向き合ってきた。経験を活かしてヒロクリニック博多駅前院の院長としてNIPT(新型出生前診断)をより一般的な検査へと牽引すべく日々啓発に努めている。

略歴

1995年 九州大学 医学部卒業
1995年 九州厚生年金病院 産婦人科
1996年 九州大学医学部付属病院 産婦人科
1996年 佐世保共済病院 産婦人科
1997年 大分市郡医師会立アルメイダ病院 産婦人科
1998年 宮崎県立宮崎病院 産婦人科 副医長
2003年 慈恵病院 産婦人科 医長
2007年 日本赤十字社熊本健康管理センター診療部 副部長
2018年 桜十字福岡病院 婦人科
2020年 ヒロクリニック博多駅前院 院長

資格

日本産科婦人科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本スポーツ協会公認 スポーツドクター
厚生労働省認定臨床研修指導医
日本抗加齢医学会専門医

関連記事

  1. 子宮筋腫とはどんな病気?
  2. 子宮外妊娠とは?

    子宮外妊娠とは?原因や症状について解説し…

    2021.08.10

    • 妊婦健康診査

    • 不安

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 妊娠初期

    • 妊婦健診

  3. 妊娠高血圧症候群とは

    妊娠高血圧症候群とは? 注意したいポイン…

    2021.08.03

    • 不安

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 気を付けること

    • 症状

  4. 妊娠糖尿病

    妊娠糖尿病とは?健診で指摘されてしまった…

    2020.04.21

    • 妊婦健診

    • 気を付けること

    • 症状

  5. 妊娠中の不安
  6. 妊婦が感じている不安

    妊婦が感じている不安【医師監修】

    2020.01.21

    • 不安

    • 妊娠中

    • 気を付けること

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP