帝王切開のメリット・デメリットとは?2人目以降の出産についても詳しく解説【医師監修】

帝王切開のメリット・デメリットとは?

自分が出産のときに帝王切開となったら、不安に感じる方もいるでしょう。しかし、帝王切開は母親と赤ちゃんが安全に出産するため、状況によっては欠かせません。本記事では帝王切開のメリット・デメリット、2人目以降の出産などについて解説します。

ダウン症はお腹にいるうちに
わかるってご存じですか

ダウン症はお腹にいるうちに
わかるってご存じですか

ダウン症は生まれる前にわかりますか?

帝王切開とはどんな出産方法?

帝王切開は産道といわれる母体の通路を通って生まれる経膣分娩とは異なり、母親のお腹と子宮を切り開いて分娩する出産方法です。語源となるドイツ語からカイザーというクリニックもあります。

帝王切開はそれほど頻繁には行われない出産方法だと、思う方も多いかもしれません。しかし、厚生労働省が2017年に報告したデータによると、帝王切開で出産した人の割合は一般病院で出産した人の25.8%と報告されています。つまり、出産した人の約4人に1人が、帝王切開で出産しているということです。1990年の割合が11.2%であったことを考えると、約30年で2倍以上にも増加しています。

増加した理由としては、医療技術の進歩によって母子へのリスクが軽減したことや、ケースによっては普通の出産よりも安全に行えるとわかってきたからです。

このように現在では、帝王切開で出産するのは珍しくありません。

帝王切開の種類

帝王切開には「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

予定帝王切開

予定帝王切開は事前に予定日を決めておき、予定日になったら行います。あらかじめ日にちが決まっているため、本人や家族などの心の準備や予定が立てやすいことがメリットです。

次の状態が適応となります。

  • 逆子
  • 多胎妊娠(2人以上同時に妊娠すること)
  • 前置胎盤(胎盤が通常よりも低い位置にあり、子宮口を塞いでしまっている状態)
  • 以前に帝王切開の経験がある場合
  • 母親に脳や心臓などの持病がある場合 など

上記の状態以外にも医師が帝王切開が適切であると判断したときには、適応となることがあります。

緊急帝王切開

緊急帝王切開は経膣分娩による出産中に、緊急で行われる帝王切開です。

下記のような状態が適応となります。

  • 分娩遷延
  • 臍帯脱出(赤ちゃんより先に臍帯が膣を通過した状態)
  • 胎児仮死
  • 常位胎盤早期剥離
  • 重度の妊娠高血圧症候群 など

それぞれ適応は異なりますが、手術の流れは同様です。

帝王切開の手術方法

手術方法には文字どおり、腹部を縦に切開する「縦切開」と横に切開する「横切開」があります。それぞれ特徴が異なるため、詳しく確認していきましょう。

縦切開

縦切開はへその下あたりから下方向に10㎝ほど縦に切開する方法です。

お腹の筋肉の繊維は縦に走行しているため、筋肉の損傷が少なく、術後の回復も早いというメリットがあります。また、赤ちゃんの娩出が比較的容易な手術方法です。

ただし、お腹を縦に10㎝ほど切開するため、傷跡が目立ちやすく、創部が瘢痕化してしまう可能性があります。

横切開

横切開はお腹の下部を横方向に10㎝ほど切開する方法です。

下着に隠れるくらいの部位で切開するため、傷跡が目立ちにくく、審美的な観点から好まれています。しかし、横切開は縦切開よりも娩出に時間がかかってしまうことや、術後の痛みがやや強いことなどがデメリットです。

また、横切開は筋肉や臓器の癒着が生じやすいとされています。癒着しても特に症状がないときもありますが、腹痛や次回以降の妊娠に影響を与えてしまう可能性があるのです。

いずれの手術方法でも切開後、子宮の切開部は縫合糸で縫合されます。溶けて吸収される吸収糸で縫合された場合には、抜糸の必要がありません。また、腹部の切開部は縫合糸や医療用のホチキスで縫合されます。

覚えておきたい出産までの流れとは?【医師監修】
覚えておきたい出産までの流れとは?【医師監修】
初めての妊娠・出産に不安を抱えていませんか?出産までの流れがわかると、慌てることなく安心して出産の日を迎えることができます。赤ちゃんが誕生す...

帝王切開のメリット・デメリット

帝王切開はお腹にメスをいれる分娩方法です。術後も含め、多くのお母さんが不安に思うことでしょう。しかし、母体や赤ちゃんの状態によっては緊急に帝王切開を行うケースも少なくありません。

この記事では帝王切開による分娩のメリットとデメリット、そして術後の状態などを詳しく解説いたします。

帝王切開のメリット

帝王切開を行うメリットは下記のとおりです。

  • 母子ともに出産時のリスクを減らせる
  • 陣痛を感じない
  • 出産時間が短い
  • 出産の予定が事前に決められている

帝王切開は母体、もしくは胎児に何らかのリスクがある場合に行われる分娩法です。逆子、多胎児などの分娩に多く行われます。また、メスを使用して腹部を切り開く、いわゆる開腹手術であるため、手術中は麻酔をかけた状態となります。つまり、出産時に陣痛を感じることがありません。

さらに、出産に要する時間も経膣分娩の場合であれば、数時間かかることもありますが、帝王切開であれば長くとも1時間ほどで娩出します。

予定帝王切開は行う日が決められているので、本人やご家族を含めた関係者が予定を立てやすいというメリットもあるでしょう。

帝王切開のデメリット

帝王切開によって生じるデメリットは下記のとおりです。

  • 術後合併症リスク
  • 手術による痛み
  • 帝王切開部位の傷跡

腹部や子宮を切開するため、手術をしたことによる術後の合併症が生じるリスクがあります。生じる可能性がある術後合併症は、血管が血栓(血の塊)で塞がれてしまう血栓症や、切開した組織や臓器がくっついてしまう癒着などが挙げられます。

以前に比べて、医療の進歩や術後の対応などにより発生するリスクは軽減していますが、合併症のリスクがゼロではないことを知っておきましょう。また、手術後に帝王切開部位に痛みが生じたり、傷跡が残ってしまったりします。

帝王切開の痛みは術後、麻酔が切れてから2〜3日続くことが多いですが、鎮痛薬で痛みをコントロールすることが可能です。しかし数週間たっても痛みが治まらない、または縫合部位に膿が生じたなどの異変を感じた際は、すぐに医師に相談しましょう。

1人目が帝王切開の場合、2人目も帝王切開をしなければならない?

1人目を帝王切開で出産したあとに2人目を妊娠した場合は、帝王切開での出産が推奨されています。なぜなら、傷跡が分娩中に開くことにより、子宮破裂を発症するリスクがあるからです。

帝王切開による出産経験がある人が、経膣分娩で出産するときには子宮破裂が発生する確率は0.2〜0.7%との報告があります。この確率は一般的な出産によって、子宮破裂が生じる確率の0.1%未満を上回る数値です。ただし、手術方法が子宮の下部を横方向に切開した場合であれば、リスクは低いとも報告されています。

そのため、母体の状態によっては1回目を帝王切開で出産しても、2回目で経膣分娩による出産ができないわけではありません。しかし、過去に帝王切開の経験がある人が、経膣分娩で出産するときの成功率は約60〜80%という報告があります。2人目の出産を経膣分娩で希望する場合は、リスクを理解して医師に相談してみましょう。

また、一度、帝王切開で出産したあとに、2人目の妊娠はいつぐらいを目安にすれば良いか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。通常、傷跡が塞がるまで次の妊娠を控えた方が良いとされています。なぜなら、傷跡が塞がる前に妊娠してしまうと傷口が開いてしまう可能性があるからです。そのため、目安として1年くらい期間をあけた方が良いとされています。

ただし、2014年に報告された論文によると、妊娠間隔が1年未満だったときに流産や早産との関連はなかったと報告されています。必ずしも1年以上経過しないと2人目の妊娠ができないわけではありませんが、一部リスクが生じる可能性があるため、医師と相談しましょう。

帝王切開後の傷跡はどうなる?

帝王切開後の傷跡がどうなるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

一般的には傷跡は徐々に薄くなり、目立たなくなっていきます。術後から3日程度は手術した部位に炎症が生じているため、痛みが最も強く感じられる時期です。その後、帝王切開部位の痛みが治まりやがて傷跡を修復するため、細胞が増殖します。この細胞が増殖する時期になると、傷跡部分が赤くなったり、かゆみを感じたりすることがあるでしょう。

さらに時間が経過すると傷跡のかゆみが消失し、段々と肌に近い色になって、傷跡が目立たなくなります。このように時間経過とともに、徐々に目立たなくなっていくでしょう。

しかし、なかには傷跡が赤くなったり、盛り上がったりする「肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)」やケロイドになって傷跡が残ってしまう可能性があります。肥厚性瘢痕やケロイドを予防するためには、傷跡をケアすることが重要です。傷跡に刺激が与えないよう注意し、専用のテープや塗り薬などで傷跡のケアを行います。

それでも傷跡が目立って残ってしまった場合には、レーザー治療や手術で傷跡を目立たなくさせるといった方法もあるので、必ずしも傷跡が残るわけではないことを知っておきましょう。

NIPT(新型出生前診断)で分かる胎児の疾患リスク

NIPT(新型出生前診断)とは、母体血液によって、胎児の染色体異常症および先天性疾患などの陽性リスクを調べる検査のことです。これまでの出生前診断である羊水検査や、絨毛検査のように、母体に注射針を刺したり経膣より絨毛組織の採取を行うことがないため、母体と胎児への侵襲(ダメージ)が非常に少ない検査法とされています。

NIPT(新型出生前診断)とは

NIPT(新型出生前診断)は、妊娠周期10週0日より検査を行うことが可能です。お母さんの腕から10mlの血液を採取し、そこに含まれる赤ちゃんの染色体の断片からダウン症候群(21トリソミー)・エドワーズ症候群(18トリソミー)・パトウ症候群(13トリソミー)などの染色体異常を調べることができます。なおヒロクリニックNIPTでは、一般的にあまり行われない染色体全領域を調べるNIPTを行っているため、赤ちゃんの健康状態をより詳細に確認することが可能です。

NIPT(新型出生前診断)で調べることが可能な対象疾患は、ダウン症候群(21トリソミー)・エドワーズ症候群(18トリソミー)・パトウ症候群(13トリソミー)・全染色体検査・性染色体・部分欠失疾患(微小欠失症)などで、非確定的検査ではありますが、検査精度は約99%以上と非常に高いとされています。

NIPT(出生前診断)とは
NIPT(出生前診断)とは
新型出生前診断(NIPT)とは、「お母さんから採血した血液から胎児の、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、1...

羊水検査とは

羊水検査とはお母さんの腹部に注射針を穿刺し、羊水を採取する出生前診断のことです。そのため検査時期は羊水が増える妊娠15〜16週に行われる確定的検査となります。穿刺の際はエコー(超音波)をあて、胎児の位置を確認しながら安全に羊水採取を行いますが、流産リスクは約0.3%とされています。

羊水検査とは【医師監修】
羊水検査とは【医師監修】
NIPTは、遺伝子の量から染色体の数や全染色体領域部分欠失疾患をみる検査ですが、羊水検査は染色体そのものを羊水からみる検査です。...

絨毛検査とは

絨毛検査とはお母さんの腹部への注射針の穿刺、もしくは膣に絨毛生検鉗子を挿入し絨毛組織を採取する検査法のことです。妊娠10〜13週から行うことが可能な確定的検査とされています。流産リスクは約1%とされ、以前と比べて絨毛検査数は減少傾向にあるといわれています。

絨毛検査って何?絨毛検査の検査方法・費用・羊水検査との違いを解説 【医師監修】
絨毛検査って何?絨毛検査の検査方法・費用・羊水検査との違いを解説 【医師監修】
絨毛検査とは出生前診断の一つです。胎盤の一部である絨毛組織から細胞を採取して赤ちゃんの染色体異常症や、先天的な病気を妊娠中に調べることができ...

母体血清マーカーとは

母体血清マーカーとはNIPT(新型出生前診断)と同様に、お母さんの腕から採血を行うことのみで赤ちゃんの染色体異常症や先天性疾患の陽性リスクを調べる非確定的検査のことです。妊娠15〜16週から行うことが可能で、ダウン症候群(21トリソミー)・エドワーズ症候群(18トリソミー)・神経管閉鎖不全症(脳や脊椎、脊髄に生じる先天異常の一種)を、約83%の検査精度で調べるとされています。

ヒロクリニックNIPTと医療とIT

ヒロクリニックNIPTは北海道から福岡までと全国に展開するNIPT(新型出生前診断)専門のクリニックです。各院にはNIPT(新型出生前診断)に対する深い知識をもったエキスパートドクターが在籍し、また常にオンラインを通じ情報共有や意見交換を行っております。ヒロクリニックNIPTが得意とする「医療✕IT」は、これまでの医療にあった問題をクリアし、NIPT(新型出生前診断)をスピーディに、かつ安全にご提供いたします。

ヒロクリニックNIPTの費用・特徴
ヒロクリニックNIPTの費用・特徴
ヒロクリニックNIPTは、NIPTの専門集団です。検査結果をより早くほしいと希望しているいる妊婦の皆様、21番トリソミーのみを調べたい妊婦様...

NIPT(新型出生前診断)のご予約は簡単2ステップでストレスフリー

妊娠期間を過ごすお母さんの心と身体はとてもデリケートです。中には体調が安定せず、外出を負担に感じる方も少なくないでしょう。

ヒロクリニックNIPTでは、お母さんの負担を軽減するため、スマートフォンやパソコンから2ステップで「予約」「問診票の入力」「同意書の確認」を行うことができます。もちろん、NIPT(新型出生前診断)の検査結果もインターネットで知ることが可能です。

ご自身のタイミングで、いつでもどこでも。返信用のアドレスをご用意していただき、ヒロクリニックNIPTのホームページからマイページを作成してください。

ヒロクリニックNIPTで分かること

一般的に行われるNIPT(新型出生前診断)では、おもにダウン症候群(21トリソミー)・エドワーズ症候群(18トリソミー)・パトウ症候群(13トリソミー)のみの検出とされています。

しかし、「お母さんとご家族の知る権利」を何より大切に想うヒロクリニックNIPTは、NIPT(新型出生前診断)において、22番までの全染色体数、そして1・2・3・4・5・7・8・10・15・18・20・21番染色体全領域部分欠失や重複疾患を調べ、それ以外の領域の欠失・重複部位も合わせ、すべてご報告いたします。

またNIPT(新型出生前診断)ではトリソミーやモノソミーなど、聞き慣れない言葉が多くあると思われます。染色体異常症や先天性疾患について、分からないことは何でもご相談ください。NIPT(新型出生前診断)の知識が豊富な医師が、分かりやすい言葉でしっかり説明いたします。

NIPT(新型出生前検査)でわかる疾患
NIPT(新型出生前検査)でわかる疾患
ヒロクリニックのNIPTは、胎児の染色体の数の異常の他、全常染色体全領域部分欠失疾患や全常染色体全領域部分重複疾患といった染色体の構造異常の...

ヒロクリニックNIPTは妊婦さんの知りたい気持ちに迅速にお応え

ヒロクリニックNIPTによるNIPT(新型出生前診断)の検査結果は最短2日でご報告が可能です。これまでのNIPT(新型出生前診断)の検体検査の多くは、海外で行われていたため検査結果が分かるまで5〜10日間を必要としていました。

一日でも早くお母さんとご家族の知る権利に応えるために、ヒロクリニックNIPTのNIPT(新型出生前診断)は国内の「東京衛生検査所」にて迅速に検査を行っております。採血時にバーコードを発行し一括管理をするため、輸送中の検体取り違えや個人情報の漏洩は非常に少ないことが特長です。

ヒロクリニックNIPTのNIPT(新型出生前診断)は誰でも迅速検査

ヒロクリニックNIPTによるNIPT(新型出生前診断)は年齢制限は設けておりません。妊娠10週以降であれば、どなたでもNIPT(新型出生前診断)を受けることができます。年齢の若いお母さんも高齢のお母さんも、お腹の赤ちゃんの染色体異常症や先天性疾患がご不安な方は、ぜひ一度、ヒロクリニックNIPTにご相談ください。医学的見地に基づくアドバイスと、最適なプランをご提供いたします。

またヒロクリニックNIPTでは、産婦人科医の紹介状の必要はありません。正しい妊娠週数を確認するための母子手帳と、妊婦健診のエコー画像をご持参ください。

帝王切開となりやすい双子のNIPT(新型出生前診断)も可能

双子の赤ちゃんの場合、多くは帝王切開による分娩となります。また、多くのNIPT(新型出生前診断)は双胎児の検査を受け付けておりません。しかし、ヒロクリニックNIPTでは一人でも多くのお母さんの不安な気持ちに応えるべく、双胎児のNIPT(新型出生前診断)はもちろん、バニシングツインのNIPT(新型出生前診断)も受け付けております。詳しくはヒロクリニックNIPTスタッフまでご相談ください。

※バニシングツインとは双胎児のうちの一人が妊娠初期で亡くなり、排出されず子宮に吸収され消えたように見える状態のこと。

バニシングツインとは?双子の妊娠で知っておきたい現象と影響【医師監修】
バニシングツインとは?双子の妊娠で知っておきたい現象と影響【医師監修】
双子の片方が消えたように見える「バニシングツイン」。双子の妊娠では珍しくない現象ですが、突然告げられるとショックを受けることでしょう。バニシ...

選べるヒロクリニックNIPTオリジナルのNIPT(新型出生前診断)プラン

ヒロクリニックNIPTはこれまで多くのNIPT(新型出生前診断)を行ってきました。その膨大なデータと、お母さん方のご意見を元に効率の良いプランとオプションをご用意いたしました。

単体染色体検査のみを調べるNIPT(新型出生前診断)であれば5万円(税別)から、そしてすべての染色体異常症や先天性疾患リスクを詳細に調べることが可能なフルセットプランまでをご提供しております。またヒロクリニックNIPTではNIPT(新型出生前診断)で陽性リスク判定となり、羊水検査を行うお母さんのための互助会制度を設けております。

ご自身に最適なプランやオプションに迷ったら、ヒロクリニックNIPTスタッフまでご相談ください。お母さんとそのご家族の不安に寄り添い、「知る権利」に真摯にお応えいたします。

出生前診断 検査プラン
出生前診断 検査プラン
ヒロクリニックNIPTは、より皆様に寄り添った検査を選んでいただけるよう、妊婦様のニーズにより即した検査プランを多数ご用意しております。どの...

まとめ

帝王切開はこれまで多く行われてきた分娩方法です。お腹の赤ちゃんが逆子であったり、多胎児の場合、もしくはお母さんに心臓疾患などがある場合でも、母子ともに安全な分娩を行うことができるといえるでしょう。

しかし、帝王切開は麻酔下によりメスを使用して行われることから、不安を感じるお母さんも少なくありません。また予定された帝王切開でなく、予期せぬ緊急の帝王切開を行うケースも考えられます。

これらのことから、帝王切開のメリットとデメリット、そして術後の状態や過ごし方などを理解することが大切です。

また出産前に赤ちゃんの染色体異常症や、先天性疾患リスクなどを知りたい場合はヒロクリニックNIPTにご相談ください。

全国にあるヒロクリニックNIPT各院には、NIPT(新型出生前診断)の知識が豊富な医師が多数在籍しております。NIPT(新型出生前診断)や染色体について分からないことがあれば、ヒロクリニックNIPTホームページでマイページを作成し、問診票にご記入ください。一緒に最適なプランを考えましょう。

自然分娩であっても帝王切開による分娩であっても、待ち望んだ赤ちゃんと出会えることは何よりも尊く幸せな瞬間です。ヒロクリニックNIPTのNIPT(新型出生前診断)で妊娠早期に赤ちゃんの健康状態を詳細に知り、より健やかな妊娠期間を過ごしていただくことを心から願っております。

ダウン症は生まれる前にわかりますか?

【参考文献】

自分が出産のときに帝王切開となったら、不安に感じる方もいるでしょう。しかし、帝王切開は母親と赤ちゃんが安全に出産するため、状況によっては欠かせません。本記事では帝王切開のメリット・デメリット、2人目以降の出産などについて解説します。

NIPTについて詳しく見る

NIPTについて詳しく見る

記事の監修者

伊藤 雅彦先生

伊藤 雅彦先生

医学博士、日本アレルギー学会認定医
日本医師会認定産業医、日本小児科学会認定医、他

略歴

1974年防衛医大入学
1979年、豪州シドニー大学医学部小児科(ロイヤルアレクサンドリア小児病院)にエクスターン留学
1980年防衛医大卒業(第1期生)。防衛医大小児科学教室に入局
防衛医大病院、自衛隊中央病院、北海道立小児総合保健センター新生児科、国家公務員共済組合連合会三宿病院小児科で勤務
1989年米国ハーバード大学医学部リサーチフェロー、米国タフツ大学医学部クリニカルフェロー
1993年埼玉医科大学短期大学小児科学講師
1994年埼玉医科大学小児科学講師
1997年国際医療福祉大学小児科学助教授、山王病院小児科勤務
2006年国際医療福祉大学特任教授(小児科学)
2008年イーハトーブ病院(岩手労災病院)名誉院長
2009年医療法人社団心の絆・蓮田よつば病院理事長
2010年医療法人銀美会銀座美容外科クリニック理事長
2011年医療法人社団鶴癒会新川病院院長
2011年学校法人医療創生大学千葉・柏リハビリテーション学院長
2014年医療法人葵会新潟中央透析クリニック院長
2016年医療法人葵会新潟聖籠病院副院長
2017年医療法人福聚会東葛飾病院院長
2018年医療法人葵会AOI国際病院国際部長

資格

医学博士、介護支援専門員(ケアマネジャー)登録、日本アレルギー学会認定医、日本医師会認定産業医、日本小児科学会認定医、日本レーザー医学会専門医試験合格、日本小児アレルギー学会評議員、日本小児心身医学会評議員、日米医学医療交流財団評議員、日本インターネット医療協議会評議員、日本コンピュータサイエンス学会理事、ナイチンゲールスピリット連盟理事長、NPO防衛衛生キャリアネット理事長、法務省黒羽刑務所医務部顧問などを歴任あるいは活動中
1998年9月、第10回日本コンピュータサイエンス学会学術集会を神奈川県横浜市パシフィコ横浜で会頭として主催
2011年5月から6月にかけて、宮城県気仙沼市立本吉病院にボランティア診療支援

関連記事

  1. 安心して安定期を過ごす9のポイント
  2. 妊娠中に食べた方が良いもの
  3. 胎児の成長の画像 
  4. 薬

    飲んでもいい?妊娠初期の薬とのつき合い方…

    2020.02.25

    • 妊娠初期

    • 気を付けること

  5. ほうれん草

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP