双子の不思議‐多胎妊娠の確率から一卵性・二卵性双子のお腹の中の様子や障害の確率などを解説【医師監修】

双子の不思議

日本の多胎妊娠の割合は、2017年で1.04%でした。双子の妊娠はどのように起こり、単胎妊娠に比べてどんなリスクがあるのでしょうか? 双子を妊娠する理由や、双子が障害を持つ確率、出産前に障害の有無を検査する方法などを解説します。

ダウン症はお腹にいるうちに
わかるってご存じですか

ダウン症はお腹にいるうちに
わかるってご存じですか

ダウン症は生まれる前にわかりますか?

多胎妊娠の確率

多胎妊娠とは、お腹の中に2人以上の赤ちゃんがいる妊娠の状態を指します。

一方でお腹の中に1人の赤ちゃんがいる場合は『単胎妊娠』といいます。

日本における多胎妊娠は近年あまり増減がない、もしくは若干の減少傾向です。

2017年の多胎児分娩件数は約9900件でした。

分娩件数に対する多胎妊娠の割合は、以下のようになっています。

1995年0.9%
2005年1.18%
2011年0.96%
2017年1.04%

多胎児の割合は、母親の出産時年齢が高くなるにつれて上がりやすいとも考えられています。

日本の多胎妊娠の割合は、母親の年齢が30歳以上では2.0%を超え、40~44歳になると2.71%、45歳以上では5.95%にのぼります。

一卵性双子を自然妊娠する確率は?

一卵性双子はそれぞれ同じ遺伝情報をもっており、

  • 性別や血液型は同じ
  • 容姿がそっくり

といった特徴があります。

一卵性双子を自然妊娠する確率は、約0.3~0.4%といわれています。 

二卵性双子を自然妊娠する確率は?

二卵性双子はそれぞれ異なる遺伝情報をもち、

  • 性別や血液型は異なる場合もある
  • 容姿は一卵性双生児ほどそっくりにはならない

といった特徴があります。

二卵性双子を自然妊娠する確率は一卵性よりも少し高く、約1%といわれています。

双子かどうかは妊娠初期にわかる?

双子を妊娠しているかどうかは、妊婦健診の超音波検査で確認できます。

特に確認しやすいのは、二卵性双子です。

二卵性双子はそれぞれ異なる胎嚢に入っているため、超音波検査による目視で妊娠5週目ごろから確認できます。

一卵性双子は2人で1つの胎嚢に入っている場合もあるので、妊娠初期には必ずしも目視では確認できません。

妊娠6週目ごろからは胎児の心拍が聞こえ始めるので、心拍が1人分かどうかで双子かどうかを判断できます。

一卵性双生児・二卵性双生児

一卵性双生児になる原因とは?

双子が一卵性か二卵性かどうかは、もともとの受精卵の数によって変わります。

一卵性双子とは、1つの受精卵が2つに分かれ、それぞれが胎児として成長した双子のことです。

もともとは1つの受精卵だったことから、性別や見た目がほとんど同じということが起こります。

二卵性双生児になる原因とは?

二卵性双子とは、最初から異なる受精卵で成長した双子のことです。

通常の排卵では、左右どちらかの卵巣から1個の卵子が排卵されます。

しかし、何らかの理由で左右から1個ずつ、またはどちらかの卵巣から2個の卵子が排卵され場合があります。

2つの卵子がそれぞれ別の精子と出会うと、2つの受精卵ができ、二卵性双生児になるのです。

不妊治療では2個以上の受精卵を子宮に移植することがあるため、多胎児を妊娠しやすいといわれています。

体外受精とは?気になるポイントを詳しく解説します【医師監修】
体外受精とは?気になるポイントを詳しく解説します【医師監修】
近年、不妊治療として注目されているのが「体外受精」です。昔は、「試験管ベビー」とネガティブな印象がありましたが、晩婚化の進む今、体外受精をす...

双子の場合、お腹の出方はどうなる?

双子を妊娠するとお腹の中に2人の胎児が入っているので、当然妊娠中のお腹も1人を妊娠している場合より大きくなります。

単胎妊娠では、妊娠中期(妊娠5か月~)でも人によっては妊娠中だと気付かれないほどのお腹の大きさです。

しかし、双子の場合は明らかに『妊婦』と分かるぐらいまで大きくなっています。

妊娠5か月にしては大きなお腹だと、驚かれる場合も多いようです。

単胎妊娠の場合、妊娠8か月ごろから「いよいよ大きくなってきたな」という実感が湧いてきますが、双子の妊娠8か月はすでに臨月並みの大きさになっています。

飛行機などの狭い座席に座る際や、夜眠る際などには、大きなお腹で苦労する場合が多いです。

双子の胎児はお腹の中ではどうなっている?

双子の胎児のお腹での様子は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 胎盤も羊膜も2つに分かれている状態
  • 胎盤は1つだけで、羊膜が2つに分かれている状態
  • 胎盤も羊膜も1つしかない状態

一番多いのは、二卵性双生児に見られる胎盤も羊膜も2つに分かれている状態です。

一卵性双生児の場合は、胎盤は1つだけで羊膜が2つという状態が1番多くなります。

双子に限らず、お腹の中の赤ちゃんは大きくなると頭が下にくる逆立ちの状態です。

双子の場合も2人とも逆立ちしていることが多いですが、1人だけ頭が上に来ている逆子の状態だったり、横を向いていたりする場合もあります。

双子が障害を持つ確率は?

双子の妊娠で起こりやすい合併症には、『子宮内胎児発育遅延』があります。

子宮内胎児発育遅延とは、胎児に十分に栄養が行きわたらず、発育が停止する状態のことです。

1人だけを妊娠している場合に比べて赤ちゃんの体重も少なくなる傾向があります。

2017年の低出生体重児の割合は以下の通りでした。

  • 単胎児:8.17%
  • 多胎児:71.65%

2人以上の妊娠で低体重児になる確率は非常に高いことが分かります。

ただし、出生後の発達については、単胎児も多胎児も大きな差はありません。

低体重で生まれた赤ちゃんも、3~6歳ごろには平均値に追いつくことが多いので、あまり気にしすぎる必要はないでしょう。

二卵性双子の方が障害を持つ確率が高い?

一卵性と二卵性のリスクを比べると、実は一卵性双子の方が障害を持つ確率は高いといえます。

なぜなら、一卵性双子は1つの胎盤を2人で分け合っていることがあり、胎児への栄養供給バランスに偏りが生じやすいためです。

原因としては、2人が占有する胎盤面積が異なることや、臍帯が絡まっていること、互いの血管が吻合していることなどが考えられます。

胎盤が1つしかない場合は先天性疾患の有病率も単胎児より高いため、精密な検査が重要となります。

高齢出産(第二子)はリスクが高い?出産や育児の注意点を専門医が解説【医師監修】
高齢出産(第二子)はリスクが高い?出産や育児の注意点を専門医が解説【医師監修】
高齢出産は流産や妊娠合併症のリスクが高く、第二子の場合は育児との両立も考えなければなりません。本記事では、第二子や年子を高齢出産する場合のリ...

双子が無事に生まれる確率は?

多胎妊娠は、単胎妊娠に比べて様々なリスクが高まるといわれています。

具体的には、以下のようなリスクです。

  • 早産
  • 妊娠糖尿病
  • 妊娠高血圧症候群
  • 胎児発育不全
  • 子宮内胎児死亡
  • 血栓症 など

特に早産が起きる可能性は非常に高く、単胎妊娠の早産の割合は4.7%であるのに対し、多胎妊娠では50.8%です。

死産率は減少傾向ではあるものの、単胎妊娠と比べた場合、死産率は2倍というデータもあります。

特に1つの胎盤を2人で分け合っている場合、栄養バランスや血行に偏りが生じたり、臍帯が絡まったりしやすく、心不全などの合併症や低体重、最悪の場合は胎児の死亡にもつながりかねません。

リスクを過度に心配する必要はありませんが、万が一の準備をしておくことはとても大切です。

定期健診を怠らないことはもちろん、早産や緊急手術に対応できる病院を選ぶなどの対策は行っておきましょう。

双子が無事に生まれる確率

流産した後は双子を妊娠しやすいというのは本当?

妊娠をすると、子宮内に胎盤をつくる絨毛細胞ができます。

流産後は絨毛細胞を子宮からきれいに出さなければ、妊娠率が低下するリスクがあります。

しかし、絨毛細胞がなくなったからといって、流産前より妊娠率が上がるという事実は医学的に証明されていません。

流産後も子宮内に絨毛の取り残しがなく、ホルモンの状態がリセットされていれば、あくまで流産前と同じ確率で妊娠が可能です。

双子かどうかに関わらず、「流産をすると、子宮内がきれいになって妊娠しやすくなる」といった話に医学的根拠はないといえます。

妊娠の確率には、流産経験の有無よりも年齢の方が大きな影響を及ぼします。

双子を妊娠したら、NIPT(新型出生前診断)を受けましょう

双子の場合、特に一卵性双子の場合は先天性疾患を持つ確率も高くなります。

出生前診断では胎児の疾患の有無を出産前に調べられるので、必要に応じて利用してみましょう。

特にNIPT(新型出生前診断)は、妊娠10週目以降の母親から採取した血液のみで、胎児の染色体異常を調べられます。

特に21トリソミー(ダウン症候群)は感度99.9%、特異度99.90%の精度で判別可能です。

ただし、2人の染色体を区別することはできないので、二卵性双子の場合はどちらに異常があるかは判断できません。

一卵性双子の場合は2人とも同じ遺伝子情報を持つため、染色体異常は2人とも持っている可能性が高いと考えられます。

検査で何が分かるかを理解した上で、NIPT(新型出生前診断)を受けるかどうか検討してみましょう。

NIPT(出生前診断)とは
NIPT(出生前診断)とは
新型出生前診断(NIPT)とは、「お母さんから採血した血液から胎児の、21トリソミー(ダウン症候群)、18トリソミー(エドワーズ症候群)、1...

まとめ

双子ができる原因は、一卵性と二卵性でそれぞれ異なります。

  • 一卵性は1つの受精卵が途中で2つに分かれることが原因
  • 二卵性は2つの受精卵ができることが原因

妊娠中のリスクや障害が起きる確率などは、一卵性双子の方が高いと考えられています。

出生前診断なら、お腹の中の双子に疾患があるかどうか検査が可能です。

NIPT(新型出生前診断)では母親の採血だけで染色体異常を検出できますので、必要に応じて検査を検討してみましょう。

【参考文献】

日本の多胎妊娠の割合は、2017年で1.04%でした。双子の妊娠はどのように起こり、単胎妊娠に比べてどんなリスクがあるのでしょうか? 双子を妊娠する理由や、双子が障害を持つ確率、出産前に障害の有無を検査する方法などを解説します。

NIPTについて詳しく見る

NIPTについて詳しく見る

記事の監修者

川野 俊昭先生

川野 俊昭先生

ヒロクリニック博多駅前院 院長
日本産科婦人科学会専門医

産婦人科医として25年以上、主に九州で妊婦さんや出産に向き合ってきた。経験を活かしてヒロクリニック博多駅前院の院長としてNIPT(新型出生前診断)をより一般的な検査へと牽引すべく日々啓発に努めている。

略歴

1995年 九州大学 医学部卒業
1995年 九州厚生年金病院 産婦人科
1996年 九州大学医学部付属病院 産婦人科
1996年 佐世保共済病院 産婦人科
1997年 大分市郡医師会立アルメイダ病院 産婦人科
1998年 宮崎県立宮崎病院 産婦人科 副医長
2003年 慈恵病院 産婦人科 医長
2007年 日本赤十字社熊本健康管理センター診療部 副部長
2018年 桜十字福岡病院 婦人科
2020年 ヒロクリニック博多駅前院 院長

資格

日本産科婦人科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本スポーツ協会公認 スポーツドクター
厚生労働省認定臨床研修指導医
日本抗加齢医学会専門医

関連記事

  1. NEW 妊婦のコロナワクチン接種は安全?
  2. 受精から着床まで。妊娠超初期の知りたい!を解説

    受精から着床まで。妊娠超初期の知りたい!…

    2021.12.17

    • 出生前診断

    • 妊娠かも

    • 妊娠初期

  3. 母子手帳(赤ちゃん手帳)はいつもらえる?

    母子手帳(赤ちゃん手帳)はいつもらえる?…

    2021.11.22

    • 妊娠

    • 妊娠中

    • 妊娠初期

    • 届け出

  4. 帝王切開のメリット・デメリットとは?2人目以降の出産についても詳しく解説
  5. 安心して安定期を過ごす9のポイント
  6. 妊娠中に食べた方が良いもの

    妊娠中に食べた方が良いもの・気をつけたい…

    2020.05.22

    • NIPT(新型出生前診断)

    • 妊娠中

    • 気を付けること

人気の記事

  1. 妊娠かな?と思ったら確認すべきこと
  2. 胎児の成長の画像 
  3. 妊娠中に食べた方が良いもの
PAGE TOP