妊娠期間とは?週数と出産予定日の正しい計算方法【医師監修】

妊娠期間

間違いやすい妊娠週数と出産予定日を正しく理解し、安全で不安のない妊娠・出産を行うためのサポート情報(出産予定日が一目で分かるカレンダー付)

胎児の性別は
10週目でわかります

胎児の性別は
10週目でわかります

胎児の性別は10週目でわかる

間違いやすい妊娠週数と出産日はどうやって把握する?

妊娠が発覚したらまず気になるのが、今何ヶ月、何週目かということはではないでしょうか?

同時に出産予定日がいつなのかもはっきり知りたいところですよね。

日本では、昔から妊娠週数を十月十日(とつきとおか)と計算する慣わしがあるのをご存じの方も多いと思います。

しかし、例えば出産予定日が10月10日の場合、妊娠が1月1日かというとそうではありません。

実際の妊娠から出産予定日までの期間は10ヶ月と10日日ではなく、280日(40週0日)が標準的な日数と考えられています。

今回は『なぜ出産予定日の計算に誤りが生じやすいのか』『間違えにくい妊娠週数と出産日の計算方法』をお伝えしていきます。

妊娠週数を計算する上で重要な『月経後胎齢』と『月経周期』

受精後胎齢と月経後胎齢

妊娠週数を計算する考え方には『受精後胎齢』と『月経後胎齢』という2つがあります。

受精後胎齢とは、受精した日を妊娠期間1日目として計算、満日数・満週数で表す方法です。

これに対し月経後胎齢は、妊娠期間をいつからカウントするかと言うと、最終月経の開始日です。

最後の生理が始まった日を0日と数え、満日数・満週数で表します。

また『受精後胎齢』は『月経後胎齢』から2週引くことで表せます。

受精日や、受精卵が着床した日にちを正確に特定することが難しいため、現在の日本ではアメリカなどと同様、一般的に『月経後胎齢』の計算方法が採用されています。

妊娠週数を計算する上で重要な『月経後胎齢』と『月経周期』

月経周期

今妊娠何ヶ月、何週目かを数える上で重要なのが『月経周期』です。

月経周期には個人差があるのですが、一般的に28日と言われ、さらに25日以上38日以内であれば正常の範囲内とされています。

『月経後胎齢』の数え方による妊娠期間は、最終の生理開始日から28日を1ヶ月と数え、280日(10ヶ月)と考えます。

例えば妊娠前の最後の月経が4月1日に始まった場合、出産予定日は280日後の翌年1月6日ということになります。

しかしながら、先ほどもお伝えした通り、月経周期には個人差があるため、ここにずれが生じてきます。

最終月経が4月1日の場合で言えば、25日周期の方は出産予定日が1月3日、32日周期では1月10日です。

また、普段月経周期が28日の方でも、体調やストレスなどで仮に排卵日が1週間ずれれば、ずれた日にちに伴い出産日は280日後ではなく早まったり遅れたりします。

280日(40週0日)=月経周期28日の方の妊娠期間

上記のことから、日本で現在標準的な妊娠期間である280日(40週0日)とは、月経周期28日の人の妊娠期間である事が分かります。

人工授精・体外受精の場合の出産予定日は?

人工授精や体外受精では、母体からの採卵日や胚移植日を2週目0日と考え、266日後を出産日として計算します。

その場合においても、発育状況、状態により当初の出産予定日が変わることも考えられます。

ネーゲレ概算法

月経周期が28日の方が、最終月経開始日から赤ちゃんが生まれる予定日を簡単に予測できる計算法が『ネーゲレ概算法』です。

ネーゲレの概算法は最終生理が始まった月日を下記の式に当てはめる事で、出産予定日を計算する方法です。

出産予定月=最終生理のあった月-3(引けない時は9を足します)

出産予定日=最終生理の始まった日+7

最終生理が始まった日が1月5日の場合、出産予定日は10月(1+9)12日(5+7)

最終生理が始まった日が11月10日の場合、出産予定日は8月(11-3)17日(10+7)になり、妊娠期間は11月10日を0週0日として40週(280日)後の8月17日までということになります。

覚えておきたい出産までの流れとは?【医師監修】
覚えておきたい出産までの流れとは?【医師監修】
初めての妊娠・出産に不安を抱えていませんか?出産ま...

分娩週数の実際

37~39週で出産する人が全体の約61%

最終月経開始日から出産日までの標準を40週とする妊娠期間ですが、実際は40週で出産される方は全体の20%にも満たないようです。

下記は2021年6月に発表された公益社団法人 日本産科婦人科学会 周産期委員会「報告 分娩週数の分布」に基づき作成した分娩週数の一覧表です。

分娩週数件数全体における割合(%)

22~34

14,934

6.4

35

6,107

2.6

36

10,923

4.7

37

33,053

14.1

38

54,386

23.3

39

53,316

22.8

40

45,376

19.4

41

15,322

6.6

42~

351

0.15

御覧頂くと分かる通り、実際は38週で出産される方の割合が23.3%と最も多く、37週~39週と40週より前に出産される方が全体の約61%となっています。

また、40週を過ぎて出産される方も7%近くおり、40週はあくまで目安であり、ご自身の排卵日、月経周期を把握しておく事がより正確な出産予定日・妊娠期間の計算の基本となると言えます。

正期産・早産・過期産

出産は、妊娠期間のどの段階で分娩に至ったかにより正期産、早産、過期産に分けられます。

  • 【正期産】37週0日~41週6日までの間の出産。胎児の発育は充分であり、この時期であれば、いつ出産しても出生後の発育に支障がないと考えられます。
  • 【早産】22週0日~36週6日の間の出産。胎児の発育が未発達である可能性があり、出生後に免疫機能や体温の調節機能が充分に働かないために、感染や罹患の恐れがあります。
  • 【過期産】妊娠42週0日以降の出産。胎盤の機能の低下の恐れや、巨大児になってしまうことや、胎児が肺に無菌の便を吸い込んで呼吸困難を起こす胎便吸引症候群のリスクが高まる恐れがあります。

出産予定日は【妊娠12週までに】確定する

妊娠発覚時の出産予定日は、月経周期の把握が曖昧であったり、周期自体が不順であるなど、妊娠週数が進むに従って変わることも少なくありません。

多くの場合、妊娠8~11週に超音波検査で胎児頭殿長(胎児の頭の先からお尻までの長さ)を測り、出産予定日を予測していきます。

妊娠12週までには出産予定日が確定します。

週数と出産予定日の正しい計算方法

妊娠期間と妊娠検査薬・NIPT(新型出生前診断)について

妊娠は精子と排卵された卵子が出会い、受精卵となり、着床するという3つの段階を経て起こります。

この3つの流れは総じて「受胎」と呼ばれています。

10ヶ月の妊娠期間は経過月数3ヶ月ごとに下記区分で分けられます。

  • 【妊娠初期】13週6日まで…性交後に受精が成立すると、受精卵は約7日程度で着床します。4~12週の間に赤ちゃんの内臓・臓器が形成されます。
  • 【妊娠中期】14週0日〜27週6日…安定期と言われる時期です。お腹のふくらみがはっきりと分かる大きさになり、周囲からも妊婦さんだと認識されます。頻繁に胎動を感じるようになります。
  • 【妊娠後期】28週~…後期になると、赤ちゃんの基本的な身体や機能が整い、いつ生まれてもおかしくない状況になります。一般的に臨月と呼ばれるのも後期36週以降です。

この時期には「妊娠糖尿病」の症状が起こるリスクが上がるため、食事の管理など注意が必要です。

また、胎盤が正常よりも低い位置にあり、子宮の出口を覆っていたりする「前置胎盤」の確定診断も後期31週頃までに行われます。

前置胎盤の場合、帝王切開となることがほとんどです。

妊娠検査薬はいつから使える?

月経開始予定日の1週間後から使用が可能です。

それ以前の検査薬の使用で陽性が出ることもありますが、妊娠以外の原因によってもまれに陽性反応が出ることがある(フライング検査)ため、使用時期を守り利用しましょう。

陽性反応が出た場合、できるだけ早く婦人科を受診するようにしましょう。

NIPT(新型出生前診断)

出生前診断は、妊婦の血液を検査し、赤ちゃんのDNAに異常がないかを確認するものです。

出生前の赤ちゃんの健康状態を検査・把握することで、出生前の段階で治療(薬の投与)を行ったり、出産後すぐに治療を開始する準備を行うことができます。

昔は「高齢出産」と言われた年齢での初産も現代では普通になり、十分な準備を整え出産を迎えるために、出生前診断を希望される方が増えています。

NIPT(新型出生前診断)は妊娠10週より可能です。

この検査は非常に精度の高いものではありますが、確定診断するには、その後羊水検査が必要となります。羊水検査は妊娠15週以降から可能です。

NIPT(新型出生前診断)とはどういう検査?
NIPT(新型出生前診断)とはどういう検査?
新型出生前診断(NIPT)とは、「お母さんから採血...

出産予定日を誤って計算しやすい例

性交した日または受精した日を0週0日と数えてしまう

出産予定日を誤って計算するケースとしてたびたび見られるのが、妊娠0週0日=性交した日や受精した日と認識しているものです。

受精した日がいつであるかを把握することは難しいため、普段から基礎体温や体調、月経周期を記録しておくことで管理しやすい最終月経開始日を妊娠0週0日ととらえるのです。

月経不順や基礎体温の管理不足により月経周期の認識が曖昧

最終月経開始日を妊娠0週0日とする事は知っていても、月経不順や体調・基礎体温の管理が不足しているなどして、月経周期の把握が曖昧な場合、出産予定日に誤差が生じる事が多くあります。

より正確な出産予定日を知ること、出生前診断を希望する場合は、母子ともに負担のない時期を選ぶためにも、妊娠時期以前からの健康管理は非常に重要です。

出産予定日をカレンダーで確認

ここまで、間違いやすい出産予定日、妊娠期間を正しく計算するための情報をお伝えしてきました。

では、最後に出産予定日を一覧にした分かりやすいカレンダーを掲載します。

最終月経開始日をベースにしております。出産予定日から最終月経日を逆算し、おおよその排卵日を計算することも可能です。

各最終月経開始日の下に、対応する出産予定日を掲載しております。

月経周期28日バージョンですので、あなたの月経周期に合わせ、日にちをプラス・マイナスしてみて下さいね。

最終月経開始日が1月の場合

最終月経
開始日
1月1日1月2日1月3日1月4日1月5日1月6日1月7日1月8日1月9日1月10日
出産
予定日
10月8日10月9日10月10日10月11日10月12日10月13日10月14日10月15日10月16日10月17日
最終月経
開始日
1月11日1月12日1月13日1月14日1月15日1月16日1月17日1月18日1月19日1月20日
出産
予定日
10月18日10月19日10月20日10月21日10月22日10月23日10月24日10月25日10月26日10月27日
最終月経
開始日
1月21日1月22日1月23日1月24日1月25日1月26日1月27日1月28日1月29日1月30日
出産
予定日
10月28日10月29日10月30日10月31日11月1日11月2日11月3日11月4日11月5日11月6日
最終月経
開始日
1月31日         
出産
予定日
11月7日         

最終月経開始日が2月の場合

最終月経
開始日
2月1日2月2日2月3日2月4日2月5日2月6日2月7日2月8日2月9日2月10日
出産
予定日
11月8日11月9日11月10日11月11日11月12日11月13日11月14日11月15日11月16日11月17日
最終月経
開始日
2月11日2月12日2月13日2月14日2月15日2月16日2月17日2月18日2月19日2月20日
出産
予定日
11月18日11月19日11月20日11月21日11月22日11月23日11月24日11月25日11月26日11月27日
最終月経
開始日
2月21日2月22日2月23日2月24日2月25日2月26日2月27日2月28日
出産
予定日
11月28日11月29日11月30日12月1日12月2日12月3日12月4日12月5日

最終月経開始日が3月の場合

最終月経
開始日
3月1日3月2日3月3日3月4日3月5日3月6日3月7日3月8日3月9日3月10日
出産
予定日
12月6日12月7日12月8日12月9日12月10日12月11日12月12日12月13日12月14日12月15日
最終月経
開始日
3月11日3月12日3月13日3月14日3月15日3月16日3月17日3月18日3月19日3月20日
出産
予定日
12月16日12月17日12月18日12月19日12月20日12月21日12月22日12月23日12月24日12月25日
最終月経
開始日
3月21日3月22日3月23日3月24日3月25日3月26日3月27日3月28日3月29日3月30日
出産
予定日
12月26日12月27日12月28日12月29日12月30日12月31日翌1月1日翌1月2日翌1月3日翌1月4日
最終月経
開始日
3月31日         
出産
予定日
翌1月5日         

最終月経開始日が4月の場合

最終月経
開始日
4月1日4月2日4月3日4月4日4月5日4月6日4月7日4月8日4月9日4月10日
出産
予定日
翌1月6日翌1月7日翌1月8日翌1月9日翌1月10日翌1月11日翌1月12日翌1月13日翌1月14日翌1月15日
最終月経
開始日
4月11日4月12日4月13日4月14日4月15日4月16日4月17日4月18日4月19日4月20日
出産
予定日
翌1月16日翌1月17日翌1月18日翌1月19日翌1月20日翌1月21日翌1月22日翌1月23日翌1月24日翌1月25日
最終月経
開始日
4月21日4月22日4月23日4月24日4月25日4月26日4月27日4月28日4月29日4月30日
出産
予定日
翌1月26日翌1月27日翌1月28日翌1月29日翌1月30日翌1月31日翌2月1日翌2月2日翌2月3日翌2月4日

最終月経開始日が5月の場合

最終月経
開始日
5月1日5月2日5月3日5月4日5月5日5月6日5月7日5月8日5月9日5月10日
出産
予定日
翌2月5日翌2月6日翌2月7日翌2月8日翌2月9日翌2月10日翌2月11日翌2月12日翌2月13日翌2月14日
最終月経
開始日
5月11日5月12日5月13日5月14日5月15日5月16日5月17日5月18日5月19日5月20日
出産
予定日
翌2月15日翌2月16日翌2月17日翌2月18日翌2月19日翌2月20日翌2月21日翌2月22日翌2月23日翌2月24日
最終月経
開始日
5月21日5月22日5月23日5月24日5月25日5月26日5月27日5月28日5月29日5月30日
出産
予定日
翌2月25日翌2月26日翌2月27日翌2月28日翌3月1日翌3月2日翌3月3日翌3月4日翌3月5日翌3月6日
最終月経
開始日
5月31日         
出産
予定日
翌3月7日         

最終月経開始日が6月の場合

最終月経
開始日
6月1日6月2日6月3日6月4日6月5日6月6日6月7日6月8日6月9日6月10日
出産
予定日
翌3月8日翌3月9日翌3月10日翌3月11日翌3月12日翌3月13日翌3月14日翌3月15日翌3月16日翌3月17日
最終月経
開始日
6月11日6月12日6月13日6月14日6月15日6月16日6月17日6月18日6月19日6月20日
出産
予定日
翌3月18日翌3月19日翌3月20日翌3月21日翌3月22日翌3月23日翌3月24日翌3月25日翌3月26日翌3月27日
最終月経
開始日
6月21日6月22日6月23日6月24日6月25日6月26日6月27日6月28日6月29日6月30日
出産
予定日
翌3月28日翌3月29日翌3月30日翌3月31日翌4月1日翌4月2日翌4月3日翌4月4日翌4月5日翌4月6日

最終月経開始日が7月の場合

最終月経
開始日
7月1日7月2日7月3日7月4日7月5日7月6日7月7日7月8日7月9日7月10日
出産
予定日
翌4月7日翌4月8日翌4月9日翌4月10日翌4月11日翌4月12日翌4月13日翌4月14日翌4月15日翌4月16日
最終月経
開始日
7月11日7月12日7月13日7月14日7月15日7月16日7月17日7月18日7月19日7月20日
出産
予定日
翌4月17日翌4月18日翌4月19日翌4月20日翌4月21日翌4月22日翌4月23日翌4月24日翌4月25日翌4月26日
最終月経
開始日
7月21日7月22日7月23日7月24日7月25日7月26日7月27日7月28日7月29日7月30日
出産
予定日
翌4月27日翌4月28日翌4月29日翌4月30日翌5月1日翌5月2日翌5月3日翌5月4日翌5月5日翌5月6日
最終月経
開始日
7月31日         
出産
予定日
翌5月7日         

最終月経開始日が8月の場合

最終月経
開始日
8月1日8月2日8月3日8月4日8月5日8月6日8月7日8月8日8月9日8月10日
出産
予定日
翌5月8日翌5月9日翌5月10日翌5月11日翌5月12日翌5月13日翌5月14日翌5月15日翌5月16日翌5月17日
最終月経
開始日
8月11日8月12日8月13日8月14日8月15日8月16日8月17日8月18日8月19日8月20日
出産
予定日
翌5月18日翌5月19日翌5月20日翌5月21日翌5月22日翌5月23日翌5月24日翌5月25日翌5月26日翌5月27日
最終月経
開始日
8月21日8月22日8月23日8月24日8月25日8月26日8月27日8月28日8月29日8月30日
出産
予定日
翌5月28日翌5月29日翌5月30日翌5月31日翌6月1日翌6月2日翌6月3日翌6月4日翌6月5日翌6月6日
最終月経
開始日
8月31日         
出産
予定日
翌6月7日         

最終月経開始日が9月の場合

最終月経
開始日
9月1日9月2日9月3日9月4日9月5日9月6日9月7日9月8日9月9日9月10日
出産
予定日
翌6月8日翌6月9日翌6月10日翌6月11日翌6月12日翌6月13日翌6月14日翌6月15日翌6月16日翌6月17日
最終月経
開始日
9月11日9月12日9月13日9月14日9月15日9月16日9月17日9月18日9月19日9月20日
出産
予定日
翌6月18日翌6月19日翌6月20日翌6月21日翌6月22日翌6月23日翌6月24日翌6月25日翌6月26日翌6月27日
最終月経
開始日
9月21日9月22日9月23日9月24日9月25日9月26日9月27日9月28日9月29日9月30日
出産
予定日
翌6月28日翌6月29日翌6月30日翌7月1日翌7月2日翌7月3日翌7月4日翌7月5日翌7月6日翌7月7日

最終月経開始日が10月の場合

最終月経
開始日
10月1日10月2日10月3日10月4日10月5日10月6日10月7日10月8日10月9日10月10日
出産
予定日
翌7月8日翌7月9日翌7月10日翌7月11日翌7月12日翌7月13日翌7月14日翌7月15日翌7月16日翌7月17日
最終月経
開始日
10月11日10月12日10月13日10月14日10月15日10月16日10月17日10月18日10月19日10月20日
出産
予定日
翌7月18日翌7月19日翌7月20日翌7月21日翌7月22日翌7月23日翌7月24日翌7月25日翌7月26日翌7月27日
最終月経
開始日
10月21日10月22日10月23日10月24日10月25日10月26日10月27日10月28日10月29日10月30日
出産
予定日
翌7月28日翌7月29日翌7月30日翌7月31日翌8月1日翌8月2日翌8月3日翌8月4日翌8月5日翌8月6日
最終月経
開始日
10月31日         
出産
予定日
翌8月7日         

最終月経開始日が11月の場合

最終月経
開始日
11月1日11月2日11月3日11月4日11月5日11月6日11月7日11月8日11月9日11月10日
出産
予定日
翌8月8日翌8月9日翌8月10日翌8月11日翌8月12日翌8月13日翌8月14日翌8月15日翌8月16日翌8月17日
最終月経
開始日
11月11日11月12日11月13日11月14日11月15日11月16日11月17日11月18日11月19日11月20日
出産
予定日
翌8月18日翌8月19日翌8月20日翌8月21日翌8月22日翌8月23日翌8月24日翌8月25日翌8月26日翌8月27日
最終月経
開始日
11月21日11月22日11月23日11月24日11月25日11月26日11月27日11月28日11月29日11月30日
出産
予定日
翌8月28日翌8月29日翌8月30日翌8月31日翌9月1日翌9月2日翌9月3日翌9月4日翌9月5日翌9月6日

最終月経開始日が12月の場合

最終月経
開始日
12月1日12月2日12月3日12月4日12月5日12月6日12月7日12月8日12月9日12月10日
出産
予定日
翌9月7日翌9月8日翌9月9日翌9月10日翌9月11日翌9月12日翌9月13日翌9月14日翌9月15日翌9月16日
最終月経
開始日
12月11日12月12日12月13日12月14日12月15日12月16日12月17日12月18日12月19日12月20日
出産
予定日
翌9月17日翌9月18日翌9月19日翌9月20日翌9月21日翌9月22日翌9月23日翌9月24日翌9月25日翌9月26日
最終月経
開始日
12月21日12月22日12月23日12月24日12月25日12月26日12月27日12月28日12月29日12月30日
出産
予定日
翌9月27日翌9月28日翌9月29日翌9月30日翌10月1日翌10月2日翌10月3日翌10月4日翌10月5日翌10月6日
最終月経
開始日
12月31日         
出産
予定日
翌10月7日         

【参考文献】

間違いやすい妊娠週数と出産予定日を正しく理解し、安全で不安のない妊娠・出産を行うためのサポート情報(出産予定日が一目で分かるカレンダー付)

NIPT(新型出生前診断)について詳しく見る

NIPT(新型出生前診断)について詳しく見る

記事の監修者

白男川 邦彦先生

白男川 邦彦先生

ヒロクリニック名古屋駅前院 院長
日本産科婦人科学会専門医

産婦人科専門医として40年近くにわたる豊富な経験を持ち、多くの妊婦さんとかかわる。
現在はヒロクリニック名古屋駅前院の院長としてNIPTの検査担当医を行う一方、全国のヒロクリニック各院からのオンラインで妊婦さんの相談にも乗っている。

経歴

1982年 愛知医科大学付属病院
1987年 鹿児島大学附属病院 産婦人科
1993年 白男川クリニック 院長
2011年 かば記念病院
2019年 岡本石井病院
2020年 ヒロクリニック名古屋駅前院 院長

プロフィールページはこちら

関連記事

  1. 妊活中の食べ物は妊娠に影響する?
  2. 妊娠したかも?やるべきことリスト
  3. 妊娠線の予防法
  4. 妊娠中の働き方
  5. 高齢出産のリスク

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP