出生前検査の結果はいつわかる?早くわかるNIPT(新型出生前診断)とは?【医師監修】

NIPTの検査結果はいつ分かる?

妊娠中に赤ちゃんのことを調べることができる出生前診断。それぞれの検査で結果がいつわかるのかご紹介し、その中でも早く結果を知ることができるNIPT(新型出生前診断)について詳しくご説明いたします。

妊娠15週目までの方はまだ間に合います
気になるNIPTの費用について

妊娠15週目までの方はまだ間に合います
気になるNIPTの費用について

妊娠18週目までの方はまだ間に合います

はじめに

子どもを妊娠してとても楽しみな反面、健康に育っているか、何か障害がないか心配になる方も多いのではないでしょうか?また、赤ちゃんの性別が気になってしまう方も多いと思います。

今回の記事では、そんな時に妊娠中にできる検査とその結果がいつわかるかについて解説いたします。

NIPT(出生前診断)とは
NIPT(出生前診断)とは
新型出生前診断(NIPT)とは、「お母さんから採血した血液から胎児の、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、1...

出生前検査の結果はいつわかるか

妊娠中にできる検査は数種類あります。それぞれ検査できる内容や結果がわかる時期が異なりますので、ご説明いたします。

妊婦検診の結果はいつわかるか

妊婦検診では赤ちゃんの様子を初期のうちは経膣エコー、妊娠中期以降は経腹エコーで調べます。結果は検診中にわかるものですが、エコーで診るため他の検査に比べ精度は十分ではありません。

羊水検査の結果はいつわかるか

羊水検査は、子宮から採取した羊水を使って行う検査で、妊娠15週以降に検査可能です。羊水を採取したら、胎児の細胞を増やすために2週間ほど培養する必要があります。その後検査を行うことになるので、結果が出るまで早くても3週間程度かかります。

羊水検査とは【医師監修】
羊水検査とは【医師監修】
NIPTは、遺伝子の量から染色体の数や全染色体領域部分欠失疾患をみる検査ですが、羊水検査は染色体そのものを羊水からみる検査です。...

NIPT(新型出生前診断)の検査結果はいつわかるか

NIPT(新型出生前診断)は母親から採取した血液を使って21トリソミー(ダウン症)、18トリソミー、13トリソミーなどの染色体異常の疑いがないかを調べる検査です。母親の血液で検査をするため安全に行うことができるうえ、ほかの非確定的検査と比べて陽性・陰性の的中率が高いのが特徴です。

NIPT(新型出生前診断)の多くは海外の検査機関で検査を行うため、結果が出るまでに5~10日ほどかかります。実際に結果を聞くのは2週間後になることも多いでしょう。

NIPT(新型出生前診断)病院による違い

一般的に結果を聞くまで2週間ほどかかるNIPT(新型出生前診断)ですが、国内の検査機関で検査を行い、結果を早く出してくれる病院もあります。

ヒロクリニックNIPTでは通常、採血から1週間程度で結果をお送りしております。 

東京衛生検査所について
東京衛生検査所について
無認可施設でも国内検査が可能になりました。検査結果が早く出て国内ですべて完結。ヒロクリニックNIPTは安心を届けます。...

NIPT(新型出生前診断)には年齢制限がある

病院によっては年齢制限がある

安全で、精度も高いNIPT(新型出生前診断)ですが、認可施設では対象者が「出産予定日時点で35歳以上」と定められています。(染色体異常を有する可能性が高い場合、出産既往歴がある場合等には制限は設けられません)

NIPTにはなぜ年齢制限があるのか

大きな理由として、母親の年齢が上がるにつれ、染色体異常の発生率が上がることがあげられます。特に35歳を境に一気に高くなることから、35歳以上を区切りとしていると考えられます。  

年齢制限のない認可外施設

一方、認可外施設にはNIPT(新型出生前診断)の年齢制限がありません。35歳未満でリスクが低いと言われても、心配になる場合があると思います。その場合は認可外施設でNIPT(新型出生前診断)を受けることができるのでご安心ください。

ヒロクリニックNIPTの費用・特徴
ヒロクリニックNIPTの費用・特徴
ヒロクリニックNIPTは、NIPTの専門集団です。検査結果をより早くほしいと希望しているいる妊婦の皆様、21番トリソミーのみを調べたい妊婦様...

NIPT(新型出生前診断)はいつから始まった?

NIPT(新型出生前診断)いつから始まったのか

そもそもNIPT(新型出生前診断)はどのような検査なのでしょうか?これまでの歴史をみていきましょう。

NIPT(新型出生前診断)が導入される以前は出生前診断というと、超音波検査、絨毛検査、羊水検査、母体血清マーカー検査(クアトロテスト)でした。

1997年に母親の血漿内に胎児由来のDNAが存在することが明らかとなり研究が進められ、母親の血液で染色体異常を調べることができるNIPT(新型出生前診断)ができるようになりました。

NIPT(新型出生前診断)日本ではいつから始まったのか

日本では2013年4月にNIPT(新型出生前診断)が導入されました。

NIPT(新型出生前診断)と従来の出生前診断の違い

ではNIPT(新型出生前診断)と従来の出生前診断ではどのような違いがあるのでしょうか?

まず超音波検査ですが、妊婦検診で行うように腹部にプローブという器具をあてて画像で判断を行うものです。流産などのリスクがないのがメリットですが、精度があまり高くありません。

超音波検査で異常が見つかった場合、他の検査で詳しく調べることになるケースが多いでしょう。

絨毛検査は妊娠早期の胎盤から絨毛を採取し、染色体の形や数を調べる検査です。

確定的検査であるため、正しく検査できれば染色体異常の有無を確定することができますが、絨毛を採取するため、流産・死産のリスクが1%ほどあります。

羊水検査は母体の羊水を採取し、その中にある胎児の細胞を調べる検査です。確定的検査のため、正しく検査できれば染色体異常の有無を確定することができます。しかし、腹部を針でさして羊水を採取するため、感染症が起きる可能性があり、流産のリスクが0.3%ほどあるとされています。

母体血清マーカー検査(クアトロテスト)は、母親の血清中のマーカーを測定することで、胎児に染色体異常がある確率を算出する検査です。精度は70~80%ほどになります。

NIPT(新型出生前診断)は母親の血液内にある胎児由来のDNAを調べる検査です。血液を採取するだけなので、絨毛検査・羊水検査のような流産リスクはありません。また、感度99.9%、特異度99.90%と、精度も非常に高いのが特徴です。

感度…出産後に陽性であった人のうち検査が陽性であった確率

特異度…出産後に陰性であった人のうち検査が陰性であった確率

絨毛検査って何?絨毛検査の検査方法・費用・羊水検査との違いを解説 【医師監修】
絨毛検査って何?絨毛検査の検査方法・費用・羊水検査との違いを解説 【医師監修】
絨毛検査とは出生前診断の一つです。胎盤の一部である絨毛組織から細胞を採取して赤ちゃんの染色体異常症や、先天的な病気を妊娠中に調べることができ...

NIPT(新型出生前診断)で 性別がわかる 確率は?

NIPT(新型出生前診断)はリスクがなく、染色体異常についても高い確率でわかる検査ということがわかりました。では妊婦さんなら誰もが気になる性別についてはどうなのでしょうか?

NIPT(新型出生前診断)は胎児由来のDNAで検査を行うため、赤ちゃんの性別も判断することができます。

NIPT(新型出生前診断)で性別はいつわかるか

通常超音波検査では妊娠5か月ごろ(妊娠16週~)に性別がわかることが多いと言われています。

一方NIPT(新型出生前診断)は妊娠10週から検査ができます。検査結果を早く出してくれる病院であれば11週に性別を知ることも可能です。

NIPT(新型出生前診断)の 性別判定の精度は高いのか

NIPT(新型出生前診断)ではどのくらいの確率で性別が判定できるのでしょうか。NIPT(新型出生前診断)では胎児由来のDNAで調べるため、99%とかなり高い確率で性別を判断することができます。

出生前に性別が分かることのメリット

このようにNIPT(新型出生前診断)を行えば、従来より早くに性別を知ることも可能です。性別を早く知ることができれば、名前を考えたり、出産後の準備をしたりするのも早く始めることができます。何より「男の子かな~女の子かな~」とあれこれ考えてしまう時間を短縮できることもメリットですね。

遺伝病のリスクを無視しないで~赤ちゃんの性別を検査しましょう【医師監修】
遺伝病のリスクを無視しないで~赤ちゃんの性別を検査しましょう【医師監修】
なぜ、赤ちゃんの性別を生まれる前に知る必要があるのでしょうか?その理由をX-linked recessive inheritance(伴性劣...

NIPT(新型出生前診断)を受ける場合に注意しておきたいこと

出生前診断は多くの人が安心するために受けようと思うものかと思います。しかし、低い確率ではありますが、異常が見つかる恐れがあるのです。

そういった時に慌てないよう、異常が見つかった場合どうするかをあらかじめ決めてから検査を受けるようにしましょう。

まとめ

出生前検査についてお伝えしました。従来の出生前検査は、精度が低かったり、リスクがあったりするものでしたが、NIPT(新型出生前診断)を選択することでそのデメリットを補うことができます。

染色体異常がないかを調べたい、赤ちゃんの性別を早めに知りたい方は検査結果を早く知ることができるヒロクリニックNIPTをぜひご検討ください。

NIPT(出生前診断)とは
NIPT(出生前診断)とは
新型出生前診断(NIPT)とは、「お母さんから採血した血液から胎児の、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、1...

【参考文献】

妊娠中に赤ちゃんのことを調べることができる出生前診断。それぞれの検査で結果がいつわかるのかご紹介し、その中でも早く結果を知ることができるNIPT(新型出生前診断)について詳しくご説明いたします。

羊水検査について詳しく見る

羊水検査について詳しく見る

記事の監修者

川野 俊昭先生

川野 俊昭先生

ヒロクリニック博多駅前院 院長
日本産科婦人科学会専門医

産婦人科医として25年以上、主に九州で妊婦さんや出産に向き合ってきた。経験を活かしてヒロクリニック博多駅前院の院長としてNIPT(新型出生前診断)をより一般的な検査へと牽引すべく日々啓発に努めている。

略歴

1995年 九州大学 医学部卒業
1995年 九州厚生年金病院 産婦人科
1996年 九州大学医学部付属病院 産婦人科
1996年 佐世保共済病院 産婦人科
1997年 大分市郡医師会立アルメイダ病院 産婦人科
1998年 宮崎県立宮崎病院 産婦人科 副医長
2003年 慈恵病院 産婦人科 医長
2007年 日本赤十字社熊本健康管理センター診療部 副部長
2018年 桜十字福岡病院 婦人科
2020年 ヒロクリニック博多駅前院 院長

資格

日本産科婦人科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本スポーツ協会公認 スポーツドクター
厚生労働省認定臨床研修指導医
日本抗加齢医学会専門医

関連記事

  1. NEW トリプルX症候群(トリソミーX)

    トリプルX症候群(トリソミーX)で、あな…

    2021.12.03

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 妊娠中

    • 遺伝子疾患

    • 遺伝子

  2. NEW NIPT(新型出生前診断)検査結果の見方と注意点

    陽性?陰性?偽陰性?NIPT(新型出生前…

    2021.11.16

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 出生前診断

    • 妊娠中

    • 遺伝子疾患

    • 遺伝子

  3. NEW NIPT(新型出生前診断)の適切な時期

    NIPT(新型出生前診断)の適切な時期と…

    2021.11.12

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 出生前診断

    • 妊娠中

    • 遺伝子

  4. NEW NIPT認可施設と認可外施設

    NIPT認可施設と認可外施設のメリット・…

    2021.11.09

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 妊娠中

    • 遺伝子疾患

    • 遺伝子

  5. モノソミーとは

    モノソミーとは~赤ちゃんの幸せを願うあな…

    2021.11.02

    • 全常染色体全領域部分重複疾患

    • 全常染色体全領域部分欠失疾患

    • NIPT(新型出生前診断)

    • ダウン症(21トリソミー)

    • 出生前診断

    • 遺伝子疾患

    • 遺伝子

  6. img-gender-judgment-nipt

    性別判定ができるNIPT(新型出生前診断…

    2021.10.08

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 出生前診断

    • 妊娠中

    • 羊水検査

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP