21トリソミー(ダウン症候群)はいつ分かる?【医師監修】

21トリソミー(ダウン症候群)はいつ分かる?

染色体異常の中でも起こる頻度高いと言われているダウン症。ダウン症の原因や特徴についてご説明したうえで、妊娠中にダウン症の有無を知ることができるのか、検査後の対処法などを解説します。

ダウン症の検査
気になる費用はこちら

ダウン症の検査
気になる費用はこちら

胎児の性別は10週目でわかる

ダウン症とは

ダウン症は正式名称を「ダウン症候群」といいます。染色体の細胞分裂の異常によって起こり、21番目の染色体が1本多くなっていることから「21トリソミー」とも呼ばれています。

1965年、最初の報告者であるイギリス人ジョン・ラングドン・ダウン医師の名前にちなみ、WHOが定めました。

最も頻度が高い染色体異常の一つと言われています。

ダウン症候群(21トリソミー)とは【医師監修】
ダウン症候群(21トリソミー)とは【医師監修】
ダウン症は、21番目の染色体が通常よりも1本多くな...

21トリソミー(ダウン症候群)の特徴

21トリソミー(ダウン症候群)は、筋肉の緊張度が低く、多くの場合知的な発達に遅れが出るのが特徴です。発達は通常よりも全体的にゆっくり進みます。

また、全ての方に起きるわけではありませんが、心臓疾患、消化器系疾患、甲状腺機能低下症、目の疾患、難聴などを合併することがあります。

21トリソミー(ダウン症候群)の原因

21トリソミー(ダウン症候群)は、21番染色体が3本あることで起こる先天性疾患です。

ほとんどが偶発的に起こるもので、誰にでも起こり得ることです。21トリソミー(ダウン症候群)を産む人の特徴が何かあるというわけではありません。

ただ、5%と頻度は低いのですが、「ロバートソン転座」による21トリソミー(ダウン症候群)は遺伝により起こります。母親もしくは父親が「ロバートソン転座」の保因者であった場合、21番トリソミーになる確率が通常の場合より高くなります。

21トリソミー(ダウン症候群)になる確率

21トリソミー(ダウン症候群)は偶発的に起こることがほとんどで、600人~800人に1人の割合で生まれるとされています。

ただ、年齢が高くなるほど、21トリソミー(ダウン症候群)の子どもが生まれる可能性が高くなります。21トリソミー(ダウン症候群)の子どもが生まれるリスクは、母親の年齢が20歳で1667人に1人、30歳で952人に1人、40歳では106人に1人です。

21トリソミー(ダウン症候群)になる確率
高齢出産は35歳から?40歳から?障害やダウン症リスクと対策の最新情報【医師監修】
高齢出産は35歳から?40歳から?障害やダウン症リスクと対策の最新情報【医師監修】
結婚して妊活を始めるなら早い方が良いとされています...

21トリソミー(ダウン症候群)はいつ分かる?

赤ちゃんが21トリソミー(ダウン症候群)である可能性、21トリソミー(ダウン症候群)であるかどうかは妊娠中の検査で調べることができます。

最も早く調べることができるのはNIPT(新型出生前診断)です。NIPT(新型出生前診断)は、妊娠10週より受けることが可能です。検査も血液検査で行うのでリスクがなく、感度も99%と非常に高いのが特徴です。

NIPT(新型出生前診断)に比べ83%と感度は劣りますが、コンバインド検査も比較的早く調べることができます。検査は採血と超音波検査で行い、妊娠11~13週に行うことができます。

母体血清マーカー検査は妊娠15~17週に受けることができます。こちらも採血で行う検査ですが、感度は80%とNIPT(新型出生前診断)より劣ります。

これらの検査は非確定的検査ですので、これらの検査で疑いがある場合は確定検査を行うことが多いです。

確定検査には絨毛検査と羊水検査があり、21トリソミー(ダウン症候群)の有無を確実に調べることができますが、流産や死産のリスクがあるというデメリットがあります。

絨毛検査は妊娠11~14週で行うことができ、流産・死産のリスクは1%ほど、羊水検査は、妊娠15~16週以降に行うことができ、流産のリスクがは0.3%ほどです。

検査を受ける際は、検査が受けられる時期、精度、リスクなどを考慮し、選択するようにしてください。

 妊娠中に21トリソミー(ダウン症候群)の予兆はある?

妊娠中に妊婦さん自身で21トリソミー(ダウン症候群)に気づくことができるような予兆はない場合が多いです。妊娠中に赤ちゃんに21トリソミー(ダウン症候群)がないか心配なときは、出生前診断を受けることをおすすめします。

21トリソミー(ダウン症候群)の検査はいつ受けるのが良いか

21トリソミー(ダウン症候群)の検査はできるだけ早めに受けるのがおすすめです。早めに受ければ、検査結果が分かった後にご家族で話し合う時間を十分にとることができます。中絶を選ぶ場合の処置も早い方が母体への負担も少なくなります。

検査を受けようと思う方は、なるべく早い時期に受けるようにしましょう。

NIPT(新型出生前検査)でわかる疾患
NIPT(新型出生前検査)でわかる疾患
ヒロクリニックのNIPTは、胎児の染色体の数の異常...

エコーで21トリソミー(ダウン症候群)が分かる場合もあります

妊娠中に行うエコー検査(超音波検査)で21トリソミー(ダウン症候群)の胎児の特徴を発見できる場合があります。21トリソミー(ダウン症候群)の胎児は血流が悪いため、首の後ろにむくみが出ることが多いためです。このむくみをNT(Nuchal Translucency)といい、通常妊娠11週から13週に計測することができます。

首の後ろのむくみ以外にも特有の特徴があります。

顔に見られる特徴の一つは鼻です。鼻の骨がない、鼻の骨が薄い、鼻の骨の成長に遅れがあるなどの特徴が見られます。

また、体の特徴では、手足の長さが基準より短い、心臓の病気がある(三尖弁逆流・静脈管逆流)、頭が大きいなどの所見があると、21トリソミー(ダウン症候群)の胎児である可能性があります。

顔や体の特徴を細かく見ていく必要があるので、通常の妊婦検診で用いられる2Dエコーよりも、4Dエコーの方が、発見しやすいと言えます。心配な場合は、4Dエコーが見られる産院でみてもらうと良いでしょう。

21トリソミー(ダウン症候群)エコーで分かる

 エコーで21トリソミー(ダウン症候群)が分かる確率

エコーによって、21トリソミー(ダウン症候群)の特徴を発見できることは多いですが、胎児の位置などによっては明確にわからないこともあります。また、所見があっても21トリソミー(ダウン症候群)によるものではないこともあります。そのため、どのくらいの確率で21トリソミー(ダウン症候群)がわかるとは定義することはできません。

エコーで21トリソミー(ダウン症候群)が分かる時期はいつ(何週目)?

エコーで21トリソミー(ダウン症候群)の所見が観察できるようになるのは、おおむね妊娠11週以降です。

しかし、エコーは確定的診断方法ではないため、受けていても妊娠中に21トリソミー(ダウン症候群)だと指摘されない、わからなかったという場合もあります。

心配な場合は、NIPT(新型出生前診断)を受けておくことをおすすめします。

NIPT(新型出生前診断)とはどういう検査?
NIPT(新型出生前診断)とはどういう検査?
新型出生前診断(NIPT)とは、「お母さんから採血...

21トリソミー(ダウン症候群)の寿命

日本での2014年~2016年の死亡票による調査では、21トリソミー(ダウン症候群)の方の72%が40歳以上での死亡でした。

先天性心疾患や先天性消化器疾患等の合併症治療の成績が向上し、この20~30年で飛躍的に平均寿命が伸び、現在>21トリソミー(ダウン症候群)のある方の平均寿命は約60歳と言われています。

施設や作業所での軽作業のほか、飲食店や小売業などさまざまな分野で多くの21トリソミー(ダウン症候群)の方が働いています。画家や演奏家を目指したり、プロの書道家、ダンサー、俳優として活躍している人もいます。

21トリソミー(ダウン症候群)のある方がどのように豊かな人生を送るかが重要となっているのです。

21トリソミー(ダウン症候群)の寿命

検査で21トリソミー(ダウン症候群)の疑いが出たら

NIPT(新型出生前診断)、コンバインド検査、母体血清マーカー検査などの非確定検査で21トリソミー(ダウン症候群)の疑いが出たら、絨毛検査や羊水検査などの確定検査の受診を検討しましょう。

確定検査では21トリソミー(ダウン症候群)の有無を確実に診断することができます。診断結果が出たらどうするかは、事前に家族で話し合うようにしておきましょう。

21トリソミー(ダウン症候群)の新生児の特徴とは

21トリソミー(ダウン症候群)の確定診断である絨毛検査や羊水検査を受けなかった場合、出産後に気になることも多くあると思います。21トリソミー(ダウン症候群)の新生児には、頭が小さい、鼻が小さい、目じりが上がっているなどの特徴がみられます。これらの特徴がみられるなど、心配な場合はすぐに主治医に相談するようにしましょう。

まとめ

21トリソミー(ダウン症候群)について、原因や検査、特徴などを説明いたしました。妊娠中は誰しもおなかの赤ちゃんのことが不安になったり、心配になったりするものです。そういったときは、出生前診断を受けるという選択肢があります。

その中でも、NIPT(新型出生前診断)は早い時期から検査することができ感度も高く、採血で行うためリスクもほとんどありません。検討されてみてはいかがでしょうか。

ヒロクリニックNIPTの費用・特徴
ヒロクリニックNIPTの費用・特徴
ヒロクリニックNIPTは、NIPTの専門集団です。...

【参考文献】

染色体異常の中でも起こる頻度高いと言われているダウン症。ダウン症の原因や特徴についてご説明したうえで、妊娠中にダウン症の有無を知ることができるのか、検査後の対処法などを解説します。

NIPTについて詳しく見る

NIPTについて詳しく見る

記事の監修者

川野 俊昭先生

川野 俊昭先生

ヒロクリニック博多駅前院 院長
日本産科婦人科学会専門医

産婦人科医として25年以上、主に九州で妊婦さんや出産に向き合ってきた。経験を活かしてヒロクリニック博多駅前院の院長としてNIPT(新型出生前診断)をより一般的な検査へと牽引すべく日々啓発に努めている。

略歴

1995年 九州大学 医学部卒業
1995年 九州厚生年金病院 産婦人科
1996年 九州大学医学部付属病院 産婦人科
1996年 佐世保共済病院 産婦人科
1997年 大分市郡医師会立アルメイダ病院 産婦人科
1998年 宮崎県立宮崎病院 産婦人科 副医長
2003年 慈恵病院 産婦人科 医長
2007年 日本赤十字社熊本健康管理センター診療部 副部長
2018年 桜十字福岡病院 婦人科
2020年 ヒロクリニック博多駅前院 院長

資格

日本産科婦人科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本スポーツ協会公認 スポーツドクター
厚生労働省認定臨床研修指導医
日本抗加齢医学会専門医

関連記事

  1. 染色体異常とは

    染色体異常とは【医師監修】

    2022.06.17

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 全常染色体全領域部分欠失疾患

    • 全常染色体全領域部分重複疾患

    • 遺伝子

    • 遺伝子疾患

  2. ダウン症の子供の親としてできること

    ダウン症の子供の親としてできること【医師…

    2022.04.15

    • NIPT(新型出生前診断)

    • ダウン症(21トリソミー)

  3. ダウン症の生活実態

    ダウン症のある方たちの生活実態

    2022.04.08

    • NIPT(新型出生前診断)

    • ダウン症(21トリソミー)

  4. 1p36欠失症候群

    1p36欠失症候群とは【医師監修】

    2022.02.15

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 不安

    • 全常染色体全領域部分欠失疾患

    • 出生前診断

    • 妊娠

    • 遺伝子

    • 遺伝子疾患

  5. その他治療中の持病がある場合

    ダウン症の人に起こりやすい合併症と治療法…

    2022.02.08

    • NIPT(新型出生前診断)

    • ダウン症(21トリソミー)

    • 不安

    • 出生前診断

    • 症状

  6. ディジョージ症候群

    ディジョージ症候群とは【医師監修】

    2022.02.04

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 全常染色体全領域部分欠失疾患

    • 遺伝子

    • 遺伝子疾患

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP