妊娠12週目にできること【医師監修】

妊娠12週目にできること

妊娠してから12週目になる頃の赤ちゃんやお母さんの身体の状態は、どのような状態なのか気になる方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、妊娠12週目の赤ちゃんとお母さんの身体の状態や行なう検査など、妊娠12週目にできることを解説します。

妊娠したら15週目までに
NIPTを検討しましょう

妊娠したら15週目までに
NIPTを検討しましょう

出生前診断が税込5.5万~26.4万円

1.妊娠12週の赤ちゃん

妊娠12週頃の赤ちゃんは、どのくらいの大きさや重さに成長しているのでしょうか。

ここでは、妊娠12週の赤ちゃんの状態と性別が判断できるかについて、詳しく見ていきましょう。

1-1赤ちゃんの状態

妊娠12週頃の赤ちゃんの平均的な大きさは、赤ちゃんの大きさを示す数値であるCRL(Crown-rump length)で、約5〜6cmです。

CRLとは、胎児の頭の先からお尻までの長さを測定したものになります。

果物で例えると、みかんくらいの大きさです。

体重は約40〜50gになり、卵1つ分くらいの重さになります。

身体の発達としては、各器官の形成が終わり、徐々に顔立ちや筋肉などが発達してくる時期です。

また、赤ちゃんの身体を保護している羊水の量が増え、手足の動きが活発になってきます。

男女の外性器の差も見られてくる時期でもあり、人間らしい身体つきを確認できるようになるでしょう。

1-2赤ちゃんの性別はわかる?

妊娠12週頃の赤ちゃんの性別は、超音波検査でわかる場合があります。

この頃の赤ちゃんは外性器の差が出てくるため、超音波検査で外性器が確認できれば、性別がわかるでしょう。

しかし、はっきりと判断できるほどに成長していない可能性もあり、確実にわかるとはいえません。

妊娠12週頃でも高い確率で性別を判断する方法として、NIPT(non-invasive prenatal testing)があります。

NIPT(新型出生前診断)とは、手術などでお母さんの身体を傷つけずに行なう遺伝学的検査のことです。

お母さんの血液や羊水を採取して、胎児のDNAを確認することで、遺伝子の異常や性別を調べられます。

NIPT(新型出生前診断)は妊娠10週から検査ができるため、12週頃にはNIPT(新型出生前診断)で性別を確認可能です。

ただし、日本産科婦人科学会が認定しているNIPT(新型出生前診断)の認可施設では、性別を確認する目的での検査は実地していません。

遺伝病のリスクを無視しないで~赤ちゃんの性別を検査しましょう【医師監修】
遺伝病のリスクを無視しないで~赤ちゃんの性別を検査しましょう【医師監修】
なぜ、赤ちゃんの性別を生まれる前に知る必要があるのでしょうか?その理由をX-linked recessive inheritance(伴性劣...

2.妊娠12週のお母さん

妊娠12週頃のお母さんの身体は、どのような変化が生じているのでしょうか。

ここでは、妊娠12週のお母さんの状態と気をつけたいことについて、詳しく見ていきましょう。

2-1母体の状態

妊娠12週頃になると、赤ちゃんが大きくなってくることにより、お腹が少しふくらみはじめます。

赤ちゃんと栄養や酸素を交換したり、血液を作ったりする胎盤が完成してくるのも妊娠12週頃です。

また、食欲不振や吐き気などを伴う、つわりも妊娠12週あたりから徐々に落ち着いてきます。

つわりが治ると次第に食欲が出てくることで、ついつい食べ過ぎてしまう方も多いです。

急に体重が増えてしまわないように、バランスの良い食生活を心がけて、食事には注意しましょう。

2-2妊娠12週のお母さんが気をつけたいこと

妊娠12週ともなると、お母さんの身体にさまざまな変化が起こります。

変化に伴い、気をつけるべきことも出てくるため、ここでは妊娠12週のお母さんが気をつけたいことを見ていきましょう。

お腹を圧迫しない服装を選ぶ

妊娠12週となるとお腹が少しふくらんできます。

まだ大きさが目立つほどではありませんが、お腹を圧迫してしまうようなタイトな服装は避けた方がよいでしょう。

お腹を圧迫してしまうと、血液循環が悪くなったり、子宮が過剰に収縮したりして、赤ちゃんへ負担がかかってしまう可能性があります。

お腹のふくらみ具合に合わせて、お腹周りがゆったりした服装やマタニティ用の服装を選びましょう。

尿意が近くなる

赤ちゃんが大きくなることで、膀胱が圧迫されて尿意を感じやすくなる可能性があります。

尿意が近くなれば、トイレに行く回数も増加するでしょう。

しかし、トイレに何度も行くのが嫌だからといって、排尿を我慢するのはよくありません。

妊娠中の女性の尿道はホルモンの影響によって締まりが弱くなっており、細菌が止まりやすく、我慢すると細菌が繁殖してしまう可能性があるからです。

細菌が繁殖すると膀胱炎のリスクがあるため、尿意を感じたら我慢しないようにしましょう。

3.妊娠12週の検査

妊娠12週頃に受ける検査には、どのような検査があるのでしょうか。

ここでは、妊娠12週に受けられる検査や、やっておきたい検査について紹介します。

3-1妊婦検診

妊婦検診は、妊娠期間中に定期的に行なわれるお母さんと赤ちゃんの健康状態を確認する検査です。

厚生労働省の指針によると、妊娠12週の方の妊婦検診の頻度は、大体4週間ごとに1回行なうことが望ましいとされています。

妊婦検診で行なう検査内容は、主に次の検査項目です。

  • 基本的な情報(身長・体重・BMI・血圧など)
  • 血液検査
  • 子宮頸部細胞診検査

それぞれの検査内容について、詳しく確認していきましょう。

基本的な情報(身長・体重・BMI・血圧など)

まず、妊婦検診では妊娠の管理上、必要となる基本的な情報を収集します。

身長や体重、BMI、血圧、尿蛋白・尿糖などの検査から、問診票を利用して、妊婦自身の詳細な情報を聴取していきます。

血液検査

血液検査では、以下の検査項目を確認します。

  • ABO式血液型、Rh式血液型

輸血が必要になった場合や、お母さんに赤ちゃんの赤血球に対する抗体ができる血液型不適合妊娠に対処できるように確認します。

  • 不規則抗体スクリーニング

血液中に不規則抗体がないか調べる検査です。

不規則抗体があると、赤ちゃんの血液と反応して血球を壊してしまう可能性があります。

  • 血算

血液中の白血球数や赤血球数、ヘモグロビン、血小板などの成分を調べる検査です。

検査数値から炎症状態や貧血、免疫、止血作用などがわかります。

  • 血糖

血糖は血液中の糖を調べる検査です。

妊娠中は胎盤から出る酵素によって、血糖値のコントロールが難しくなり、妊娠糖尿病になる可能性があります。

  • HBs抗原、HCV抗体、風疹抗体、梅毒スクリーニング、HTLV-1抗体、HIVスクリーニング、トキソプラズマ抗体

上記の検査は、お母さんが抗原や抗体を持っているのか確認する検査です。

適切な状態であれば、母子感染するリスクを防ぐことができます。

子宮頸部細胞診検査

子宮頸部細胞診検査は、子宮頸部の細胞を取り、顕微鏡で異常がないか確認する検査です。

検査によって、子宮癌や膣がんの発見に繋がります。

妊娠初期の子宮頸部細胞診検査は、一定期間検査を受けていない方が対象です。

3-2自費の検査

妊婦検診は定期的に受診が推奨されている検査ですが、そのほかにも妊娠中に自費で受けられる検査にNIPT(新型出生前診断)があります。

NIPT(新型出生前診断)では、赤ちゃんに遺伝子の異常による先天性の病気や障害の有無を調べることが可能です。

NIPT(出生前診断)とは
NIPT(出生前診断)とは
新型出生前診断(NIPT)とは、「お母さんから採血した血液から胎児の、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、1...

3-3妊娠12週にやっておきたいこと

妊娠12週になったら、以下のことをやっておきましょう。

  • 体重管理
  • マタニティウェアの準備
  • 妊娠線のケア
  • NIPT(新型出生前診断)の検討

妊娠12週になると、段々とつわりが治ってきます。

つわりが治ると、食欲が増加するため、体重が増えやすくなることに注意が必要です。

そのため、体重管理をして急激な体重増加を防ぎましょう。

また、妊娠12週頃から、どんどんとお腹がふくらみ始めます。

お腹がふくらむとこれまで着用していた服では、お腹を圧迫してしまうかもしれません。

腹部が大きくなり始める妊娠12週くらいから、マタニティウェアの準備をしておきましょう。

また、お腹が大きくなると、腹部に妊娠線といわれる線が生じる可能性があります。

妊娠線を予防するためには、クリームやオイルなどで保湿したり、マッサージしたりすることが重要です。

ケアをしっかりと行ない、妊娠線を予防しましょう。

最後に、生まれてくる赤ちゃんの健康状態を知りたい方は、NIPT(新型出生前診断)がおすすめです。

NIPT(新型出生前診断)は妊娠10週以降から検査できるため、12週頃には検査できます。

生まれてくる前に赤ちゃんの状態を知ることで、柔軟に対応する準備ができるでしょう。

NIPT(新型出生前検査)でわかる疾患
NIPT(新型出生前検査)でわかる疾患
ヒロクリニックのNIPTは、胎児の染色体の数の異常の他、全常染色体全領域部分欠失疾患や全常染色体全領域部分重複疾患といった染色体の構造異常の...

4.まとめ

今回は、妊娠12週目の赤ちゃんやお母さんの状態、できることについて解説しました。

12週頃になると赤ちゃんは成長して段々と人間らしく、お母さんは赤ちゃんの成長とともに妊婦さんらしい身体つきになっていきます。

定期的な妊婦検診を受けることで、赤ちゃんとお母さんの健康状態を確認しながら、出産へと向かっていくことができるでしょう。

しかし、妊婦検診だけではわからないこともあるため、より健康状態について知りたい方は妊娠12週頃にNIPT(新型出生前診断)を受けるのも一つの手段です。

ヒロクリニックNIIPTのNIPT(新型出生前診断)は、検査結果の報告が最短2日、最大7日と早い段階で検査結果が出ます。

検査を考えている方は、ぜひご検討ください。

出生前診断が税込5.5万~26.4万円

【参考文献】

妊娠してから12週目になる頃の赤ちゃんやお母さんの身体の状態は、どのような状態なのか気になる方もいるのではないでしょうか。今回の記事では、妊娠12週目の赤ちゃんとお母さんの身体の状態や行なう検査など、妊娠12週目にできることを解説します。

NIPT(新型出生前診断)について詳しく見る

NIPT(新型出生前診断)について詳しく見る

記事の監修者

伊藤 雅彦先生

伊藤 雅彦先生

医学博士、日本アレルギー学会認定医
日本医師会認定産業医、日本小児科学会認定医、他

略歴

1974年防衛医大入学
1979年、豪州シドニー大学医学部小児科(ロイヤルアレクサンドリア小児病院)にエクスターン留学
1980年防衛医大卒業(第1期生)。防衛医大小児科学教室に入局
防衛医大病院、自衛隊中央病院、北海道立小児総合保健センター新生児科、国家公務員共済組合連合会三宿病院小児科で勤務
1989年米国ハーバード大学医学部リサーチフェロー、米国タフツ大学医学部クリニカルフェロー
1993年埼玉医科大学短期大学小児科学講師
1994年埼玉医科大学小児科学講師
1997年国際医療福祉大学小児科学助教授、山王病院小児科勤務
2006年国際医療福祉大学特任教授(小児科学)
2008年イーハトーブ病院(岩手労災病院)名誉院長
2009年医療法人社団心の絆・蓮田よつば病院理事長
2010年医療法人銀美会銀座美容外科クリニック理事長
2011年医療法人社団鶴癒会新川病院院長
2011年学校法人医療創生大学千葉・柏リハビリテーション学院長
2014年医療法人葵会新潟中央透析クリニック院長
2016年医療法人葵会新潟聖籠病院副院長
2017年医療法人福聚会東葛飾病院院長
2018年医療法人葵会AOI国際病院国際部長

資格

医学博士、介護支援専門員(ケアマネジャー)登録、日本アレルギー学会認定医、日本医師会認定産業医、日本小児科学会認定医、日本レーザー医学会専門医試験合格、日本小児アレルギー学会評議員、日本小児心身医学会評議員、日米医学医療交流財団評議員、日本インターネット医療協議会評議員、日本コンピュータサイエンス学会理事、ナイチンゲールスピリット連盟理事長、NPO防衛衛生キャリアネット理事長、法務省黒羽刑務所医務部顧問などを歴任あるいは活動中
1998年9月、第10回日本コンピュータサイエンス学会学術集会を神奈川県横浜市パシフィコ横浜で会頭として主催
2011年5月から6月にかけて、宮城県気仙沼市立本吉病院にボランティア診療支援

関連記事

  1. NEW 文献

    症例報告12q(12q24.31-q24…

    2021.10.18

    • 全常染色体全領域部分欠失疾患

    • 遺伝子疾患

    • 遺伝子

  2. NEW

    妊娠9週目にできること【医師監修】

    2021.10.12

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 出生前診断

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 妊婦健診

  3. NEW 妊娠13週目にできること

    妊娠13週目にできること【医師監修】

    2021.10.01

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 妊娠初期

    • 妊婦健診

  4. NEW 妊娠11週目にできること

    妊娠11週目にできること【医師監修】

    2021.09.28

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 気を付けること

  5. 不妊の原因
  6. 体外受精とは

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP