妊娠9週目にできること【医師監修】

妊娠9週は超音波検査で分娩予定日が決まる時期です。赤ちゃんが人間らしく成長するとともに、ママのつわりが最もひどくなる時期です。NIPT(新型出生前診断)で性別がわかる時期でもありますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。

妊娠したら15週目までに
NIPTを検討しましょう

妊娠したら15週目までに
NIPTを検討しましょう

出生前診断が税込5.5万~26.4万円

1.妊娠9週の赤ちゃん

妊娠9週は、妊娠3カ月目の2週目となります。まだ妊娠初期にあたる時期です。

ちなみに妊娠週数および月数の数え方ですが、週数は0週から「満」で数えるのに対し、妊娠月数は1カ月から「数え」で数えます。したがって、妊娠3カ月とは妊娠8~11週となります。

1-1赤ちゃんの状態

妊娠9週の赤ちゃんの大きさ(胎児頭殿長:CRL)は20~30mm、胎嚢(GS)は5.7cm、体重は1~3g程度です。ちょうどいちご1個分くらいの大きさです。人間らしく成長してきており、区切りができて頭と体が分かれてきます。顔や手足の指などの細かい部分も少しずつできてくる時期です。また、生殖器の発達が始まるのもこの時期です。

また、胎児心拍が最も速くなるのが妊娠9週です。胎児心拍は妊娠5週に90~100 回/分くらいであり、この頃に超音波で初めて確認されることが多いです。妊娠9週までは心拍数はどんどん増え、妊娠9週の中ごろに170~180回/分でピークを迎えます。その後、妊娠週数が進むとともに胎児心拍は少しずつ減っていき、妊娠16週頃には150回/分程度で出産まで安定します。

1-2性別

超音波検査では、この時期の赤ちゃんの性別はまだわかりません。ヒロクリニックNIPT(新型出生前診断)では、妊娠10週0日で赤ちゃんの性別がわかります。染色体を確認するので、間違った性別を予測する確率は極めて低いです。

NIPT(出生前診断)とは
NIPT(出生前診断)とは
新型出生前診断(NIPT)とは、「お母さんから採血した血液から胎児の、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、1...

2.妊娠9週のママ

妊娠9週のママの身体の中では、妊娠中に出るホルモン(hCG)の分泌量が増え、少しずつ妊婦らしい変化が訪れます。

2-1母体の状態

妊娠9週頃になると、妊婦さんらしく、腰回りが大きくなりはじめます。またホルモンの影響で、胸も大きくなり始めます。

また、つわりのピークがくるのも妊娠9週頃です。妊娠12週ごろには良くなり始め、妊娠16週頃には症状がおさまることがほとんどですので、もう少しの辛抱です。

2-2起こりやすいトラブル、気をつけたいこと

妊娠7〜9週は、流産の確率が最も高い時期といわれています。ただし、この時期に起こる流産のほとんどが染色体異常であり、妊婦さんの生活や行動の問題で起こる可能性は低いです。

ただし、まだ胎盤が安定していないので、無理な仕事や運動によって切迫流産を起こすことがあり得ます。可能であれば、安静にしていた方が良い時期です。

つわりの症状がピークを迎える時期です。症状には大きな個人差があり、ほとんど何も感じない方もいれば、吐き気が強く水を飲んでも吐いてしまう人もいます。病気ではないのですが、水分が摂れないと脱水となり、母子ともに良くない状況に陥ることがあります。あまりひどい時は無理せずに、病院を受診しましょう。

つわりが起きる原因って?期間や対処法について詳しく解説【医師監修】
つわりが起きる原因って?期間や対処法について詳しく解説【医師監修】
つわりとは一般的に、妊娠初期に現れる嘔吐を伴う吐き気といった体調の変化を指します。 多くの人がつわりを経験するものの、具体的な期間や症状は...

3.妊娠9週の検査

妊娠9週で予定される検査について、簡単に解説します。

3-1妊婦健診

初診から11週までの間に3回程度、11〜23週までの間は4週に1度妊婦健診を受けることがおすすめです。どこまで無料になるかはお住まいの自治体によって異なるので、母子手帳を受け取るときに窓口でしっかり確認しておきましょう。厚生労働省がお勧めしている妊婦健診の内容は下の通りです。

  • 健康状態の把握:問診・診察
  • 検査計測:妊婦さんの健康状態と赤ちゃんの発育状態を確認するためのものです。血圧、浮腫(むくみ)、尿検査(糖・蛋白)、体重、身長(1回目の健診のみ)。特に体重は大切な測定ポイントです。やせている女性(BMI<18.5)は、切迫早産や早産の危険が高くなります。また貧血、低出生体重児のリスクが通常よりも高いです。逆にふくよかな女性(BMI≧25)は、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、帝王切開分娩、巨大児のリスクが高いです。また死産、二分脊椎など生まれつきの病気(先天異常)が増える可能性があります。
  • 保健指導:食事や健康のアドバイス、妊娠・出産・育児に対する不安や悩みの相談
  • 必要に応じて行う医学的検査

1.      血液検査

1.1       初期に1回行われる項目:血液型(ABO血液型、Rh血液型、不規則抗体)、血算、血糖、B型肝炎抗原、C型肝炎抗体、HIV抗体、梅毒血清反応、風疹ウィルス抗体

1.2       妊娠30週までに1回行われる項目:HTLV-1抗体

以上の検査は、安全に出産を行うための検査です。B型肝炎、C型肝炎、HIV、梅毒、HTLV-1は母子感染の可能性があるため、検査で陽性が確認されたら、治療について主治医とよく相談しましょう。

2.      子宮頸がん検診(細胞診):妊娠初期に1回

3.      超音波検査:妊娠23週までに2回。排卵日が特定できない場合、妊娠8〜10週の頭殿長(CRL)を計ることで、分娩予想日の推測に利用します。また、お腹の中の赤ちゃんの様子を直接見ることができる検査なので、広い意味での出生前診断としても利用されています。

4.      性器クラミジア検査:妊娠30週までに1回。母子感染を予防するために行います。検査で陽性であった場合は赤ちゃんにうつすことのないように、抗生物質を投与して治療します。

妊婦健診って何をするの?内容・費用・スケジュールを徹底解説!【医師監修】
妊婦健診って何をするの?内容・費用・スケジュールを徹底解説!【医師監修】
お母さんと赤ちゃんの健康を守るために必要な妊婦健診。安心して出産の日を迎えるためには妊婦健診の内容・費用・スケジュールを理解することが大切で...

3-2自費の検査

  •   細菌培養検査:膣内の細菌叢が正常かどうか、また悪い細菌がいないかどうかを調べる検査です。悪い細菌がいると、切迫流産や早産の原因となることがあります。
  •  TPHA検査:梅毒の検査です。妊婦健診で受けられる梅毒血清反応は、妊婦さんの場合は偽陽性(本当は陰性なのに陽性と判定されること)となることが時々あります。TPHA検査を組み合わせることで、より正確に判断することができます。
  • トキソプラズマ抗体:ペット(特に猫)を飼っている方におすすめの自費検査です。妊娠中に感染すると、赤ちゃんに感染し、先天性トキソプラズマ症を発症し、脈絡網膜炎、脳内石灰化や水頭症などが起こることがあります。感染が判明した場合は、妊娠中にお母さんの治療を行うことで、赤ちゃんにうつすのを防ぐことができます。
  • 乳がん健診:妊娠中の乳がんは進行が早いため、一年以内に乳がん健診を受けたことがない場合は妊娠早期のうちに一度受けておくのがお勧めです。
  • NIPT(新型出生前診断):お母さんの血液中に含まれる赤ちゃん由来の成分を分析することで、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー、13トリソミーなどの染色体異常の可能性があるかどうかを知る検査です。基本的には妊娠10週0日以降での実施になりますが、ヒロクリニックNIPTでは妊娠9週の方で母子手帳をお持ちの方は、予約を受け付けています。
NIPT(新型出生前検査)でわかる疾患
NIPT(新型出生前検査)でわかる疾患
ヒロクリニックのNIPTは、胎児の染色体の数の異常の他、全常染色体全領域部分欠失疾患や全常染色体全領域部分重複疾患といった染色体の構造異常の...

3-3.妊娠9週にやっておきたいこと

妊娠9週になると心拍がはっきり確認でき、早期流産の可能性が減ってくる時期です。まだ母子健康手帳(母子手帳)をもらっていない方はお住まいの市区町村へ「妊娠届」を提出し、母子手帳の交付を受けましょう。パートナーのいない方(シングル・事実婚・未婚など)の場合も、通常通り母子手帳の交付が受けられます。「ひとり親」に対する支援制度を設けている市区町村も多いので、妊娠届を提出するときに、一緒に案内を受けておきましょう。

また、現在通院している病院がお産を手掛けていない、里帰り出産をしたいなどの場合は、出産する病院を決める必要があります。日本全体で見ると、出産を手がける病院は年々減少しており、特に里帰り出産などの受け入れには条件をつけている病院も増えています。分娩の予約が早めにできるように情報を集め、かかりつけ医と相談することをおすすめします。

働いている方は、そろそろ職場へ妊娠の報告をしましょう。法律により、働く妊婦さんは、仕事の内容や妊婦健診の受診などに対し、最大限の配慮が受けられることになっています。つわりがひどいなどの場合は、職場の事情が許せば短時間勤務などに変更してもらえることも多いです。産休・育児休業などの規定についての確認も必要なので、早めに職場の担当者と打ち合わせをしておきましょう。

出生前診断を検討している方は、妊婦さんへの身体への負担が少なく、流産のリスクもないNIPT(新型出生前診断)も合わせて検討してみてください。

出生前診断 検査プラン
出生前診断 検査プラン
ヒロクリニックNIPTは、より皆様に寄り添った検査を選んでいただけるよう、妊婦様のニーズにより即した検査プランを多数ご用意しております。どの...

4.まとめ

以上、妊娠9週の赤ちゃんやママの状態、妊娠9週で行う検査などについて簡単にまとめました。出生前診断をお考えの方、また赤ちゃんの性別を正確に知りたい方などは、妊娠9週に行うことの選択肢の中にNIPTの予約をぜひ検討してみてください。ヒロクリニックNIPTのNIPT(新型出生前診断)は、実施は妊娠10週0日以降になりますが、妊娠9週でも母子手帳をお持ちの方なら予約が可能です。興味のある方は早めにお問い合わせください。

出生前診断が税込5.5万~26.4万円

【参考文献】

妊娠9週は超音波検査で分娩予定日が決まる時期です。赤ちゃんが人間らしく成長するとともに、ママのつわりが最もひどくなる時期です。NIPT(新型出生前診断)で性別がわかる時期でもありますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。

NIPT(新型出生前診断)について詳しく見る

NIPT(新型出生前診断)について詳しく見る

記事の監修者

川野 俊昭先生

川野 俊昭先生

ヒロクリニック博多駅前院 院長
日本産科婦人科学会専門医

産婦人科医として25年以上、主に九州で妊婦さんや出産に向き合ってきた。経験を活かしてヒロクリニック博多駅前院の院長としてNIPT(新型出生前診断)をより一般的な検査へと牽引すべく日々啓発に努めている。

略歴

1995年 九州大学 医学部卒業
1995年 九州厚生年金病院 産婦人科
1996年 九州大学医学部付属病院 産婦人科
1996年 佐世保共済病院 産婦人科
1997年 大分市郡医師会立アルメイダ病院 産婦人科
1998年 宮崎県立宮崎病院 産婦人科 副医長
2003年 慈恵病院 産婦人科 医長
2007年 日本赤十字社熊本健康管理センター診療部 副部長
2018年 桜十字福岡病院 婦人科
2020年 ヒロクリニック博多駅前院 院長

資格

日本産科婦人科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本スポーツ協会公認 スポーツドクター
厚生労働省認定臨床研修指導医
日本抗加齢医学会専門医

関連記事

  1. NEW 文献

    症例報告12q(12q24.31-q24…

    2021.10.18

    • 全常染色体全領域部分欠失疾患

    • 遺伝子疾患

    • 遺伝子

  2. NEW 妊娠12週目にできること

    妊娠12週目にできること【医師監修】

    2021.10.05

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 妊婦健診

  3. NEW 妊娠13週目にできること

    妊娠13週目にできること【医師監修】

    2021.10.01

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 妊娠初期

    • 妊婦健診

  4. NEW 妊娠11週目にできること

    妊娠11週目にできること【医師監修】

    2021.09.28

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 気を付けること

  5. 不妊の原因
  6. 体外受精とは

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP