受精から着床まで。妊娠超初期の知りたい!を解説【医師監修】

受精から着床まで。妊娠超初期の知りたい!を解説

受精から着床までの妊娠超初期に、女性の体にはさまざまな変化が起きています。頭痛や眠気など、普段からよくみられる症状のため気づかない女性も少なくありません。妊娠超初期にあらわれる症状に気を付けられるようにわかりやすく解説します。

ダウン症はお腹にいるうちに
わかるってご存じですか

ダウン症はお腹にいるうちに
わかるってご存じですか

ダウン症は生まれる前にわかりますか?

妊娠超初期は、いつからいつまで?

妊娠超初期は妊娠2週~3週目をさしています。目安は、最終月経から妊娠が成立するまで、受精から着床までの時期です。「妊娠超初期」という医学用語はありません。けれども、赤ちゃんの成長・発達にとても重要な時期で、体の変化に気付く女性も多いため注目すべき時期なのです。

妊娠期間とは?週数と出産予定日の正しい計算方法【医師監修】
妊娠期間とは?週数と出産予定日の正しい計算方法【医師監修】
間違いやすい妊娠週数と出産予定日を正しく理解し、安全で不安のない妊娠・出産を行うためのサポート情報(出産予定日が一目で分かるカレンダー付)...

妊娠超初期のQuestion1. 受精とは?

妊娠超初期をあらわす重要なキーワードが2つあります。それは、受精と着床です。まずは、受精についてくわしく解説していきます。

受精の時期はいつ?

受精の時期は、最後の生理から2週間程度あとの排卵後に、異性との性行為で精子と卵子が受精したタイミングです。

受精すると女性の体に起こる変化

 受精すると女性の身体は変化しています。それは、気付かない人もいるような、ちょっとした症状や体調の変化です。どのような変化が起きるかを知っておくことで、妊娠の兆候に早く気付き、体調に注意できます。ここでは、受精後に自覚しやすい代表的な3つの体の変化を紹介します。

 腰痛

受精すると腰痛を感じやすくなります。女性ホルモンのバランスが変化する影響で、子宮内膜の状態が変わるからです。受精卵が着床するために、子宮内膜は厚く柔らかくなっていきます。その変化を、腰の違和感や腰痛として感じる方がいます。この変化は、生理のときとあまり変わらない症状のため、気付かない人も少なくありません。

 頭痛

受精により変化した女性ホルモンの影響で、頭痛を自覚することがあります。女性ホルモンの1つであるプロゲステロンには、血管を広げる作用があります。脳の血管が広がると、脳の神経を刺激するため頭痛を起こすことがあるのです。ホルモンバランスの変化で感じる頭痛は、普段とかわらない程度のものから、薬を飲むほどの痛みまでさまざまです。

 眠気

受精すると、眠気を感じる女性も少なくありません。女性ホルモンのバランスが変化し、プロゲステロンというホルモンが増えます。プロゲステロンには以下の働きがあります。

  • 妊娠を継続させる
  • 体温を上げる
  • 眠気を強くする

その結果、眠気を感じやすくなるのです。

「しっかり眠っているのに、なんだかいつもより眠い」というときには、妊娠している可能性があるのです。

妊娠超初期 授精

妊娠超初期のQuestion2.着床とは?

 精子と卵子は受精したあと、1週間~10日位の期間をかけて子宮にだどりつきます。
子宮にたどりついた受精卵が、子宮内膜にくっつくことを「着床」といいます。

着床の時期の時期はいつ?

最終生理から2週間程度で排卵がおきます。その後性交し、受精した受精卵は、1週間~10日間をかけて着床します。着床の目安は妊娠3週目前後です。

着床時期に女性の体に起こる変化

受精だけでなく、着床時期の女性の体にもさまざまな変化がおこります。ここでは、着床の時期にみられる特徴的な体の変化を解説します。    

腰痛

受精のあとだけでなく、着床時期にも腰痛を感じることがあります。着床すると受精卵が発育するため、子宮内膜が変化し腰痛を感じることがあります。

さらに、着床するとリラキシンというホルモンが分泌されます。リラキシンは出産に向けて、骨盤の周りを柔らかくする働きをもつホルモンです。リラキシンの影響で、妊娠超初期にも腰痛がみられることがあるのです。
着床時期にみられる痛みを着床痛といいます。その中でも腰痛はよくみられる症状で、着床腰痛と呼ばれることがあります。

おりもの

おりものは、エストロゲンというホルモンの分泌にあわせて量や性状がかわります。受精するとエストロゲンの量が増え、おりものの量が増えやすくなります。さらに、着床時期にはおりものの性状が変化します。その理由は、着床により膣のpHが変わるためです。おりものがさらさらしたり、ねばねばしたりといつもと違うことを実感することがあります。

着床出血

着床のあとに起きやすい症状に「着床出血」があります。
受精卵が子宮内膜にくっつく時に、子宮内膜が傷ついてしまうことがあります。そのため1~2日前後という短い期間だけ、出血がみられることがあるのです。
着床出血を自覚する人は4人に1人のため、着床出血のみられないこともあります。

基礎体温の変化

基礎体温を測っている人は、基礎体温の変化がいつもと違うことで、受精・着床に気付くかもしれません。
普段は生理3~4日前から体温が低下し、生理がおこります。しかし着床していると、高体温が続き生理が遅れます。生理開始予定日を過ぎても、高体温が続いている場合は妊娠の可能性が高くなるのです。

月経がこない

いちばんの決定的な症状は、生理が来ないということでしょう。普段規則正しく生理が来ている人は、生理開始予定日から1週間程度遅れても生理が始まらない場合に、受精・着床している可能性がとても高くなります。

そのほかにも、生理前に快便だった人が妊娠すると便秘になりやすかったり、いつもと何か違うような、ちょっとした体調の変化が現れることがあるため、注意しましょう。

妊娠超初期 着床時期に女性の体に起こる変化

妊娠超初期のQuestion3.妊娠の決定的な症状とは?

妊娠超初期にはさまざまな症状があらわれます。
なかでも、妊娠の決定的な症状は「生理がこない」ということです。
生理開始予定日よりも1週間程度遅れている場合には、妊娠検査薬のチェックをおすすめします。

妊娠検査薬の正しい使い方と適切なタイミングとは【医師監修】
妊娠検査薬の正しい使い方と適切なタイミングとは【医師監修】
生理が遅れている、体調に変化を感じるなど妊娠を予感した際、産婦人科を受診するまえに手に取りたいのが妊娠検査薬です。この記事では妊娠検査薬の仕...

妊娠超初期のQuestion4.超初期症状と生理の見分け方

妊娠超初期には現れる症状の中で、着床出血は「生理がきたのかもしれない」と思われる人も少なくありません。
着床出血は妊娠3~4週目の、生理開始予定日と同じくらいにみられる症状です。
妊娠超初期症状にみられる着床出血と、生理を見分けるポイントは以下になります。ぜひ、参考にしてください。

着床出血生理
日数1~2日数日~1週間
うすいピンク、茶色の血液、真っ赤赤~暗赤色
少量1日30ml 大さじ2杯程度
そのほかの特徴おりものにまざっている血の塊がでることがある

受精から着床が、おりものの状態でわかるって本当?

 妊娠超初期には、女性ホルモンが変化します。その結果、おりものが増えたり、おりものの色や臭いが変わりやすくなります。ここでは受精から着床にみられる、特徴的なおりものの状態について解説します。

おりものの量

普段はおりものが出ないという方でも、おりものがでることがあります。けれども個人差がおおきく、量が変わらない・減ったという人もいます。

おりものの色

妊娠超初期はおりものがいつもより水っぽくサラッとした状態になったり、半透明だった色が乳白色や黄色っぽく変化したりすることがあります。おりものの色も個人差があるので、変化を自覚しない人もいます。

おりものの臭い

酸っぱいようなニオイがすることもあります。ただ、この変化には個人差があり、妊娠してもおりものの量が変わらない、減ったという人、状態もむしろ粘りの強いものになったという人もいます。

妊娠超初期に、体と心が出す様々なサイン

妊娠超初期には体と心に、さまざまなサインがあらわれます。その多くは、月経前症候群(PMS)と似た症状です。ここでは妊娠超初期にみられる、さまざまなサインを簡単にまとめました。「妊娠したかもしれない?」と思ったときは、これらの症状がないかチェックしてみましょう。

  • おりものの量が増えた、色が変わった
  • ごく少量の出血がある
  • 下腹部が痛い、お腹が張る
  • 眠気を感じる、急に眠くなる
  • 食欲がなくなる、食欲がありすぎる
  • においに敏感になる
  • めまいやふらつきがある
  • 熱っぽい、体がほてるかんじがする
  • わけもなくイライラする、気分が落ち込む
  • 便秘がちになる
  • 胸が張る、乳頭がチクチクする

妊娠超初期に気をつけること

妊娠超初期の症状に気付いたら、赤ちゃんの成長・発達に影響を与えないようにしたいですよね。妊娠超初期には、以下ことに気をつけましょう。

  • タバコ・お酒をやめる
  • 薬・サプリメントを飲むときは医師に相談する
  • カフェインはやめる
  • レントゲンはさける
  • バランスの良い食生活を心がける
  • 感染症にかからないようにする

また、過度の疲れ・ストレスは妊娠前、妊娠中でも避けたいところです。できるだけ余裕を持って生活できるようにしましょう。

妊娠が分かったら

「生理がこない」「妊娠超初期のような症状がある」など、妊娠かもしれないと感じたら妊娠検査薬でチェックしましょう。

妊娠検査薬の反応があるのは妊娠4週頃以降のため、妊娠超初期には陽性反応が出ない場合がほとんどです。妊娠検査薬で反応が出るのは、女性ホルモンの量と検査する時期に左右されますので、一喜一憂しないことも大切です。

症状や妊娠検査薬で妊娠がわかったら、最後の生理がはじまった日から5週~6週初めくらいに産婦人科を受診しましょう。妊娠後にNIPT(新型出生前診断)や羊水検査などを検討している方は、検査の適切なタイミングを逃さないためにも、適切な時期に妊娠検査薬でチェックすることをおすすめしています。

NIPT(新型出生前診断)の適切な時期とは どこで検査できる?【医師監修】
NIPT(新型出生前診断)の適切な時期とは どこで検査できる?【医師監修】
お腹の中にいる赤ちゃんにDNAの問題がないかを調べるNIPT(新型出生前診断)。しかし、いつ検査を受ければ良いのかわからない方も多いと思いま...

まとめ

妊娠超初期に感じるさまざまなサインは「まったく感じなかった」という人もいるくらい、軽い症状になることもあります。
症状がないから妊娠していなかったというわけではありません。生理が遅れている、なんだかいつもより体調がすぐれない時には、妊娠検査薬でチェックしてみましょう。

適切なタイミングで妊娠が判明することで、計画的にNIPT(新型出生前診断や羊水検査をおこなうことができます。計画的にNIPT(新型出生前診断や羊水検査が行えると、ママにも赤ちゃんにも負担がすくなくなります。

妊娠したらNIPTを受けたいと考えている方は、適切な検査時期にヒロクリニック NIPTの受診をご検討ください。

NIPT(出生前診断)とは
NIPT(出生前診断)とは
新型出生前診断(NIPT)とは、「お母さんから採血した血液から胎児の、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、1...

受精から着床までの妊娠超初期に、女性の体にはさまざまな変化が起きています。頭痛や眠気など、普段からよくみられる症状のため気づかない女性も少なくありません。妊娠超初期にあらわれる症状に気を付けられるようにわかりやすく解説します。

NIPTについて詳しく見る

NIPTについて詳しく見る

記事の監修者

川野 俊昭先生

川野 俊昭先生

ヒロクリニック博多駅前院 院長
日本産科婦人科学会専門医

産婦人科医として25年以上、主に九州で妊婦さんや出産に向き合ってきた。経験を活かしてヒロクリニック博多駅前院の院長としてNIPT(新型出生前診断)をより一般的な検査へと牽引すべく日々啓発に努めている。

略歴

1995年 九州大学 医学部卒業
1995年 九州厚生年金病院 産婦人科
1996年 九州大学医学部付属病院 産婦人科
1996年 佐世保共済病院 産婦人科
1997年 大分市郡医師会立アルメイダ病院 産婦人科
1998年 宮崎県立宮崎病院 産婦人科 副医長
2003年 慈恵病院 産婦人科 医長
2007年 日本赤十字社熊本健康管理センター診療部 副部長
2018年 桜十字福岡病院 婦人科
2020年 ヒロクリニック博多駅前院 院長

資格

日本産科婦人科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本スポーツ協会公認 スポーツドクター
厚生労働省認定臨床研修指導医
日本抗加齢医学会専門医

関連記事

  1. NEW 双子の不思議
  2. NEW 妊婦のコロナワクチン接種は安全?
  3. 母子手帳(赤ちゃん手帳)はいつもらえる?

    母子手帳(赤ちゃん手帳)はいつもらえる?…

    2021.11.22

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 妊娠初期

    • 届け出

  4. 帝王切開のメリット・デメリットとは?2人目以降の出産についても詳しく解説
  5. 安心して安定期を過ごす9のポイント
  6. 妊娠中に食べた方が良いもの

    妊娠中に食べた方が良いもの・気をつけたい…

    2020.05.22

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 妊娠中

    • 気を付けること

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP