高齢出産の母体へのリスクとは?私たちが出産前にできること

赤ちゃんの手

出生前診断が税込5.5万~26.4万円

高齢出産のリスクとは?

妊娠中は、年齢に関わらずリスクは付きもの。しかし高齢での妊娠は、母子ともに適齢期(初産が35歳未満)の妊婦に比べるとさらにリスクが高くなります。では、どのようなリスクが高いのか確認していきましょう。

リスク1: 流産の確立が高くなる

年齢ごとの流産率は以下の表になります。
年齢 流産率
20代~35歳 20%
36歳~39歳 30%~35%
40歳 40%
43歳 50%
44歳 60%
45歳~48歳 70%
49歳以上 90%
参考資料:ヘルスサイエンス・ヘルスケア 妊娠適齢期と言われる35歳未満までは、流産率も安定していますが、40歳をすぎると急激に流産の確率が高まります。年齢が上がるにつれて流産の確率が上がるのは、卵子・精子の老化・染色体の異常が大きな要因となり、残念ながらこのような場合は流産を防ぐことはできません。 しかし、あくまでも確率ですので、安定期(妊娠16週)に入るまでは、できるだけ安静に過ごすようにしてくださいね。

リスク2:染色体異常の発生が高くなる

年齢ごとの染色体異常の発生率は以下の表になります。
年齢 ダウン症(21トリソミー)の確率 その他の染色体異常の確率
25歳 1/1250人 1/476人
30歳 1/952人 1/384人
35歳 1/385人 1/192人
40歳 1/106人 1/66人
45歳 1/30人 1/21人
49歳 1/11人 1/8人
参考資料:厚生労働省 卵子・精子の老化・染色体の異常が高くなる35歳以上は、ダウン症などの障害の確率が高くなります。このような障害をもった受精卵は、妊娠初期の流産や妊娠中の死亡確率が高いので、妊婦検診の際の注意深い観察に加え、出生前診断を受けることでリスクを事前に理解することができます。

リスク3:低体重児の可能性が高まる

年齢ごとの低体重児の出生率は以下の表になります。
年齢 低体重児出生割合
~34歳 10%未満
35~39歳 11%
40~44歳 13%
45歳以上 17%
参考資料:厚生労働省 妊娠⾼⾎圧症候群や妊娠糖尿病を発症しやすいく、血流が悪くなることで胎児の成長へ悪影響を及ぼします。低体重で生まれた場合、糖尿病・心臓病といった生活習慣病を発症する可能性が高まることが報告されています。*1

リスク4:難産になりやすい

産道や子宮口が硬くなっていることで難産になりやすく、赤ちゃんの脳性まひ・妊婦死亡などのリスクも考えられます。 妊婦の死亡率は以下の表になります。
年齢 妊婦死亡率
~29歳 2.8%
30~34歳 4.3%
35~39歳 7.0%
40歳~ 11.8%
参考資料:日本産婦人科医会 高齢出産では出産時にどんなトラブルが起こるかわからないので、NICU(新生児特定集中治療室)を備えた、大きな病院を探しておくことをおすすめします。

高齢出産では出生前診断検査を!

高齢出産で大きな壁となるのが『染色体異常』です。予防することはできませんが、事前に把握しておくことで「選択」「育てる心構え」をすることができます。出生前診断の種類ごとに、検査方法・費用・検査時期・診断内容についてまとめました。
検査名 検査方法 費用 検査時期 診断内容
NIPT検査 血液検査 12~21万円 妊娠10~16週 21・18・13トリソミー
コンバインド検査 血液検査 2~3万円 妊娠11~13週 21・18トリソミー
母体血清 マーカーテスト 血液検査 2~3万円 妊娠15~17週 21・18トリソミー/ 開放性神経管奇形
絨毛検査 胎盤の一部 (絨毛)を採取 10~20万円 妊娠10~13週 赤ちゃんの染色体異常症の 有無
羊水検査 羊水を採取 10~20万円 妊娠15~18週 赤ちゃんの染色体異常症の 有無/遺伝性疾患の有無/ 遺伝子変異/ 酵素の変化
日本産婦人科学会の出生前診断の概念は、「妊娠中に胎児が何かの疾患に罹患していると思われる場合や、胎児の異常はあきらかでないが、何らかの理由で胎児が疾患を有する可能性が高くなっていると考えられる場合に、その正確な病態を知る目的で検査を行うことが基本的な出生前検査、診断の概念である」と定義されています。 高齢での妊娠は『何らかの理由で胎児が疾患を有する可能性が高くなっていると考えられる場合』に当てはまるので、早めに検査をして、出産まで医師と協力していくことをおすすめします。

出生前診断が税込5.5万~26.4万円

高齢出産のリスクを下げるポイント

染色体異常を治す治療はありませんが、授かった命を無事に出産まで導く努力をすることはできます。赤ちゃんが快適な胎内環境で過ごせるように、以下のことに気をつけて、ストレスなく生活していただければと思います。

ポイント1.葉酸を摂取する

葉酸には、
  • 血流を良くして子宮内膜を育てる
  • 胎児の『神経管閉鎖障害』と『無脳症』のリスクを軽減する
  • 悪性貧血(巨赤芽球性貧血)が予防できる
  • 産後の体調回復をサポートする
といった働きがあります。 ステージごとの1日に必要な葉酸摂取量
ステータス 葉酸摂取量/1日
成人女性 240μg(マイクログラム)
妊活~出産 480μg
授乳期 340μg
厚生労働省の最低推奨摂取量は1日400μg。食事からも291.2μg程度の葉酸を摂取しているので、過剰摂取(1日1,000μg以上)にならないように、気を付けて摂取してくださいね。

ポイント2.栄養バランスのよい食生活をする

妊娠中の肥満や体重の減少は、赤ちゃんの成長を妨げ、最悪の場合流産や胎児死亡を引き起こす恐れがあります。どのようなリスクがあるのか確認しておきましょう。
肥満
妊娠糖尿病
  • 流産や早産、胎児死亡などの合併症を引き起こす可能性がある。
  • 赤ちゃんにも糖尿病やメタボリック症候群の発症リスクが高まる。*2
妊娠高血圧症候群
  • 重症化すると、けいれん発作・脳出血・肝機能障害を引き起こす。
  • 胎児機能不全・胎児死亡といったリスクが高まる。*3
体重の減少
低出生体重児 出産時の体重が2,500g未満。出生体重が低いほど死亡率が高まる。
子宮内胎児発育遅延 胎児の成長が止まったり、発育が遅い症状。周産期の死亡率が高まる。
切迫流産 流産の一歩手前の状態。
切迫早産 早産の可能性が高い状態。
鉄欠乏症貧血 胎児に十分な酸素を送ることができない状態。

ポイント3.無理のないノンストレスな生活を心がける

バリバリ仕事をしている妊婦さんも中にはいますが、高齢出産は特に体調管理に気を付ける必要があります。妊娠中はホルモンバランスの関係で、ストレスを感じやすいので要注意! ストレスを感じると、血管を収縮させ、胎児の神経系の発達に悪影響を及ぼす『コルチゾール』というホルモンを分泌してしまうので、 ・早産、後期流産のリスクが上昇 ・赤ちゃんの情緒不安定をまねく といった、悪影響を引き起こす可能性があります。 自分なりに気分転換できる方法を探して、オーバーワークなどは控えるようにしてくださいね。

ポイント4.妊婦健診は必ず受ける

基本的なことですが、とても大切なポイントです。高齢出産には様々なリスクが伴うので、安全なマタニティーライフが過ごせるように、しっかりと母子の状態を確認してもらってください。

まとめ

高齢出産のリスクをきちんと把握して、今赤ちゃんにできることに取り組んでみてください。リスクを下げる生活を心がけて、元気な赤ちゃんを生んでくださいね(*^-^*)

参考資料

*1 低出生体重による成人期生活習慣病を含めた疾病負担に関する研究:https://www.ncchd.go.jp/center/activity/kokoro_jigyo/h30_houkoku_2.pdf *2 妊娠糖尿病|公益社団法人 日本産科婦人科学会:http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=3 *3 妊娠高血圧症候群|公益社団法人 日本産科婦人科学会:http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=6

記事の監修者

岡 博史先生

岡 博史先生

NIPT専門クリニック 医学博士
慶應義塾大学 医学部 卒業

関連記事

  1. NEW 文献

    症例報告12q(12q24.31-q24…

    2021.10.18

    • 全常染色体全領域部分欠失疾患

    • 遺伝子疾患

    • 遺伝子

  2. NEW

    妊娠9週目にできること【医師監修】

    2021.10.12

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 出生前診断

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 妊婦健診

  3. NEW 妊娠12週目にできること

    妊娠12週目にできること【医師監修】

    2021.10.05

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 妊婦健診

  4. NEW 妊娠13週目にできること

    妊娠13週目にできること【医師監修】

    2021.10.01

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 妊娠初期

    • 妊婦健診

  5. NEW 妊娠11週目にできること

    妊娠11週目にできること【医師監修】

    2021.09.28

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 気を付けること

  6. 不妊の原因

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP