子宮外妊娠とは?原因や症状について解説します【医師監修】

子宮外妊娠とは?

子宮外妊娠は異所性妊娠とも呼ばれており、様々な原因でなり得る病気です。自分が発症したら大変ショックではありますが、次も妊娠できるのか気になりますよね。今回の記事では、子宮外妊娠の原因や症状について解説します。

妊娠したけど・・・不安
NIPTを検討してみては?

妊娠したけど・・・不安
NIPTを検討してみては?

出産前にダウン症・性別を診断

子宮外妊娠とは?

子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)とは異所性妊娠とも呼ばれており、子宮以外の場所に受精卵が着床してしまう病気です。

胎児は子宮以外で正常に成長することはできないので、子宮以外に着床すれば異所性妊娠になります。

卵管で発症するケースが最も多く、他にも卵巣や腹腔、子宮頸管にも着床することもあり、全妊娠数の1%程度で発症すると言われています。

たとえ妊娠検査薬が陽性反応を示していたとしても、超音波検査で子宮内に胎のうが発見できない場合は子宮外妊娠の可能性があるでしょう。

特に卵管に着床した場合、最終的に卵管が破裂して大量出血を伴う危険性があります。

いずれにしても早期発見が必要不可欠なので、定期的に検査を受ける必要性があるでしょう。

子宮外妊娠になる原因

子宮外妊娠を発症する原因は、以下のような原因が考えられます。

  • 卵管の炎症
  • 卵管が奇形になっている
  • 体外受精をした
  • 胚移植をした
  • 過去に子宮外妊娠をした経験がある
  • 過去に受けた帝王切開の傷跡に受精卵が着床してしまった
  • 子宮内避妊器具を施用している

本来であれば受精卵が卵管を移動して子宮内膜に着床します。

しかし、卵管の癒着や狭窄などの炎症が起きている場合、通りが悪くなるので卵管に着床してしまうのです。

奇形になっている場合も同じく通りが悪いため、子宮外妊娠になりやすくなるでしょう。

卵管が炎症を起こしてしまうのは、男性との性行為が原因でクラミジアによる性感染症や一般細菌による感染などが原因として考えられます。

過去に体外受精、胚移植、子宮外妊娠、帝王切開をしたことがある場合も発症することもあります。

特に過去に子宮外妊娠になったことがある人は、約10%の確率で再発する可能性があるので注意が必要です。

また、体外受精や胚移植をしたことがある場合は、子宮内膜に着床するタイミングがズレたり、子宮の収縮が弱かったりするので子宮外妊娠になりやすくなります。

子宮外妊娠の症状

仮に発症していた場合、腹痛や性器出血が見られることがあります。

しかし、基礎体温が上がったり乳房が張ったり、イライラしやすくなったり、つわりが来たりと正常な妊娠と症状は何ら変わりません。

このように人によっては兆候や自覚症状がないこともあるので、異変を感じていなくても産婦人科で検査を受けてもらうのがおすすめです。

本来赤ちゃんが成長できるはずがない環境下で成長してしまうため、卵管が破裂してしまうといった重篤な症状が現れる危険性があります。

大量出血による出血性ショック症状によって母親に命の危険性が及ぶ可能性があるため、早期発見ができるように妊娠5週目~6週目に検査を受けましょう。

早期発見ができれば早期治療が可能になるので、次に妊娠・出産できる可能性が高くなるかもしれません。

子宮外妊娠の検査方法

子宮外妊娠を発症しているといつわかるのか気になる人も多いでしょう。

早期発見するためにも、まずは早期の検査が必要です。

子宮外妊娠は、以下の検査方法で判断します。

エコー検査

エコー検査によって子宮内に黒い胎のうが見えれば正常に妊娠している証拠です。

早めにエコー検査を受けることで判明すると思う人もいるかもしれませんが、妊娠4週前半で検査を行っても胎のうが見られることはほとんどありません。

それならいつから検査を受ければいいのかというと、エコー検査を受けるなら4週後半~5週前半がおすすめです。

しかし、妊娠5週目で胎のうが見えない場合は、妊娠初期か子宮外妊娠の可能性があるので、細かく検査を受けることが大切です。

もしも子宮以外の場所で胎児が発見されれば発症していることが確定します。

もちろん早期発見ができればそのまま治療に移るので安心できるでしょう。

HCG検査

HCG検査とは胎盤性蛋白ホルモンを測定する血液検査の一つです。

胎盤性蛋白ホルモンとは妊娠初期に胎盤から分泌されるホルモンであり、この検査によって3000(IU/L)以上の値が出ているにも関わらず子宮内に胎のうが見えない場合は子宮外妊娠を発症している可能性が高いでしょう。

妊娠検査

妊娠検査は問診で検査していくものですが、月経周期や最後に生理が来た日の確認や尿検査、触診や内診で検査をしていきます。

これだけで疑うのは難しいため、上記2種の検査も合わせて翁いましょう。

子宮外妊娠の治療法とは?

もしも子宮外妊娠だと判明したら、早々に治療を受ける必要性があります。

着床した場所によっては自然排出されて自然治癒することもありますが、自分の命に関わることなので、医師と相談しながら以下の治療を受けましょう。

手術

もしも判明した時、一般的に手術による中絶が行われます。

手術方法は開腹手術によって修復ができない部分と胎児、胎盤を切除していくのが一般的です。

ですが、母体への影響を鑑みて腹腔鏡下手術を行うケースもあります。

卵管に着床していた場合は卵管を切除する卵管切除術を行っていきますが、その後に妊娠できるように卵管を温存しておく卵管温存手術を行うこともあります。

ただ、卵管温存手術は卵管を安全に温存しておける状態か、主治医の判断で十分に検討する必要性があるでしょう。

術後は摘出した組織を詳しく調べながら経過を見ていきます。

薬物療法

手術なしで治療を行いたいなら、薬物療法による治療を受ける方法があります。

ただ、薬物療法で治療を受ける場合はメトトレキサートという抗がん剤を投与することになります。

この薬物は子宮外妊娠の組織を縮小させて消滅させることが可能です。

ただし、薬物療法は妊娠初期のみと限られた時期にしか選ぶことができず、薬物療法でもどうにもならなかった時は手術に切り替えることもあります。

手術によるダメージを心配する必要性がないとはいえ、抗がん剤なので他の組織にダメージを与えることを考慮して選択する必要性があるでしょう。

子宮外妊娠になっても妊娠はできる?

次に気になるのは、その後に妊娠できる確率はあるのかどうかです。

ですが、結論から言えば卵管や他の着床箇所の状態が悪くなければ次に妊娠できるリスクは十分にあります。

たとえ卵管を切除したとしても片方の卵管が残っていれば問題ありません。

しかし、残った卵管に炎症などの問題が起きている可能性が少なからずあるので、一度検査を受けてから妊娠できるかどうか聞いてみましょう。

卵管の状態が悪かったら体外受精を行う方法があるとはいえ、体外受精は子宮外妊娠を繰り返す確率が上がるので注意しなければなりません。

まとめ

子宮外妊娠は女性にとって大変ショックを受ける病気です。

様々な原因が考えられるとはいえ、そのままでは赤ちゃんを産むことができませんし、早期治療を行わなければ母体の命にも関わってきます。

原因はどうであれ、手術か薬物療法を行うことで治療が受けられるので医師と相談しながら最善の選択をしましょう。

損傷がひどい状態以外を除けば妊娠できない身体になるわけではないため、諦めずに次の妊娠に向けて前向きに考えるのがおすすめです。

また、子宮外妊娠以外の病気が心配なら、お腹にいる赤ちゃんの状態を調べられる新型出生前診断のNIPT(新型出生前診断)がおすすめです。

NIPT(新型出生前診断)なら事前の検査を受けることで問題がないか診断できるので、心配な人は是非ともNIPT(新型出生前診断)を受けてみてはいかがでしょうか。

NIPT(出生前診断)とは
NIPT(出生前診断)とは
新型出生前診断(NIPT)とは、「お母さんから採血した血液から胎児の、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、1...

子宮外妊娠は異所性妊娠とも呼ばれており、様々な原因でなり得る病気です。自分が発症したら大変ショックではありますが、次も妊娠できるのか気になりますよね。今回の記事では、子宮外妊娠の原因や症状について解説します。

NIPTについて詳しく見る

NIPTについて詳しく見る

記事の監修者

川野 俊昭先生

川野 俊昭先生

ヒロクリニック博多駅前院 院長
日本産科婦人科学会専門医

産婦人科医として25年以上、主に九州で妊婦さんや出産に向き合ってきた。経験を活かしてヒロクリニック博多駅前院の院長としてNIPT(新型出生前診断)をより一般的な検査へと牽引すべく日々啓発に努めている。

略歴

1995年 九州大学 医学部卒業
1995年 九州厚生年金病院 産婦人科
1996年 九州大学医学部付属病院 産婦人科
1996年 佐世保共済病院 産婦人科
1997年 大分市郡医師会立アルメイダ病院 産婦人科
1998年 宮崎県立宮崎病院 産婦人科 副医長
2003年 慈恵病院 産婦人科 医長
2007年 日本赤十字社熊本健康管理センター診療部 副部長
2018年 桜十字福岡病院 婦人科
2020年 ヒロクリニック博多駅前院 院長

資格

日本産科婦人科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本スポーツ協会公認 スポーツドクター
厚生労働省認定臨床研修指導医
日本抗加齢医学会専門医

関連記事

  1. 子宮筋腫とはどんな病気?
  2. 妊娠高血圧症候群とは

    妊娠高血圧症候群とは? 注意したいポイン…

    2021.08.03

    • 不安

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 気を付けること

    • 症状

  3. 切迫早産を起こす原因

    切迫早産を起こす原因! 切迫早産と診断さ…

    2021.07.30

    • 不安

    • 妊娠中

    • 気を付けること

    • 症状

  4. 妊娠糖尿病

    妊娠糖尿病とは?健診で指摘されてしまった…

    2020.04.21

    • 妊婦健診

    • 気を付けること

    • 症状

  5. 妊娠中の不安
  6. 妊婦が感じている不安

    妊婦が感じている不安【医師監修】

    2020.01.21

    • 不安

    • 妊娠中

    • 気を付けること

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP